浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第四節 産業経済の発展 新田開発
五嶋新田と源太夫堀
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
いわゆる源太夫堀である。【海沿新田】源太夫堀の名称は、当時の浜松藩主松平資俊が五
か村の願出により家臣小笠原源太夫基長に命じてこれを奉行させたので、村民がこれを徳
として名づけたもので、その規模は馬込川から天竜川口にいた...
第七章 文化の興隆 第四節 教育の普及 浜松藩の藩校
水野氏以前の教育
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
は接待役をつとめ、その子正数は詩歌をよくし、孫正猗も石島筑波の名で知られている。
【小笠原基長】なお、小笠原源太夫基長は元文六年(寛保元年、一七四一)佐野監物知堯の
歴史地理書『三河国二葉松』の跋文を書いている。【渡辺蒙...