浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町名のいわれ
町屋
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
という。清水町はその名のように清水が湧き出ていた町であった。成子坂町(なるこざか
まち)前に述べた。上新町(かみしんまち)・七軒町(しちけんちょう)街道の中で、東海道
往還の西端に新しく発達したのが上新町と七...
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
中学校キリスト美術協会浜松カトリック教会】44【阿部展也紺屋町中村写真館浜松商業学
校】45【中村萬平新町浜松商業学校無言館】46【水野欣三郎中村精竜泉寺若き日の徳川家
康像】46【平野素芸南画相生の松相生小...
第三章 浜松城下町の形成 第二節 武家屋敷と無役町 町と村の別
町の意義
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
えば、中ノ町屋・笠井町・市野町・天神町などである。『遠州浜松各町書上』に、「往還
通り西端の七軒町・上新町は古来近村の伊場村・東鴨江村・浅田村の百姓の「名敷地」で
あって、これを借地して町並家取立をしている。...
まえがき・目次
写真・図版目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
蔵)一一〇慶長十六年北嶋村検地帳(浜松市北島町大橋正夫氏蔵)一一五慶安五年安間新
田村検地帳(浜松市安新町安間祐氏蔵)一一五飯田新田切起手形(浜松市龍光町伊藤真一
氏蔵)一二三浜松領境石(浜松市薬新町)一三四...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町屋の発達
各町の夫役
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
。【鳥葺役】城内鳥葺役連尺町の一町。城内の屋根の修理にあたる。【東番所役】馬込御
番所(東木戸)修覆役新町と馬込村の一部。【西番所役】成子坂御番所(西木戸)修覆役成子
坂と本魚の二町。【川浚役】川柵修覆役平田...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 各町の特色
東海道通
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
成子坂町には酒造店(神谷忍冬酒)があり、七軒町には宿の西はずれらしく薬湯とか駄菓子
屋が多かった。【上新町】それに隣る上新町は堀留運河の開航によってお茶屋・料理屋・
すし屋・煮売屋から風呂屋までが並び車力も住...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第四節 社会と交通 第六項 浜松の災害 明治後半期の大火事
新町火事
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【四十三年】三回日は四十三年三月十一日の新町の火事。午前一時三十分に新町六六番地
より出火。午前三時ごろ消防組の努力によって鎮火した。道路が狭くて...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 浜松宿の助郷
無役町の人足割
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
町を除いた十八か町の無役町のうち十二か町となっている。その後、文政九年(一八二六)
に、無役町のうち下新町・成子坂町・神明町・板屋町にさらに七軒町・新町を加えて、あ
わせて六か町を御役助町にしようとしたことが...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町屋の発達
町名の変化
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
まず東海道往還通であるが、町数において上新町の一か町がふえ十一か町となり、そのた
め町通の延長も三町六間増している。【尾張町榎町】町数は全部で二十...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町屋の発達
戸口の増減
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
ぶい。これを町別でみると、戸数百軒以上を数えるのは田町が一か町のみであったのに伝
馬町・肴町・板屋町・新町・大工町・紺屋町が加わり七か町となり、また五十軒未満が旅
籠町・塩町・成子坂町・七軒町・神明町・早馬町...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 庶民の仏たち
巡礼
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
天保十四年には、浜松周辺の寺々による新四国八十八か所まいりがあったし(別表参照『
新四国札所村順控』三新町鈴木文書)、嘉永年間には浜名湖畔新四国八十八か所まいりが
あった。第一番三ヶ日金剛寺にはじまり第二十八...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 侍屋敷と町人町
大きな町
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
百戸以上の町人町には伝馬町・田町・肴町・板屋町・新町・紺屋町があったが、この時代
になると下垂町(しもだれちょう)・元魚(もとうお)町の二町と三方原方面の...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第四項 交通と通信 浜松の新しい玄関口
堀留運河
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【上新町船溜】さて、浜松では伝馬所の廃止によって伝馬町は交通の中心地としての地位
を失ったが、その代わりに堀留...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
青物市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
との間に紛争があったと伝えられている。定設市場の議がもちあがったのは、明治三十九
年十一月であった。【新町市場】このとき浜松の商人側は新町の北裏に三反歩の土地を購
入して浜松宿内に市場を誘致しようとし、生産者...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第六節 交通・通信 第五項 道路 国一バイパスの完成
[国一バイパスの完成]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
建設省の了承するところとなった。それによれば、バイパスは、延長十六・六〇五キロメ
ートル、和田地区の安新町から南下して飯田、芳川、白脇、新津の各地区を通り篠原地区
で現国道一号線に接続する計画で、外環状線の一...
自然環境編 第三章 温暖な気候 第三節 卓越する西風 冬の空っ風
火災
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
。その中でもとくに大火となっているのは火元が西方にある場合である。つぎに二、三を
示してみよう。一、上新町七軒町火事、元禄七甲戌年(一六九四)十一月二十九日朝、火元
は七軒町より出申候、此節両町不残類火仕候、...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 一里塚と立場
天保期の一里塚
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
5里原形なし原形なし東若林〃66里東若林7東若林9篠原〃67里篠原3916篠原12028舞坂〃68
新町2663新町2664新居〃69里西町368西町369白須賀〃70里元町477宅地となる姫街道小
池一里...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 浜松宿の規模
宿の根幹表筋町
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
東海道を上ってきて馬込川橋(長二十五間・横三間)を渡ると浜松宿にはいる。そこが新町
で板屋町・田町・神明町とつづく。神明町は坂町(神明坂という)で上りきると浜松城の大
手門前へ出る。ここ...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町屋の発達
東海道往還通
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
7成子坂町●3711652東782.4免馬火茶西718七軒町●7511631北973有火南1149上新町●4586
21東923.1有火西9210神明町●31195121北514.1有馬火茶南4911板屋町...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第三節 町や村の生活 町屋の発達
各町の長短
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
町の長さが二百間以上あるのは伝馬町・田町・板屋町・新町の東海道通町道の四町で、板
屋町の二百十四間が最長、百間未満は旅籠町・塩町・成子坂町・上新町・神明町・...