浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
中世編 第五章 戦国時代 第六節 民政 商工業
市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
農村でも戦国時代ころには、五日ごとに月六回の六斎市(ろくさいいち)がふつうになる。
この定期市と隣接の市場に二日市・三日市・四日市・五日市というように市日の協定がで
きる。京都地方では、宇治(宇治市)の文明元...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 商業
市場商人は名主
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
市場商人は、市場の付近に耕地をもっていて、自分で耕作するか、作人に耕作させた名主
であった。しかも副業の生...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
青物市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【木戸市場】青物市場浜松宿の東はづれの向宿村木戸(現在当市木戸町)にあった。浜松宿
の野菜の供給地(芳川方面)に...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第一項 商業 物資と物価と賃銭の動き
市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【繭市場青物市場】また市場には繭市場・魚市場・青物市場・果物市場があった。繭市場
は大正十五年五月には野口(現...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 浜松市中央卸売市場の開設
[浜松市中央卸売市場の開設]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松市中央卸売市場】わが国の生鮮食料品の流通を秩序付けてきたのは、大正十二年(
一九二三)に制定・公布された中央卸売市場...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第三項 社会施設 市営市場と市営住宅
浜松市公設市場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
【伝馬三組砂山】浜松市公設市場「一般市民特に中産以下の者に対し日用品を廉価に供給
する」ことを目的として、大正八年九月第一次大戦中の...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 大手楽器メーカーの量産化と事業多角化
楽器産業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
用であったため、その後家庭用の普及版として「B―2」、「C―1」などが販売されるよう
になり、電子楽器市場を拡大していった。日本楽器のリードに対して、他の楽器メーカー
や電機メーカーも追随していった。昭和三十...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第四項 生産調整と都市近郊農業の形成 浜松生花市場の開設と花き生産の増大
花き
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松生花市場】昭和五十九年二月、花き園芸農家待望の浜松生花市場が湖東町に完成し
た。浜松市を中心とする県西部地方は...
中世編 第五章 戦国時代 第六節 民政 商工業
分国経済のありかた
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
【統制と保護】近江(滋賀県)の六角氏は、領内の座商人の紛争を裁決する権利と、市場
統制権をおさえた。しかし今川氏は、まず松木・友野を御用商人とし、山中氏を沼津大岡
荘問屋とし、彼らの...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 輪送機械工業の躍進
オートバイ産業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
車の発売に踏み切っている。オートバイ産業が立ち直ってきたのは一年後ぐらいであった
。それは、それぞれの市場の成熟度に合わせた製品を提供することによって成し遂げられ
た。国内市場に対しては女性でも乗れるオートバ...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 金融ビッグバンと金融業界の再編
[金融ビッグバンと金融業界の再編]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
金融システムを根本的に改革することになった。平成八年十一月「我が国金融システムの
改革~二〇〇一年東京市場の再生に向けて~」と題する改革案が提案された。この改革案
において、①次世代の成長産業へ資金供給を行う...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第四項 農業の自由化・国際化 食糧法と新農基法の成立
[食糧法と新農基法の成立]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
どを導入することによって生産者の自由度を広げること、③米価の形成は、より需給を反
映させることによって市場原理に委ねること、④米の集荷から小売りまでの流通規制を緩
和し新規参入を進めることなど全体として管理か...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 商業
市庭
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
【引馬宿市】地方農村でも平安の末(七九四-一一八〇)になると、交換取引の市場(市庭)
ができ、しだいに普及してくる。東海地区は近畿地方についで栄えたところがあった。貞
応(じょうお...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第三節 近代産業の勃興 第二項 商業 市場の発達
市場の発達]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
商工業の発達にともなって物資の動きも活発となり、魚市場・青物市場などとそれぞれ専
門の市場も開設されるようになった。
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第四項 農業 園芸農産物
蔬菜類
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
に従前の養蚕から白菜(中国の山東省から種子輸入)への作物転換をはかったが、これが第
二次世界大戦後全国市場にその名をあげた「庄内白菜」の起りであった。【共同出荷】昭
和初年、浜名郡五島村(現浜松市)では蔬菜(...
浜松市 合併町村史 天竜市史 下巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
■■■■■■第一項市域の火災■■二七五■■■■■■■■相つぐ二俣村の大火熊村の山
火事横山の大火熊村字市場の火災光明寺の火災秋葉山の大火二俣町の大火■■■■■■■
■■■■■第二項河川と災害■■二八三■■■■...
中世編 第四章 室町時代 第四節 社会と経済 産業
商業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
家(ざいけ)をもつ本市(ほんいち)があり、その左岸の小坂郷にも百五十ほどの在家をもつ
新市があった。【市場と領主】市場は所在地の領主がひらく。文明(ぶんめい)十八年(一
四八六)に、大和の豪族越智(おち)氏は...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第一項 商業 大正から昭和へ商業の動き
商業の発展 市況の概況
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
の約四割は輸出となり、六割は内地向となっている。そして内地向の六割の内一部は市内
商店の販売品となって市場を賑わし、他地方へ運送するものはその代価はまた浜松市場
回収されて諸方面活動の原資となり、復製品とな...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 産業の空洞化と外国人労働者の増加
[産業の空洞化と外国人労働者の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【グローバル化】平成元年のベルリンの壁崩壊に端を発した社会主義体制の崩壊は、旧社
会主義諸国を市場経済へ復帰させ、さらに、中国の改革・開放路線の定着、東アジアの新
興経済国の急速な発展によって世界市場...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第四項 農業の自由化・国際化 WTO、URとMA米の増加
[WTO、URとMA米の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
が検討された。こうしたURでの農業交渉に対して、全国農業協同組合中央会や静岡県農業
協同組合中央会は米市場開放阻止の決議を採択した。平成三年五月、浜松市庄内農業協同
組合も、次のような決議文を採択している。【...