浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 明治の浜松の商店
主要商店
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
楽屋呉服店(田)今泉呉服店(神明)若森屋池谷茂一(連尺)丸万(神明)金井呉服店(
鍛冶)山田屋啓太郎(後道)万屋(塩)田中百十三(田)洋服商鈴木久四郎(鍛冶)谷島
屋洋服裁縫部(紺屋)太田(連尺)足袋太物商し...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第六節 向上する文化 第三項 演劇と芸能 浜松の劇場
浜松の芝居小屋
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
が「日蓮大菩薩真実伝」を興行している。松栄座に翌十六年地籍について訴訟がおこり、
建物は伝馬町で地籍は後道ということになったようである(明治十六年九月二十五日『東
海暁鐘新聞』)。【曳馬座】ついで十八年当時に...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第四節 社会と交通 第一項 東海道線開通 浜松停車場周辺の発展
駅付近発展
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【鍛冶町後道】駅前の発展につれて、これに隣接する鍛冶・後道なども変貌する。鍛冶町
の東海道交差点にはステーション道...
第四章 市制の施行と進む近代化 第一節 市政の動き 第二項 市政の展開 地籍整理と新生の町々
大字制度 新町名
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
かし新しくできた町名もあるが、尾張町(おわりちょう)(大字下垂の改称)・千歳町(ちと
せちょう)(大字後道の改称)・旭町(あさひちょう)(通称八幡地)・寺島町(てらじまちょう
)(大字浜松寺島の改称)・北寺島...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第二項 浜松県 浜松県と浜松
浜松の仮戸長と管轄地
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
町・成子坂町・塩町・旅籠町・伝馬町・連尺町・神明町・平田町・平田村一市川吉平七百
四十九軒田町・肴町・後道新地・鍛冶町・板屋町・新町・早馬町・下垂町・池町なお士族
勤番組は別に定められ、その地域は城内・馬冷・...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第三節 近代学校設立への努力 第一項 学制頒布 学制頒布と浜松県
学区制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
郎2番601浜松田町杉浦彦惣3番743浜松神明町仝連尺町仝元城内仝馬冷三好長五4番490浜松
伝馬町仝後道新地小野江善八5番673浜松旅籠町仝塩町仝平田町平田村権田和三郎6番640浜
松成子坂町仝七軒町仝上新...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第四節 社会と交通 第六項 浜松の災害 明治後半期の大火事
子の日座火事
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【三十四年】二回目は同年十二月二十一日に後道の劇場子(ね)の日(ひ)座から午前二時出
火、折からの西北風に火はみるみる拡がり、後道を焼きぬき伝馬に...
第四章 市制の施行と進む近代化 第三節 社会運動 第一項 米騒動 市内を暴れる群衆
浜松へ波及
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
ら一気に坂を下って伝馬町の大通りに押し出し、市内各所で米穀商や富豪の家を襲撃する
にいたった。【伝馬町後道】最初の、当時政友会の事務所になっていた伝馬町平野屋旅館
では、暴徒と化した群衆はガラスを破壊し、戸障...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第三項 静岡県 郡区改編と宿政の推移
連合制の発達 浜松宿二十六か町村連合会 地方自治制の出発 浜松宿議会
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
善八中野丹入(大工町)松本兵次郎吉川彦太郎(池町)川瀬豊三郎杉浦彦惣(鴨江小路)
伊藤範三●岡田安貞(後道)●石井禎喜樋口林治郎(連尺町)樋口弥一郎谷野治平(肴町
)伊藤重平内藤彦十郎(沢村)水島敬四郎松本半...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第三項 静岡県 郡区改編と宿政の推移
浜松宿 三十二か町村独立
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
善八〃利町杉浦為次郎〃高町林勝昌〃伝馬町林弥十郎〃鍛冶町乗松甚十郎〃平田町松下茂
平〃松城町山崎金重〃後道町岡田安貞〃元魚町木村安次郎
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第三項 静岡県 戸長役場と浜松
浜松三戸長役場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
浜松旅籠町浜松伝馬町浜松塩町浜松元魚町浜松成子町浜松菅原町浜松栄町浜松大工町浜松
鍛冶町浜松平田町浜松後道町浜松寺島村浜松八幡地村以上十三ケ町村戸長林正照【浜松西
部】紺屋町外十一ケ町村戸長役場浜松紺屋町浜松...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第六項 明治前期の浜松の政界 政党のおこり
立憲帝政党 自由党 改進党 浜松政界の基盤
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
次郎(村櫛村)などと参加する者が多かった。【士族山崎金重】その中心勢力は山崎金重(
城内)・岡田安貞(後道)・伊藤脩忠(名残士族町)・加瀬頼正(下垂町)などの幕臣(士族)出
身者たちで、財閥派の中村藤吉・鶴見...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第一項 浜松漫録にみる浜松 明治維新の浜松
神社仏閣
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
六日の祭祀は詣人おびただしい。【八幡宮】八幡村の八幡宮は例祭八月十五日で雲立の楠
がある。旗立の松は下後道にあるが、三方原の戦のときこの樹上に旗を立て勢揃いしたと
ころという。田町から池町へ入るところに銅の秋...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第二項 廃城と大火 滅びゆく城下町と宿場町
小野組大火
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
二百二軒の内、焼失家数千三百十八軒(蔵一〇八、寺五、狂言小屋一)で、被災町は伝馬町
・旅籠町・鍛冶町・後道・平田町・平田村・塩町・大工町・利町・紺屋町・連尺町・神明
町・肴町・池町・板屋町・新町・元魚町・大堀...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 侍屋敷と町人町
侍屋敷 町人町
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
んこう)につづき元目・元城内・白山下などがあった。また平民が半ば以上を占めている
のは繁華街に近接する後道・大堀新地・鴨江小路と秋葉町などであった。士族はほとんど
が旧静岡藩士で、井上藩士はまったく住んでいな...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 侍屋敷と町人町
大きな町
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
1818181815下馬場666616百軒718771117早馬961110796961101118後道2742691262771423124
4219御組町113511811311312115その他1寺島...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 各町の特色
寺島村 和地山
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
下馬場元目浜松松城町馬冷632341378作左袋町浜松栄町大堀新地55236290鴨江小路白山下
浜松後道町83302375浜松高町135565679浜松常盤町早馬1214701033分器舟蔵百軒浜松元名
残...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第四節 社会と文化 第三項 士族と平民 士族のくらし
士族の配置
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
下宿するものもあった。また明治三年六月に内野へ移住のため浜松入をした八王子千人同
心衆の場合をみると、後道(うしろみち)(一軒)利町(とぎまち)(一軒)新町(一軒)平田(な
めだ)町(二軒)池町(一軒、明光寺...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第一節 浜松町の誕生と町政の展開 第一項 浜松町の誕生 町制の施行
町制施行 敷知郡浜松町 大字制度
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
城(まつしろ)45元名残(もとなぐり)50伝馬(てんま)114名残(なぐり)111旅籠(は
たご)62後道(うしろみち)112平田(なめだ)77塩(しお)85成子(なるこ)84菅原(
すがわら)120浅田(あ...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第一節 浜松町の誕生と町政の展開 第二項 町勢の発展 町政研究会事件と日糖事件
政友会派と反政友会派との抗争 政友会の勝利
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
虎次郎(三組、元治元年七月生、市会議員、昭和十三年十月没、七十四歳)・伊東安太郎(
名残)・岡田金正(後道)・牧治三郎(平田)など国民党に属する者が多かった。しかし、そ
れも衆寡敵(しゅうかてき)せず、それば...