浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 近世初期の検地
新田村落の成立
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
この安間新田村の田畑の名請人の記載形式をみると、「七郎左衛門名敷」とあるものが六
十筆、「小作誰某」とあるものが五...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 検地
検地の実施
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
における浜松地方の検地実施の大勢一覧表・前半実施年代村落名備考慶長9伊場・和地・宇
布見遠州総検地11安間新田 16北嶋・安間新田・大窪(大久保)・貴平 寛永13安間
新田 正保3細...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 近世初期の検地
貫高制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
二橋家文書』)・宇志(うし)村(『岡本家文書』)の検地帳(写)についてこれを考察してみ
たい。【北嶋村安間新田大久保村】また、浜松地方の検地帳としては慶長十六年(一六一
一)の北嶋・安間新田・大窪(おおくぼ)(大...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 一里塚と立場
天保期の一里塚
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
。浜松宿から天竜川にいたるまでの東海道筋には一里塚が二か所【向宿】向宿村地内南の
塚は松、北の塚は榎【安間新田安間新田地内木立は両方とも榎浜松宿から舞坂宿までの
間に二か所【篠原】篠原村地内北側は榎、南側は松【...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 近世初期の検地
安間新田村検地帳
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
慶長十六年の安間新田村の検地帳は、末尾に全三筆の屋敷を「一屋舗弐拾四歩小作二郎左
衛門一同弐拾四歩小作二郎右衛門一同弐畝参...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 新田開発
浜松藩の新田開発者
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
さはがし」くなり、忠吉は代官を辞職し同役の笠井村山下佐二兵衛は自害するという有様
であった。前にふれた安間新田の開発者安間家も同家の系図によると戦国武士の家筋であ
った。【上層農民】しかし新田開発者には東河原新田...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 姫街道
本坂道
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
いる(『紹巴富士見道記』)。本坂越の名称の古いこと、また本坂峠がしばしば杜絶したこ
とがわかる。【道筋安間新田】姫街道の江戸時代の道筋は、東海道五十三次の遠江見付宿
から三河御油宿にいたるもので、見付宿から天竜川...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第四節 産業経済の発展 新田開発
新田の種類
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
寛政期(『遠江国風土記伝』による)における浜松周辺の新田をあげると、十軒新田・名残
追分新田・安間新田・薬師新田・天王新田・寺嶋新田・木舟新田・三郎五郎新田・中新田
・長十郎新田・権右衛門新田・萱野新田が...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第四節 産業経済の発展 農民と水
天竜川安間川流域
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
田地が荒所になるとして、その理不尽を幕府へ訴え出たことにあり、これに対し安間村は
、川筋八か村(安間・安間新田・松小池・北嶋・篠ケ瀬・薬師・薬師新田・竜光)は川浚組
合と称し従来川ざらいを行なっているから出水の際...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 荘園
蒲御厨
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
った。内宮が領家(本家)である(『神鳳鈔』)。(表)蒲24郷(遠江国風土記伝による)1安間
郷安間村・安間新田村・北島村・薬師村・薬師新田村2神立郷神立村・将監名村・下村・宮
竹村・宮竹新田村3上之郷上之郷村・西...
まえがき・目次
写真・図版目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
簡(浜松市貴平町内藤金弥氏蔵)一一〇慶長十六年北嶋村検地帳(浜松市北島町大橋正夫
氏蔵)一一五慶安五年安間新田村検地帳(浜松市安新町安間祐氏蔵)一一五飯田新田切起
手形(浜松市龍光町伊藤真一氏蔵)一二三浜松領境石...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 近世村落の成立と百姓
新生の村々
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
だし、地域は浜松地方に限定した。郡名郷名分村数村名敷智都田2上都田・下都田長上蒲(
廿四郷)42安間・安間新田・北嶋・薬師・薬師新田・神立・将監名・下・宮竹・宮竹新屋
・上之郷・西在所・西塚・丸塚・上新屋・原嶋・...
第四章 浜松藩の確立 第二節 検地および新田開発と近世村落 近世村落の成立と百姓
親村と枝村
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
たものを右表に記す(浜松地方のみ)。親村枝村富塚段子川・寸田箇谷・小藪・富新屋佐浜
谷上・須之木沢安間安間新田・北嶋・薬師・薬師新田神立将監名・下宮竹宮竹新屋上之郷
西在所渡瀬次広・別久天王天王新田・下堀・中田笠...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松地方の天領・旗本領・寺社領
交錯する諸領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
4    伊佐地342旗A334寺8  安間新田40天40 &nbs
p;  米津212大212  ...
第四章 浜松藩の確立 第三節 浜松藩領の成立と他領 浜松地方の天領・旗本領・寺社領
天領の代官
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
2862〃石原22835〃寺嶋38157〃新寺嶋18429〃上石田61594126代官市野惣太夫相給安間新
24代官秋鹿内匠木平(貴平)47031〃善地13648〃浄光961642代官秋鹿内匠54相給片草62...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 庶民の仏たち
念仏
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
供養といえば、千体の小さな仏像を刻むことも行なわれた。安間新田(当市安新町)普伝院
の千体仏をまつる堂では、元禄のころに一千日の念仏を行なったが、その収益は拾壱両も...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第一節 浜松県から静岡県へ 第三項 静岡県 郡区改編と宿政の推移
敷知長上浜名郡役所 郡域変更
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
天王村原島村西在所村中田村市野村4小区(長上郡)鶴見村大蒲村下村薬師新田東金折村
西伝寺村次広村別久村安間新田安富村金折村半場村北長十郎新田長鶴村北島村青屋村橋羽
村小松方村名切村西之郷村庄屋村西大塚村上飯田村三...
近代編 第二章 近代浜松の基礎 第三節 近代学校設立への努力 第一項 学制頒布 学制頒布と浜松県
学区制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
33番523金折村下飯田村34番693上飯田村35番537青屋村長鶴村龍光村半場村36番616安間村
安間新田北島村37番669薬師村薬師新田橋羽村大蒲村38番908下村西ノ郷村福増村小松方村
渡瀬村別久村次広村...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第一節 浜松町の誕生と町政の展開 第一項 浜松町の誕生 町制の施行
町制施行 敷知郡浜松町 大字制度
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
1中郡村と改称)橋爪天王村中田天王新田天王下堀原島下石田天王橋田村薬師安間北島橋
羽篠ヶ瀬長鶴永田竜光安間新田薬師新田半場(明24.6.11和田村と改称)橋羽市野村上石
田市野小池市野蒲村上新屋丸塚西塚将監名神立...
第四章 市制の施行と進む近代化 第五節 教育機関の拡充と社会教育の進展 第三項 高等教育 浜松高等工業学校
高柳健次郎のテレビ研究
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
また同校はテレビジョンの研究をはじめた高柳健次郎(浜名郡和田村安間新田生、東京高
等工業学校教員養成所卒、大正十三年浜松高等工業学校助教授)が在職し、テレビジョン
の学校とし...