浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 国際化の進展と新たな課題 第一節 政治・行政 第五項 国際化の流れとその対応 盛んになった国際交流
国際交流
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
外国人が浜松市に視察に来ても受け入れ窓口がなく、市民が外国に視察に出掛けるのに必
要な情報や資料が市内では入...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第二項 雇用と労働・労働運動 外国人の保険問題
[外国人の保険問題]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
と、保険料は企業と労働者が折半して払うようになっていた。また、厚生年金への加入も
義務付けられていた。外国人労働者の場合も同じで、健康保険料は給料から引かれ、さら
に厚生年金の年金保険料も支払うようになっていた...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第二節 自衛隊・警察・消防・防災 第二項 新しい時代と警察署 外国人犯罪の増加
[外国人犯罪の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
外国人登録者数】平成に入りわが国に入国する外国人は急激に増加してきたが、浜松市
の昭和五十一年~平成十五年ま...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第二節 自衛隊・警察・消防・防災 第二項 新しい時代と警察署 来日外国人の不法滞在と不法就労
不法滞在 不法就労
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
の家族が居住するようになった(表4―9参照)。これらのほか、浜松には職を求めて不法に
残留して職に就く外国人が目立ち始めた。表4-9浜松市の外国人登録者数年世帯数人囗合
計男女昭和51年756106498020...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第一項 バブル崩壊と長い不景気下の生活 日系南米人の住生活と地域生活
日系南米人の住生活
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
2.2その他2.52.94.18.7無回答0.4回答数406206515230出典:『浜松市こおける外国人の生
活実態、意識調査報告書』平成5年3月、『日系人の生活実態・意識調査96報告書』平成9年3
月、『外...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 産業の空洞化と外国人労働者の増加
[産業の空洞化と外国人労働者の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
中心に発展してきた浜松は、経済のグローバル化に伴い産業の空洞化といった事態に追い
込まれたのである。【外国人の増加】グローバル化が地域に与えたもう一つの影響は外国
の増加で、平成八年十月末には外国人登録者数が...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第二項 雇用と労働・労働運動 外国人労働者の労働・労災問題と市民の支援活動
[外国人労働者の労働・労災問題と市民の支援活動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
られると解雇されると恐れ、生んだばかりのわが子を殺害した事件が起こった。これを契
機に、平成二年七月に外国人労働者と共に生きる会・浜松(へるすの会)が結成された(「
へるすの会ニュースレター」1号、平成二年七月...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ェスタ・ハママツと広報館の開設中部航空音楽隊の活動第二項新しい時代と警察署九一一
増え続ける刑法犯来日外国人の不法滞在と不法就労防犯の町づくりと地域安全推進員放火
事件の増加外国人犯罪の増加暴力団対策法の施行民...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第三節 教育 第一項 幼児・義務教育 ブラジル人学校の設立
[ブラジル人学校の設立]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
作成したのは平成二年十月、そして瑞穂小学校にはポルトガル語が堪能の指導助手が配置
され、平成五年からは外国人の児童・生徒が十人以上在籍する学校を拠点校とし、希望が
あれば遠い所からも学区外通学することを認めた。...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第二項 雇用と労働・労働運動 宝石店事件と外国人差別問題
[宝石店事件と外国人差別問題]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
外国人差別】平成十年六月十六日、浜松市内の宝石店で女性が入店してショーケースの
中を眺めていたところ、店主が...
あとがき
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
地区警察白書』平成4年、浜北警察署『犯罪・交通事故のあらまし』平成4年平成5年3月発
行4-9浜松市の外国人登録者数『浜松市統計書』昭和56年・61年・平成3年・8年・13年・1
6年版4-10外国人犯罪検挙状...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
。同市政は二十一世紀に向けた「技術と文化の世界都市・浜松」を目指した。市民生活の
向上、環境への配慮、外国人市民との共生等の施策や、電線の地中化や緑の基本計画、東
土地区画整理事業等の推進で、新しい街づくり・美...
あとがき
主な参考文献
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
計画基本構想』浜松市『第3次浜松市総合計画基本構想』浜松市『第4次浜松市総合計画新
基本計画』浜松市『外国人集住都市会議〔浜松宣言〕及び〔提言〕』外国人集住都市会議
『公害防止へのみち』浜松市『基地対策の概況』...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第二項 高校教育 新時代に対応する高校
[新時代に対応する高校]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
た。浜松海の星高校が英語コースを新設したのは昭和四十八年度、英語の授業を一週間に
十―十一時間も取り、外国人教師による英会話の時間も取り入れた。同校では昭和三十八
年から留学制度を発足させ、イギリスやフランスに...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第五項 各種学校と専門学校 各種学校の発展
各種学校
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
開しているカワイ音楽教室の講師を養成する学校で、遠くから来た学生は寄宿生活を送り
ながら勉強に励んだ。外国人関係では東田町に朝鮮民主主義人民共和国系の浜松朝鮮初中
級学校があった。この学校については掛川市の戸塚...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第一節 政治・行政 第五項 国際化の流れとその対応 増えたブラジル人
[増えたブラジル人]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【日系ブラジル人名古屋入国管理局浜松出張所】昭和六十三年三月末の外国人登録国籍別
人員で最も多かったのは韓国または朝鮮で千九百七十三人、続いて中国、フィリピン、ベ
トナムなど...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第一節 政治・行政 第七項 新しいまちづくり ユニバーサルデザイン
[ユニバーサルデザイン]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【ユニバーサルデザイン浜松市ユニバーサルデザイン条例】街には高齢者や障害者、外国
などもたくさん行き交うが、これまでは、特定の人のための特別な設備や方法でバリア
フリーを行っていた。し...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第四節 宗教・倫理 第六項 浜松のキリスト教団の活躍 タガログ語・英語によるミサ
[タガログ語・英語によるミサ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
浜松市内の外国人労働者は高度経済成長期を背景にして増加している。彼等のための宗教
的環境は整備されていない。彼等の母国...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第一項 バブル崩壊と長い不景気下の生活 入管法の改正と日系ブラジル人の増加
[入管法の改正と日系ブラジル人の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
人は一万三千二百七十人に、ペルー人は千五百七十六人になった。南米人(在日韓国朝鮮
籍等の以前からの在住外国人をオールドカマーということに対して、ニューカマーと呼ば
れていた)の中でも圧倒的にブラジル人の増加が顕...
第二章 復興への努力と民主主義 第四節 宗教・倫理 第三項 キリスト教 プロテスタント布教の原点
[プロテスタント布教の原点]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
教に来た宣教師(米・仏国人等)の数並に氏名」の調査依頼があった。かつて昭和十六年
以後、スパイ視されて外国人神父や宣教師が帰国を余儀なくされていたことに起因しよう
(中ノ町村役場文書「社寺関係綴」、『新編史料編...