浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松地方の天領・旗本領・寺社領
交錯する諸領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
前に述べた浜松藩領の形成と関連して他領すなわち天領・旗本領・寺社領他大名領がしだ
いに形成せられ、その分布状態もほぼ固定し、それが大筋としては幕末まで継承された...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松地方の天領・旗本領・寺社領
旗本領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
高の内訳をみると三千石以上のいわゆる大身が二十二人におよび、大身層の多かったこと
が注目される。一般に旗本領の基礎は寛永(かんえい)二年(一六二五)台徳院殿朱印状に負
うところが大きいといわれている。【金指気賀...
第六章 藩政の動揺と民衆の動向 第八節 徳川幕府の滅亡と浜松 遠州報国隊の活動
神葬祭許可願
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
。三、報国隊は天朝よりの重き御沙汰によって、ながく設立されることを領内すみずみま
で布達すること。四、旗本領をふくめ、報国隊に参加した神職残らず宗門人別帳より神葬
として独立したことを、領内はもとより周辺の旗本...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第一項 浜松地方諸領の推移 浜松藩
旗本領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
つぎに旗本領である。【五井氏服部氏】浜松地方には志都呂村(当市志都呂町)に陣屋(通
称代官所)をもつ五千五百石余の...
まえがき・目次
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
近世村落の成立と百姓第三節浜松藩領の成立と他領一三四初期の浜松藩領浜松藩領の基本
部分浜松地方の天領・旗本領・寺社領第四節藩制の展開一五〇藩治職制浜松藩の代官と組
村方支配と村役人藩主の生活および領民との接触貢...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松地方の天領・旗本領・寺社領
浜松地方の天領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
)事例は、浜松地方には少なく、『元禄高帳』では下表の数村である。(表)相給村表郡
名村名石高浜松領天領旗本領備考敷智篠原1400133235 寺社領略片草6435 28〃
神ヶ谷935&nb...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松地方の天領・旗本領・寺社領
天領の代官
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
うけつがれた。寛文のころの市野・秋鹿両代官支配地の一端を上表に示そう。村名石高家
数天領(公料)浜松領旗本領備考市野894118代官市野惣太夫488笠井新田52862〃石原22835
〃寺嶋38157〃新寺嶋1...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第一項 浜松地方諸領の推移 浜松藩
三治制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
制定して地方の行政単位を府・藩・県と定めた(三治制)。このような官制の改正は、天領
(幕府の直轄領)・旗本領・藩領が錯綜していた浜松地方(『浜松市史二』参照)にも大きな
動揺と変化を与えずにはおかなかった。つぎ...