浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
青物市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【木戸市場】青物市場浜松宿の東はづれの向宿村木戸(現在当市木戸町)にあった。浜松宿
の野菜の供給地(芳川方面)に...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第一項 商業 物資と物価と賃銭の動き
市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【繭市場青物市場】また市場には繭市場・魚市場・青物市場・果物市場があった。繭市場
は大正十五年五月には野口(現...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第三項 社会施設 市営市場と市営住宅
浜松市公設市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【伝馬三組砂山】浜松市公設市場「一般市民特に中産以下の者に対し日用品を廉価に供給
する」ことを目的として、大正八年九月第一次大戦中の...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
市場の発達]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
商工業の発達にともなって物資の動きも活発となり、魚市場・青物市場などとそれぞれ専
門の市場も開設されるようになった。
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第四項 農業 園芸農産物
蔬菜類
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
に従前の養蚕から白菜(中国の山東省から種子輸入)への作物転換をはかったが、これが第
二次世界大戦後全国市場にその名をあげた「庄内白菜」の起りであった。【共同出荷】昭
和初年、浜名郡五島村(現浜松市)では蔬菜(...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第一項 商業 大正から昭和へ商業の動き
商業の発展 市況の概況
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
の約四割は輸出となり、六割は内地向となっている。そして内地向の六割の内一部は市内
商店の販売品となって市場を賑わし、他地方へ運送するものはその代価はまた浜松市場
回収されて諸方面活動の原資となり、復製品とな...
まえがき・目次
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
一項金融機関二〇八第二十八国立銀行銀行類似会社普通銀行第二項商業二一九明治の浜松
の商店会杜と同業組合市場の発達商業会議所第三項工業二二九浜松の三大会社その他の工
場主要工産物いろいろの職人など第四項農業その...
まえがき・目次
写真・図版目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
大正十三年)三七八-三七九主要銀行位置図三八〇遠州銀行三八二浜松銀行三八二三十五
銀行浜松支店三八二繭市場(昭和初期)三八四浜松市商品陳列所(浜松市松城町中谷福男
氏提供)三八六山葉寅楠三九四笠井市場跡(昭和...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【肴町十四年】魚市場明治十四年十一月に浜松肴町に設立。浜松魚鳥株式会社と称し、委
託販売によって仲買人のほか出入を許さない...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
果物市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【駅前】果物市場果実の移入が他地方より多くなると運輸の関係上、浜松駅前に市場を設
ける必要が生じ、浜松蔬菜果実委托株式...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第三項 遠州織物 笠井市から浜松市場
浜松商人の進出
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【遠陽市場】この笠井市(いち)へ、浜松商人たちが進出をしたのは明治二十三年十月であ
った。その位置は笠井村の地続...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第三項 遠州織物 笠井市から浜松市場
鉄道開通と笠井市 浜松市場の勃興
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
営業成績も振わず採算が立たなくなった明治三十年代になると店舗を閉じて浜松へ引上げ
る店も出てきた。遠陽市場(表)遠陽市場商店職業戸数主要商店太物商8鈴木初蔵紙商6棒幸
・渥久・清水善三郎生糸商4木下源平・糸屋...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第四項 農業その他 養蚕業
浜松繭市場 繭生糸仲買業組合
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
養蚕の発達によって、生産された繭は浜松付近では浜松駅前の新川橋付近に開設された
で取引きされた。農家が車で運んでくる繭を三河東部(豊橋・二川など)の生糸業者が待
ち受けていて、夕方か...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第三項 遠州織物 遠州織物の発達と時代区分
良質の綿産地 綿布業の発達 浜松市場の発達
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
の売行が良好となるとともに機業家も増加し、工業地帯の勃興となってめざましい発達を
とげることになった。市場の中心も笠井市(かさいいち)より浜松へ移り、浜松市の生産額
は昭和十一年には三千八百十五万円と遠州全産...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第三項 遠州織物 笠井縞より遠州縞へ
笠井市とボデー 笠井の新興商人
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
て市に集まる商人や消費者に販売しておった。商圏も現在の周智郡森町から引佐郡三ヶ日
町付近までの地方的の市場であったが、こうした笠井市に仲買商として出入し、新興の木
綿(太物)商人となった人に地元笠井の山下吉十...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第三項 遠州織物 遠州織物の海外進出
戦後対策
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
向上を図り整理加工の普及③検査を励行して信用の保持、という三大目標の達成を嘱望す
るところがあった。【市場調査技術研究】これに応え遠江織物同業組合は海外市場調査(
大正七年満州中国方面、大正八年から昭和九年の...
第五章 太平洋戦争と浜松 第一節 戦時体制下の浜松 第二項 全市をあげて戦力充実へ 統制経済の進行と産業の両編成
中小企業整備令 軍需工場転換
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
以上は織物業の推移であるが他の産業もこれと同様であった(昭和十五年九月魚市場が統
合し浜松魚市場会社の設立となった)。ことに昭和十六年十二月米英と戦争が始まり翌十
七年の企業整備令...
近代編 第一章 近代総説
[近代総説]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
学校・楽器産業の起こり・鉄道院浜松工場や旧制高校の誘致運動・市長の選任・地元の資
本蓄積や労働力・海外市場の開拓・日楽争議の背景・軍事都市化などが注目される。(4)
住民の資質―浜松人の気質として、積極・進取...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第三節 近代学校設立への努力 第一項 学制頒布 学制頒布と浜松県
学区制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
岡弘祖173番900井伊谷村三嶽村平野六郎174番458北神宮寺村東牧村南神宮寺村175番428五
市場村金指村176番850金指村石岡村177番829滝沢村鷲沢村23小区3439178番~183番村名
略...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第五項 水産業 近海漁業
篠原村
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
し、鰹は鰹節にしている。【養鰻業】なお鯉(こい)・鰻(うなぎ)・鯔(ぼら)の養殖も行な
われている。魚市場は西茶屋と馬郡にあり、馬郡は養殖鰻の先覚地であった。【塩田】な
お三十四年には塩田塩浜があって反別九町...