浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 発展への基礎づくり 第三節 教育 第三項 義務教育の発展 映画教室の開催
[映画教室の開催]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
映画教室映画三原則劇団たんぽぽ】GHQは占領政策の一環としてアメリカ製のナトコ映
写機とCIE(民間情報教...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第七項 映画・演劇・ラジオ 大衆娯楽の王様、映画
映画
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
劇場東洋劇場松竹座伊賀惣八浜松セントラル劇場浜活浜松東宝劇場洋画】戦後の文化の復
興・発展の歴史の中で映画の果たした役割は極めて大きかった。本書の扱う戦後の約十四
年間は、焼け跡の中に戦前からの大衆娯楽として...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第五項 演劇と映画・ラジオ 映画の全盛時代
[映画の全盛時代]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【シネマスコープ】トーキー、カラーと並んで、シネマスコープの登場は映画界の一つの
革命とも言い得る。浜松における、シネマスコープ映画の最初の封切りは、昭和二十九年
八月一日の...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 木下一家の活躍
木下恵介
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【「二十四の瞳」】浜松に生まれ育ち、浜松工業学校(現浜松工業高校)を卒業後上京し
映画界に入り、監督として日本映画史上に不滅の足跡を残した木下恵介監督の、「二十
四の瞳」が封切りされたのは...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第九節 文学・文化 第五項 演劇と映画 浜松よい映画をすすめる会の活動
[浜松よい映画をすすめる会の活動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松よい映画をすすめる会】戦後の日本文化の向上発展の上で、映画の果たした役割に
は極めて大きなものがあった。映画は...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第四項 娯楽と災害 芝居と映画
映画の普及
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
最初は古い映画が上映されたが映画館の数が多くなると、日本映画はもちろん新作品も早
く見られるようになった。大勝館の尾...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第九節 文学・文化 第五項 映画 木下恵介記念館の開館とはままつ映画
[木下恵介記念館の開館とはままつ映画祭]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
、その年の十二月五日、一年三カ月ぶりに再オープンした。図4-45木下恵介記念館リー
フレット【はままつ映画祭】第一回はままつ映画祭が開催されたのは平成十四年十月であ
るが、その背景には前年の木下恵介記念館のオ...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第四項 娯楽と災害 芝居と映画
映画常設館
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【大勝館】映画が盛んとなり常設映画館ができたのは大正五年で、芝居小屋の音羽座が大
勝館と改称し(のち帝国館、松竹会社...
第三章 発展への基礎づくり 第七節 社会 第一項 市民生活の向上 復興した浜松の中心市街地
[復興した浜松の中心市街地]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
、県下初のエスカレーターが三階まで開通、物珍しさも手伝って連日大変なにぎわいとな
った。 【映画館冷暖房完備】市内の映画館の冷房は昭和二十七年ごろから始まった
ようで、以後二十九年ごろまでにはほとん...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 木下一家の活躍
楠田芳子 楠田浩之
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
を卒業後、東京の実践女子専門学校に入学、兄恵介の蒲田の家に同居する。昭和十九年、
そこで知り合った松竹映画のカメラマン楠田浩之と結婚。楠田は、前年の木下のデビュー
作「花咲く港」の撮影を担当した新進のカメラマ...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第四項 娯楽と災害 芝居と映画
興行形態
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
上映映画は短編実写映画(一本)、劇映画として邦画(旧劇と新派劇、一本又は二本)と洋画
(一本)というのが原則的...
第三章 発展への基礎づくり 第三節 教育 第六項 社会教育の進展 図書館と移動文化館
[図書館と移動文化館]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【日米文化センター】戦後の図書館は書籍や雑誌の閲覧にとどまらず、先述のようにレコ
ードコンサートや映画会、展覧会などを次々に開催していった。映画は当時大衆娯楽の頂
点にあり、毎日邦画や洋画を見ることが出来...
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
松栄座曳馬座伝馬町子の日座歌舞伎座後道】301【芝居見物鷹野つぎ四季と子供歌舞伎座
後道】303(二)映画304①活動写真の頃304【音羽座大勝館三松館鍛冶町敷島館千歳町吾
妻座伝馬町電気館砂山町】304【ラ...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第四項 娯楽と災害 芝居と映画
トーキー化と時局映画
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
映画がトーキーとなったのは昭和六年ごろで、戦争がはじまると映画も戦時体制化され、
ニュース映画が歓迎され、...
まえがき・もくじ
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
流行遠州大念仏の復活荘良江のピアノリサイタル清水みのると歌謡曲学校の器楽合奏、ハ
ーモニカバンド第七項映画・演劇・ラジオ四六二大衆娯楽の王様、映画素人劇団人気の放
送劇高校演劇コンクールアマチュア劇団浜松地方...
第三章 発展への基礎づくり 第三節 教育 第四項 高校教育の発展 全国に誇るクラブ活動
学校新聞 演劇
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
映画】学校新聞は、新制高校になる以前の昭和二十二年六月に浜松第二中学校(今の浜
松西高校)で『二中新聞』が...
第三章 発展への基礎づくり 第七節 社会 第二項 展開する社会運動 二 婦人運動の展開 新生活運動と婦人会
新生活運動
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
動。新生活運動。歳末廉売会。正月用品販売。[保健所] 子供の病気と応急手当。優良児
検査。産児制限指導映画。医師を囲み寄生虫の話と映画。虫下し配布と検便。[慰問] 箱
根診療所・長岡福祉寮・浜松母子寮・舘山寺...
第三章 発展への基礎づくり 第七節 社会 第四項 行事・観光・娯楽 娯楽と庶民の生活
[娯楽と庶民の生活]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【パチンコ店鶴田浩二】昭和二十年代後半から三十年代前半の浜松の庶民の娯楽は映画
パチンコ・競艇・オートレースなどであった。昭和二十六年の浜松のパチンコ店は百五十
軒余、市内と浜名郡...
あとがき・附録・索引・奥付
主な参考文献
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
が青春―』タイジ・キヨカワ・アーツ『鈴木三朝展』浜松市美術館『北野熊雄遺作画集』
北野家遺族浜松『戦後映画史と映画看板の変遷』浜松市立中央図書館『映画と私』浜松工
業高等学校映画部『虻蜂族』浜松映画研究会『こ...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第四項 娯楽と災害 芝居と映画
活動写真
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
映画は活動写真と呼ばれ、明治の末ごろから小屋掛け(鴨江観音の彼岸興行)とか劇場を借
りその舞台にスクリーン...