浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 国際化の進展と新たな課題 第八節 医療・厚生 第二項 診断治療の革新 一 光科学技術の医学への応用 寄付講座とワークショップ
[寄付講座とワークショップ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
浜松医科大学浜松ホトニクス寄付講座】平成元年十月二十六日付の『静岡新聞』には、
同月二十五日に浜松医科大学と浜松ホ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第三節 教育 第三項 大学教育 医大誘致運動と浜松医科大学の開学
[医大誘致運動と浜松医科大学の開学]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
の三県に設置される医科大学(医学部)の創設準備が含まれていた。図3-18国立医科大学
、浜松市に設置【浜松医科大学】昭和四十八年九月十日、国立医科大学創設準備室が静岡
大学に設置され、後に学長となる吉利和(よしとしや...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 浜松医界百年のマグマ
[浜松医界百年のマグマ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
あたかも天竜川の伏流水が遠州平野を潤すように、浜松の地表に顕在化した。これを改め
て再認識させたのが、浜松医科大学の誘致運動であった。これの実現に至る過程には、昭
和三十七年六月、浜松方式と呼ばれるオープンシステムの...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第八節 医療・厚生 第二項 診断治療の革新 二 感染症と闘う 浜松医科大学学生の結核調査報告
[浜松医科大学学生の結核調査報告]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
それを窺(うかが)わせる状況が平成年代に入っても新聞紙上で報じられている(後掲)。【
松下實桜井信夫】浜松医科大学公衆衛生学教室、衛生学教室が主宰する実習に参加した学
生らの報告書にもそのような実態が指摘されている。...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 一 「長年の石積み」 一樹百穫
[一樹百穫]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【仁瓶禮之】ここで記すことは市当局・浜松市医師会・新聞紙上の論調・市民感情などの
動向が、国立浜松医科大学の創設に収斂(しゅうれん)していく過程、特に市当局と浜松市
医師会が打った布石について、『広報はままつ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 三 浜松医科大学の創設 大学を持たない地方開業医
[大学を持たない地方開業医]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ことを願うのは、浜松市民のみならず、開業医の医師らにも潜在しており、本書記述への
導入を果たす目的で、浜松医科大学の第一回卒業式の式典に際して、浜松市医師会長内田
智康が述べた祝辞を紹介しておいた(第二章第八節第一項...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
生高校の新しい科とコース浜松商業高校の選抜優勝と各校の活躍第三項大学教育五一二静
岡大学医大誘致運動と浜松医科大学の開学常葉学園浜松大学の開学静岡県立大学短期大学
部の開学諸大学の動き第四項養護教育五一八義務化された...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
反面、青少年の非行問題が深刻となり、社会全体での健全育成の取り組みがなされた。昭
和四十九年に開学した浜松医科大学は、浜松はもとより県内各地の医療水準の向上に大き
な役割を果たした。昭和五十年代に入ると、小・中学校の...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第四節 宗教・倫理 第二項 教団・宗派の教化活動 教化活動の現れ
写経
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
記事では、横浜聖歌隊が浜松カトリック教会聖堂でクリスマスコンサートを行ったことが
報じられた。大木俊夫浜松医科大学名誉教授の教示によれば、浜松カトリック教会は横浜
教区に属していることにより、横浜聖歌隊の出演があった...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第三節 教育 第三項 大学教育 その他の大学の動き
[その他の大学の動き]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
浜松医科大学光量子医学研究センター】浜松医科大学には平成三年に光量子医学研究セ
ンターが設置され、多様な光量子技術...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 一 ドクターヘリの活躍 地域による命の格差
[地域による命の格差]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
月二十五日付の『静岡新聞』には、前年末に急性大動脈かい離を発症した御殿場の女性患
者が、県の防災ヘリで浜松医科大学医学部附属病院に搬送され、手術によって助かり、こ
のほど退院したという記事が報じられている。この患者は...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第八節 医療・厚生 第一項 医療機関の充実 三 病診連携 病診連携
[病診連携]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
同十二年には聖隷三方原病院・浜松労災病院・浜松赤十字病院、同十五年には浜松社会保
険病院、同十七年には浜松医科大学医学部附属病院が実施している。なお、救急医療体制
の病診連携では、既述の如く、昭和四十九年五月に浜松市...
あとがき
主な参考文献
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
版教育科学研究所『静岡大学工学部五十年史』財界評論新社『静岡女子短期大学三十年誌
』静岡女子短期大学『浜松医科大学開学十周年記念誌』浜松医科大学『常葉〈学園の歴史
〉』常葉〈学園の歴史〉編集委員会『浜松短期大学創立5...
あとがき
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ション病院「浜松市リハビリテーション病院」パンフレット4-38浜松医大に出来た光量子
医学研究センター浜松医科大学浜松医科大学開学三十周年記念誌』平成16年10月発行4-
39浜北(浜松)PET検診センター(浜松P...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第六項 医師会と看護婦 一 遠江医学会の発展 浜松病院医会の発足
[浜松病院医会の発足]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
の苦悩を刻んだ遠江医学会の前史として、浜松病院医会、西遠医会の足跡を素描する。そ
れは医師会病院設立、浜松医科大学の建設を必然化させた動向を探るためである。明治九
年(一八七六)八月二十一日、浜松県は静岡県に合併され...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第六項 医師会と看護婦 一 遠江医学会の発展 西遠医会から遠江医学会へ
[西遠医会から遠江医学会へ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
れ、現在の遠江医学会に至っている。現在の遠江医学会は医師会を主体にして、静岡県西
部地区の全医療機関(浜松医科大学・総合病院・開業医等)が加盟しているものである(
君野徹三「遠江医学会会誌復刻版について」)。しかも重...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第一節 政治・行政 第七項 調和ある市街地と緑の郊外 都市計画法と市街化区域・市街化調整区域
[都市計画法と市街化区域・市街化調整区域]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
は最小限度にとどめたいとの考えから調整は難航した。これにより浜松市においては土地
区画整理事業を進める浜松医科大学周辺や初生町、工業地として基盤整備をはかる小池町
、住居地域として江西地区など七地区、面積では三百六ヘ...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第二項 高校教育 看護婦養成高校の誕生
[看護婦養成高校の誕生]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
科の生徒に奨学金を貸与するなど、看護婦の養成に力を尽くしていった。この浜松市立高
校衛生看護科の発足は浜松医科大学の浜松誘致に大きな役割を果たすことになった。
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第五項 各種学校と専門学校 看護婦養成学校の設置
[看護婦養成学校の設置]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
院であった。これらのほか、看護婦養成機関は国立浜松病院附属高等看護学院など大きな
病院にあった。なお、浜松医科大学の浜松設置が決まった昭和四十八年には同大学への看
護学科併設の声も上がったが、その実現は平成の時代に入...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第八節 医療・厚生 第二項 総合病院の大増築 社会復帰施設の増設
[社会復帰施設の増設]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
「近藤先生がご出席されるようになって、はじめて結論的なご指導が頂けるようになり」
、さらに同五十一年の浜松医科大学整形外科学教室の新設を経て同五十五年に「市内の全
総合病院に整形外科が完備された」と執筆担当者太田幸晴...