浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
中世編 第五章 戦国時代 第七節 宗教と文化 文化
歌壇
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
歌壇においては、『新続古今集』(一四三四)で勅撰集はたえ、正徹(一三八一-一四五九)
からのち室町時代には特筆される歌人がでなかっ...
古代編 第六章 奈良・平安時代の文化 第三節 勅撰和歌集と紀行文 勅撰集と私家集
[勅撰集と私家集]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
圧せられながらも確実に存続した。そして平安の中期、国文学隆昌の時運に乗って文芸の
中核たる地位を占め、古今集以下、勅撰和歌集の撰修事業は、室町時代の中ごろまで、二
十一回にわたって絶えることなくつづけられたので...
中世編 第二章 鎌倉時代 第六節 宗教と文化 文化
文学
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
鳥羽上皇(一一八〇-一二三九)が歌人を指導し、完成のために努力をかたむけた『新古今
和歌集』がある。『古今集』以下平安朝の和歌とちがい、みずみずしい象徴的な詩歌美の
世界をつくっている。これは、古代貴族文芸の最...
中世編 第三章 南北朝時代 第五節 宗教と文化 文化
有職故実
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
貴族は有職故実(ゆうそくこじつ)の学問をさかんにした。さらに『万葉集』『古今集』『
伊勢物語』『源氏物語』など、日本古典の研究につとめ、註釈書をあらわした。これらの
研究は、東山時代...