浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 大手楽器メーカーの量産化と事業多角化
楽器産業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
高度成長の下で国民の所得は年々増え、それに伴って楽器需要も拡大していった。楽器
業も一大飛躍を遂げた時期であった。もともとわが国の楽器産業は学校教育にお...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 楽器生産の開始と中小楽器工場の設立
[楽器生産の開始と中小楽器工場の設立]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
楽器産業日本楽器河合楽器新しい楽器工場】戦時中、浜松の楽器産業は軍需品生産へ傾
斜し、日本楽器はプロペラ生...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 中小楽器メーカーの倒産と大手メーカーの電子楽器・電子機器分野への進出
電気・電子楽器
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【日本楽器製造LSIヤマハ株式会社】他方、構造不況下にあっても日本楽器製造と河合
製作所の二大メーカーは、そ...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 急増する楽器生産
[急増する楽器生産]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
楽器】戦後の復興のめどを付けた楽器産業は設備の増強と品質の向上に努めた。昭和二
十五年当時十二社だった楽器...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 急増する楽器生産
アトラスピアノ製造
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【頼金忠日米楽器工業所アトラス】アトラスピアノ製造株式会社は頼金忠が昭和三十年に
、浜松市浅田町に日米楽器工業所を前身...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 中小楽器メーカーの倒産と大手メーカーの電子楽器・電子機器分野への進出
ピアノ オルガン
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【中小楽器メーカー】ピアノを主力とする浜松地域の楽器産業は、世界一の楽器産地とし
て成長・発展してきた。日本楽器...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
の過程でその姿を変えてきた。戦後、短期間に復興を成し遂げた地域産業は、戦前から集
積してきた繊維工業や楽器産業に、新たに輸送機械工業が加わり、より厚みのある産業構
造を形成した。低成長期においても地域産業をリ...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 地域工業の成長と構造変化
[地域工業の成長と構造変化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【三大産業】高度成長下の浜松地域の工業は、いわゆる三大産業(繊維、楽器、輸送機械)
を中心に飛躍的に発展した時期でもあった。図2―32において三大産業の製造品出荷額の
推移を...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第二項 工業 昭和期の工業
河合楽器
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【河合小市】また技師長として山葉寅楠を援け、日本楽器株式会社の発展に尽してきた河
合小市(浜松上新町明治十九年一月生、昭和三十年十月没、七十歳)が独立して...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第三節 教育 第六項 社会教育の進展 企業のスポーツ活動
[企業のスポーツ活動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【河合楽器体操部日本楽器黒獅子旗日本楽器卓球部鈴木自動車工業陸上競技部ホンダサッ
カー部ヤマハ発動機サッカー部ジ...
第三章 発展への基礎づくり 第三節 教育 第七項 体育とスポーツ 社会人野球とプロ野球
[社会人野球とプロ野球]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【社会人野球都市対抗野球】折からの野球ブームに乗り、河合楽器に軟式野球部が誕生し
たのは昭和二十六年であった。昭和三十年になると、浜松には国体代表となったヤマヤ醸...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第九節 文学・文化 第四項 音楽と音楽のまちづくり 浜松市楽器博物館の開館と活動
[浜松市楽器博物館の開館と活動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松市楽器博物館】催し以外の、音楽の街づくりの一環として浜松市楽器博物館が設立
されたのは平成七年(一九九五)四...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 鈴木式織機・日本楽器製造のオートバイ生産開始
日本楽器
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
一方、楽器メーカーであった日本楽器製造が、本格的にオートバイ生産に乗り出したのは
昭和二十九年十二月のことであっ...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 日本楽器における労使関係の再編
[日本楽器における労使関係の再編]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【日本楽器日本楽器聯合労働組合日楽経営協議会日本楽器労働組合新労働協約経営権の独
立】日本楽器の生産再開は昭和二...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 各産業の変化と新動向
[各産業の変化と新動向]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
バブル崩壊以降の地域産業の変化の特徴には、①輸送機械工業への特化、②電子楽器の低
迷と楽器業界のソフト化、③地域産業の先端産業化などの傾向が見られた。【二輪車業界
】第一に輸送機械...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 急増する楽器生産
富士楽器製造
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【野田秀治ベルトーン】富士楽器製造株式会社は昭和七年(一九三二)、野田秀治の個人
経営で浜名郡和田村に富士楽器製作所を設立したのがそ...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第二項 雇用と労働・社会運動 警職法・安保闘争と労働条件改善への取り組み
[警職法・安保闘争と労働条件改善への取り組み]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【遠州地方春闘共闘会議遠労浜松地区メーデー】昭和三十年代から四十年代、遠労傘下の
機械や楽器、私鉄、化学、運輸、百貨店などの私企業や、国鉄、郵便局、専売公社等の官
公労が、毎年、遠州地方春闘共闘...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 企業の海外生産と販売会社設立
海外生産
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
変動相場制移行に伴う円高基調は地域の企業の国際化を進展させた。輸送機械、電気機器
楽器などの大手メーカーは市場確保のために世界的規模で展開、他方、中小企業も輸出
、現地生産、国際下請取引な...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 オートメーション化による大量生産方式の導入
[オートメーション化による大量生産方式の導入]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
戦後の産業都市浜松は加工組立工業(楽器、輸送機械など)を中心に発展してきた。この
発展は大量生産方式の導入によってもたらされたと言える。この...
第五章 太平洋戦争と浜松 第一節 戦時体制下の浜松 第三項 決戦体制下の教育 学徒動員
学校工場 勤労令 授業停止
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
校八十年史』)、西遠女学校では一年生は校庭で畑を作り、二年生から四年生までは東京
無線・遠州織機・河合楽器・東洋木工・鈴木織機などで軍需品の製造に従事した。また女
子挺身隊(昭和十八年九月、二十五歳未満の未婚...