浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 新田開発
新田開発の奨励
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
江戸幕府開設後の慶長年間に、関東その他の地方で、伊奈忠次らの有力代官は新田開発
奨励しその成果を吸収することに努力した。【諸役免除名田付与】慶長七年、伊奈忠次は
遠州磐田郡下の「あ...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 新田開発
浜松藩の新田開発
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
持つ六人の在地土豪が「代官」としてこれを「賄」って(支配して)いたらしく、彼らは藩
権力の支援のもとに新田開発にも従事していたと考えられる。その中の一人である有玉村
の高林家三代目忠吉のころ(承応元年)には「御領...
まえがき・目次
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
体制下の浜松宿第四章浜松藩の確立第一節幕府政治の推移と浜松城主一〇六譜代大名浜松
城主第二節検地および新田開発と近世村落一一一検地近世初期の検地浜松藩の検地新田開
近世村落の成立と百姓第三節浜松藩領の成立と他領...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 新田開発
浜松藩の新田開発
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
その後新田開発の進行にともない、新田検地が励行されたことは前に述べた。ところで、
浜松藩の新田開発は城主の高力・太田...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 新田開発
新田開発者間の競望
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
これに対し、五右衛門は虚構であると反論し、結果は五右衛門の勝訴となった。【開発の
方式】この一件には、新田開発者間の競望・利権争いや開墾の方式が示唆されている。五
右衛門は容易な地区から開墾を始め、労費を要する古...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 新田開発
開発の目的と方法
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
七世紀を中心とする近世前期には、貢租増徴をめざす幕藩領主層の意欲と土地に対する農
民の愛着とによって、新田開発が盛んに行なわれた。【切添新田造成新田】そして開発の
方法からみると、個々の農民がその隣接地を徐々に開...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第四節 産業経済の発展 新田開発
新田改め出し
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
近世後半期の幕藩領主層は財政難打開の一策として新田開発を奨励してその改め出し(高
に繰入れ)につとめることが多かった。浜松藩の場合を元禄十六年の『浜松領郷村...
第六章 藩政の動揺と民衆の動向 第三節 水野藩の藩政改革 増産と興産
新田開発
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
水野藩の殖産興業政策についてはみるべきものがすくない。新田開発の例には佐鳴湖(佐
鳴浦または入野池ともいった)岸の「三つ山」の開墾がある。この山はかつて浜松城主青
山...
浜松市 合併町村史 舞阪町史 上巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
文~延宝検地■■306■■■■第四節貢租■■315  ■■■■第三章宿囲の造営
新田開発■■■■■■■■■■第一節宿囲の造営■■333■■■■第二節新田開発■■3
42■■■■第三節弁天島の...
中世編 第五章 戦国時代 第六節 民政 農業・漁業・林業・鉱業
農業政策
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
以上のような条件をふまえて、大名の農業政策が実施される。【田畠の減少防止と新田開
】まず大名は、田畠の減少をふせぐとともに、進んで新田の開発をはかり、耕地をふや
すことに努力した。今川...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 検地
近世の検地
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
土地支配の表現または租税徴収の手続きという意味での検地は日本史上にしばしばみうけ
られた。中世荘園の「...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 浜松藩の検地
高力検地
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
の後浜松藩では寛文末年から延宝・元禄にかけて新田検地が励行されているが(前掲検地
大勢一覧表)、これは新田開発の進展(後述)と表裏一体のことであった。
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 初期の浜松藩領
浜松領の創立期
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
与えられていたので、この数年間の高力氏の地位について若干の疑問はあるが、高力氏は
浜松在城中に稜極的に新田開発や検地にとりくみ、浜松藩領の基礎をきずいた城主の一人
であったと考えられる。浜松領境石(浜松市薬新町)
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松藩領の基本部分
浜松領の成立期
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
【太田氏】浜松藩の新田開発・検地は前節で述べたように、城主太田氏の時代に本格的に
推進され、その成果が寛文(かんぶん)四年(一六...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第四節 産業経済の発展 新田開発
報徳社と新田
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
い)で、元金の利子(年八分)を永代神楽金に充てることになっているが、とくに元金の貸
付についてはこれを新田開発の趣意で取り扱い、その外の取り扱いは深く勘考することと
規定している点が注目される。
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第四節 産業経済の発展 農民と水
海岸地帯
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
水吐出を目的としたものであったらしい。【志都呂村】その後文政八年(一八二五)に志都
呂村前の川通りに「新田開発」のための「新堤」が作られたために西鴨江・入野・伊場・
明神野・浅田・東若林・若林・増楽・新橋・法枝・...
第六章 藩政の動揺と民衆の動向 第六節 井上藩の安政改革 風儀取締
農民の努力
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
によって飛躍的に収益を増大させることのできる性質のものではなかった。農民たちは不
断の努力ー技術改良・新田開発ーによって、米の収穫量を徐々に増加させつつあったが、
領主側はこれに対して検地の反復と免率の改定によっ...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 庶民の神々
水神
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
竜川の渡船を業とした船越(ふなこし)一色村(当市船越町)ではこの社に灯籠の寄進をして
いる。五右衛門が新田開発にあたり椎ヶ脇社を崇敬したことはすでに述べた(第四章)。
浜松市 合併町村史 天竜市史 上巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
坂の役出陣■■■■■■■■■■第二節検地と支配機構■■三五二■■■■■■慶長の総
検地寛文・延宝の検地新田開発寺社領安堵朱印地と除地天領と代官郷宿と郡中総代女・鉄
砲改め■■■■■■■■■■第三節年貢と諸役■■三...
浜松市立曳馬公民館『馬込川が流れるまち』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
地区の緑【保存樹林保存樹木本間家小倉家八坂神社】9第二章人口の変遷一人口の増加【
曳馬地区の人口の変遷新田開発市街地化ドーナツ化現象】12第三章産業のようす一農業15
・昔の農業【農家比率作物統計養蚕茶太藺たばこ...