浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
古代編 第二章 古墳時代 第五節 後期古墳時代の遺跡 祭祀跡
[祭祀跡]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
遺物」『考古学雑誌』第五〇巻第一号)。祭祀遺跡としては、この他に半田町上組の山寺(
阿弥陀堂)遺跡と、曳馬町阿弥陀遺跡、それに有玉西町西畑屋遺跡などが知られていて、
土製品の馬を含む資料が発見されている。しかし...
古代編 第六章 奈良・平安時代の文化 第二節 万葉集 引馬野の歌
吾妻鏡 以後の文献 十六夜日記
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
く)の詩文集『梅花無尽蔵(ばいかむじんぞう)』にもみえ、そして浜松古城の引馬城の名
や、引馬坂、さらに曳馬町など、古来一貫して名をあげてきている。
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 荘園
木寺宮領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
る(新橋町)人見同上同上(浜名郡雄踏町)嶋郷応安3.10.25高橋文書今川文書・諸家感状録
にもある(曵馬町)(1370)(浜松市史史料編三)宇間郷瓜打村天正3.11.25六所神社所蔵棟札(
瓜内町)(1575...