浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第七章 文化の興隆 第二節 国学 江戸と浜松
県居神社
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
移り県居と号する   『古今和歌集打聴』『歌意考』成る二一七六五六九
古今集序表考』『にひまなび』『国意考』『宇比麻奈備』『日本紀和歌略註』成る三一
七六六七〇『万葉集竹取翁歌解...
第七章 文化の興隆 第二節 国学 高林方朗とその周辺
高林方朗
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
浜松城主水野忠邦から地方民政と、国学の発展に対する援助をうけた。【和歌会】また方
朗は西遠各地で古学・古今集を中心とした講義を行なうとともに自宅では自ら催主となり
、判者ともなって、しばしば歌会を開いた。来会者...
第七章 文化の興隆 第二節 国学 高林方朗とその周辺
方朗と忠邦
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
れは忠邦が所司代として滞京中に召されたときの日記で、忠邦の動静を知る資料である。
この間方朗は忠邦に『古今集』の講義を行なった。君臣であり師弟である両者の親密さは
、文政十一年十一月、忠邦が江戸へ出府の途次、浜...
第七章 文化の興隆 第二節 国学 高林方朗とその周辺
竹村広蔭
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
集『門田の八束穂(かどたのやつかほ)』がある。広蔭の歌風には八木美穂の流れを汲む万
葉調もあるが、多く古今集の技巧をとり入れ、遠江地方の社寺・風物・物産を詠み、佐鳴
湖八景・遠州七不思議の歌など、郷土色豊かな作...