浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 木下一家の活躍
楠田芳子 楠田浩之
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【「涙」】妹の楠田芳子は、市立浜松高等女学校(現浜松市立高校)を卒業後、東京の実
践女子専門学校に入学、兄恵介の蒲田の家に同...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第一項 文芸界の動き 市立高校文芸部の活躍
[市立高校文芸部の活躍]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
、俳句・短歌、随筆・評論、小品、感想文のほか四つの特集が組まれている。その中の「
Ⅰ風景(特別寄稿)…楠田芳子(旧制三十八回卒)」の寄稿者楠田芳子は浜松出身の映画監督
木下恵介の妹で著名なシナリオライター。同高の...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第二項 全集と総合雑誌 『浜松百撰』
[『浜松百撰』]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
男巷談」の連載を始めており、これは昭和三十九年十二月まで、七年間にわたって続けら
れた。シナリオ作家・楠田芳子が「兄・木下恵介の思い出」を寄せたのは第二号。このほ
か、同誌には武者小路実篤・清水みのる・松尾邦之助...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 木下一家の活躍
木下恵介
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
ても、意欲的な活動を見せることとなる。ここで、木下映画を支えた周辺の人々、特に実
弟の木下忠司、実妹の楠田芳子、芳子の夫で撮影を担当した楠田浩之の三人について触れ
ておく。
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
大津絵蜆塚遺跡藤枝静男】68【本目快次郎連尺町浜松市歯科医師会】70六芸能70【木下恵
介・木下忠司・楠田芳子伝馬町浜松工業学校】70【五十嵐狂虎吉田天洋弁士伝馬町吾妻座
太田畔三郎利町松竹館楽士】73七その他7...