浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第二項 大型店の出店攻勢と地元商店街 スーパーマーケットの増加と大型店の進出
大型店進出
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【ほていや長崎屋遠鉄名店ビルニチイジャスコマルサ】大型店進出の第一号は名古屋資本
のほていや(昭和三十五年二月進出)で、次いで長崎屋が同三十八年(当初田町に進...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第二項 空洞化が進む中心商店街 中心市街地からの大型店撤退
[中心市街地からの大型店撤退]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
浜松駅前の再開発に伴って駅周辺部には次々に大型店(浜松ショッピングプラザ、メイワ
ン、遠鉄百貨店)が出店した。さらに、平成四年に松菱は大規模な増床を行...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 駅前再開発と大型店のオープン
大型店の進出
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松ショッピングプラザ】さらに、浜松駅前への大型店の進出(増床)が計画された。浜
松ショッピングプラザ(核店舗はイトーヨーカ堂)、中貿ビル(遠鉄百貨店)...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
就職の第一陣、遠州織物工業組合へドルショック・スミソニアン体制と産業界浜松商工会
議所会館の落成第二項大型店の出店攻勢と地元商店街一八〇スーパーマーケットの増加と
大型店の進出商店街の近代化東名開通、卸商団地と...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第二項 大型店の出店攻勢と地元商店街 スーパーマーケットの増加と大型店の進出
[スーパーマーケットの増加と大型店の進出]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
上昇し、浜松においても大量消費時代が到来した。大量消費の受け皿として登場したのが
スーパーマーケット・大型店であった。昭和三十五年当時、市内の小売業の店舗数を表2
―22で見ると、総店舗数六千二百五十九店に対し...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第二項 大型店の出店攻勢と地元商店街 商店街の近代化
[商店街の近代化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【浜松モール街】昭和三十年代後半から同四十年代にかけて大型店出店が相次ぎ、当初地
元の商店会は一致団結して対抗措置が取れないでいたが、その後地元の商店会にも一つに...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 郊外型大型店の進出と商調協
郊外型大型店
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
法を施行した。また、閉店時刻や年間休業日数についても原則「午後七時、三十日」を基
準とした。これにより大型店の出店は急速に減少していった。しかし、浜松においては事
情が異なった。ミニスーパーの出店ラッシュが一段...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第二項 空洞化が進む中心商店街 浜松商圏の縮小
[浜松商圏の縮小]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
た。この原因は浜松市の中心商店街から百貨店や大型スーパーが相次いで撤退したこと、
それぞれの商圏地域に大型店やロードサイドストアが進出したことなどによるものと思わ
れる。消費者の買い物動向のこのような変化の背景...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 スーパーの郊外進出と地元商店街との対立
スーパーの郊外進出
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
への出店がブームになり、長崎屋、ニチイ、西武百貨店などが次々に鍛冶町やモール街に
進出してきた。これが大型店出店攻勢の第一波であった。第二波は昭和四十年代後半から
五十年代にかけて訪れた。市街地の外延的拡大とと...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第一節 政治・行政 第七項 新しいまちづくり 中心市街地の活性化
[中心市街地の活性化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
心部全体の歩行者の通行量は昭和四十二年から同四十五年ぐらいまでが最も多く、それ以
降は特定のデパートや大型店付近を除いて減少傾向となった。「買い物は車でが定着」と
なったのは昭和四十八年頃で、これ以降市内各所に...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 不況と地域振興券
[不況と地域振興券]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ずしも結び付かなかったのである。また、地域経済の活性化にも直接つながらなかった。
地域振興券は量販店や大型店で使用されたケースが多く、売り上げの多くは本社のある東
京へ吸い上げられていった。当初から「ばら撒き政...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第二項 空洞化が進む中心商店街 西武百貨店の撤退と松菱の破産
[西武百貨店の撤退と松菱の破産]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
積(二万二千五百平方メートル)を保有し、都市型百貨店として浜松市民から支持されてい
た。しかし、郊外型大型店の進出や駅前に集中した大型店の開店に伴って、顧客の流れが
変わり、同百貨店が中心部の西端に取り残される...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第二項 空洞化が進む中心商店街 大店立地法への移行と郊外型大規模店の急増
[大店立地法への移行と郊外型大規模店の急増]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
た。すなわち、経済的規制から社会的規制の転換が行われたのである。この大店立地法は
社会的規制が中心で、大型店の進出が地域に与える経済的影響は考慮されていないため、
各地で地元の小売業へ多大なる影響を与える結果と...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第一節 政治・行政 第七項 調和ある市街地と緑の郊外 中心商業地の商業診断
[中心商業地の商業診断]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
門店と飲食店と娯楽施設をうまくミックスした若者の街鍛冶町ブロック…中心商店街をリ
ードする役目を持ち、大型店と連携した高級専門店街千歳ブロック…昼の顔(ショッピン
グ)、夕暮れの顔(家族連れの食事)、夜の顔(飲...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 大型小売店舗出店指導要綱と融資制度の導入
[大型小売店舗出店指導要綱と融資制度の導入]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
大型店】高度成長期における大手スーパーの全国展開に伴って、各地で地元の商店街と
の間に激しい対立が生まれてき...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 中心市街地の地盤沈下と中心商業地活性化事業
[中心市街地の地盤沈下と中心商業地活性化事業]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【丸井浜松店】昭和四十九年八月二十四日、松菱・西武百貨店に次ぐ売場面積を持つ第三
大型店として丸井浜松店がオープンした。同店は月賦販売の大手で、サラリーマンやOL
といった中間所得層をターゲ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第二項 大型店の進出と地域商業の変化 駅前再開発と大型店のオープン
駅前再開発
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
東海道線の高架化に伴って浜松駅周辺の再開発と大型店の進出計画が打ち出された。昭和
五十四年七月、市当局は駅前広場計画図を提示し、国鉄側と交渉に入り同五十...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第六節 交通・通信 第三項 バスとタクシー 浜松まちなかループの運行
[浜松まちなかループの運行]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
平成に入ると、昭和六十年前後の浜松駅周辺への大型店の進出や大型店の郊外出店等を背
景とする中心市街地空洞化への対応を迫られるようになった。平成七年十月、...
あとがき
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
就職割合厚生労働省『雇用動向調査』2-22小売商店数の推移『浜松市統計』昭和45年・46
年版2-23大型店の進出状況国民金融公庫浜松支店『浜松市中央商店街の動向』昭和45年3
月発行、浜松市商工部『浜松の商工...
浜松市立曳馬公民館『馬込川が流れるまち』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
音悪臭河川汚濁郊外移転】48三商業・商業のあらまし【地区内の商店数】51・商業の発展
51・スーパーと大型店の出現【大型店の出店状況】52・商店会と個性ある店づくり【上島
発展会】53・サンポートプラザ56・道...