浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 楽器生産の開始と中小楽器工場の設立
[楽器生産の開始と中小楽器工場の設立]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
楽器産業日本楽器河合楽器新しい楽器工場】戦時中、浜松の楽器産業は軍需品生産へ傾
斜し、日本楽器はプロペラ生...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 急増する楽器生産
[急増する楽器生産]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
楽器】戦後の復興のめどを付けた楽器産業は設備の増強と品質の向上に努めた。昭和二
十五年当時十二社だった楽器...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 急増する楽器生産
アトラスピアノ製造
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【頼金忠日米楽器工業所アトラス】アトラスピアノ製造株式会社は頼金忠が昭和三十年に
、浜松市浅田町に日米楽器工業所を前身...
第三章 発展への基礎づくり 第三節 教育 第七項 体育とスポーツ 社会人野球とプロ野球
[社会人野球とプロ野球]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【社会人野球都市対抗野球】折からの野球ブームに乗り、河合楽器に軟式野球部が誕生し
たのは昭和二十六年であった。昭和三十年になると、浜松には国体代表となったヤマヤ醸...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 鈴木式織機・日本楽器製造のオートバイ生産開始
日本楽器
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
一方、楽器メーカーであった日本楽器製造が、本格的にオートバイ生産に乗り出したのは
昭和二十九年十二月のことであっ...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 日本楽器における労使関係の再編
[日本楽器における労使関係の再編]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【日本楽器日本楽器聯合労働組合日楽経営協議会日本楽器労働組合新労働協約経営権の独
立】日本楽器の生産再開は昭和二...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 急増する楽器生産
富士楽器製造
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【野田秀治ベルトーン】富士楽器製造株式会社は昭和七年(一九三二)、野田秀治の個人
経営で浜名郡和田村に富士楽器製作所を設立したのがそ...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 オートメーション化による大量生産方式の導入
[オートメーション化による大量生産方式の導入]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
戦後の産業都市浜松は加工組立工業(楽器、輸送機械など)を中心に発展してきた。この
発展は大量生産方式の導入によってもたらされたと言える。この...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 集排法と日本楽器の対応
[集排法と日本楽器の対応]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
で三百二十五社であったが、最終的に再編成指定を受けた企業は十八社にとどまった。昭
和二十三年二月、日本楽器は過度経済力集中排除法の適用を受け、岩手工場の閉鎖に追い
込まれた。これに対して日本楽器側は、持株会社...
まえがき・もくじ
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
被災率鍋釜など日用品と千円バラックの生産開始平和産業への移行賠償指定工場の指定と
その解除集排法と日本楽器の対応楽器生産の開始と中小楽器工場の設立日本楽器における
労使関係の再編織機生産の再開繊維産業の復興と...
第一章 現代総説(上)
[現代総説(上)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
綿織物産地を形成してきた地域産業はその生産を縮小せざるを得なかったのである。にも
かかわらず繊維産業や楽器産業が、戦後いち早く復興するとともに、オートバイ工業とい
う新しい産業を生み出し、軍需産業から平和産業...
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第二項 社会運動 四 労働運動の激化・弾圧・分裂 メーデーの復活と争議の激化
[メーデーの復活と争議の激化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【メーデー日本楽器聯合労働組合労働協約経営協議会富士産業ABC事件三協機械製作所鈴
木式織機国鉄労組二・一ゼネスト吉田内...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第四項 音楽 楽器会社による音楽教室
[楽器会社による音楽教室]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【音楽教育の変化】戦後再開された日本の楽器産業は、その後も順調な成長を見せたが、
その需要を支えた大きな要素の一つとして、教育現場での需要の高ま...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 賠償指定工場の指定とその解除
[賠償指定工場の指定とその解除]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【賠償指定工場鈴木式織機日本楽器賠償指定工場の解除】GHQのとった経済分野における
対日政策の目的は、①日本経済から物的戦争能力を除去...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第六項 音楽と舞踊 学校の器楽合奏、ハーモニカバンド
[学校の器楽合奏、ハーモニカバンド]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
つながっていく。そのような流れの中で、一時的ではあったにせよ非常な流行を見せたの
がハーモニカである。楽器会社である日本楽器の社内には、すでに大正時代にハーモニカ
バンドがあったというが、戦後は、昭和二十三年...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第一項 産業発展のための基盤整備 企業経営者などの海外視察と生産設備の革新
海外視察
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
を視察し、技師の河島喜好(後に二代目の社長に就任)はオートバイの先進地の西ドイツ
を視察している。日本楽器の川上源一社長は昭和二十八年七月から九月まで欧米各国を視
察、鈴木自動車工業の鈴木俊三社長は昭和三十年...
あとがき・附録・索引・奥付
主な参考文献
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
年記念文集浜松市立都田南小学校『静岡女子短期大学三十年誌』静岡女子短期大学日楽労
組機関紙『大流』日本楽器労働組合『はままつ』日本国有鉄道浜松工場『戦争と三方原』
三方原歴史文化保存会『街は生きてきた。』浜松...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第一項 地域経済の再建 貿易の再開と生産の増加
[貿易の再開と生産の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
には外貨が必要であり、そのためには輸出を増やす必要があった。産業都市浜松は、もと
もと繊維、木工製品、楽器など生活関連製品を多く生産していたため、戦後の平和産業へ
の移行も比較的速やかに進んだ。また、外貨を獲...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 オートバイ工業の勃興とメーカーの乱立
オートバイ工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【本田宗一郎本田技術研究所カブ号本田技研工業鈴木式織機パワーフリー号コレダ号日本
楽器YAMAHA125赤とんぼヤマハ発動機丸正自動車製造伊藤正ライラック号溝淵定北川自動
車工業ライナー号...
あとがき・附録・索引・奥付
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
工業における施設の復興率浜松商工会議所『浜松商工名鑑』1951昭和26年7月発行2-18静
岡県内所在楽器製造業者一覧「集排法手続記録(102)日本楽器製造株式会社関係」国立
公文書館所蔵2-19静岡県織布専...