浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第一項 地域経済の再建 遠州地方産業復興協議会の結成
労働組合運動 労働三法
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
にあった。民主化政策の一つに労働組合結成の奨励があった。特に、戦時中に弾圧され、
解散を余儀なくされた労働組合運動は、GHQの指令によって奨励されることになった。こ
の時期に労働組合運動が高揚した背景には、労働組合法...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第一項 市民生活の向上 所得の増加と豊かな消費生活・貯蓄・消費者教育
[所得の増加と豊かな消費生活・貯蓄・消費者教育]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
得の上昇には、後述するように、この時期の労働力不足に対応しようとした企業側による
待遇改善努力とともに労働組合運動の高揚も大きな力となっていた。【移動消費者センタ
ー車】高度経済成長に伴う物価上昇に対抗して、勤労者は...
第四章 市制の施行と進む近代化 第三節 社会運動 第二項 労働運動と小作争議 大正期の労働状勢
浜松の労働組合結成の動き 最初の犠牲者
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
場の最初の犠牲者であった。そして残った組合員には転勤・昇給遅延・脱退の強要などが
行なわれ、評議会系の労働組合運動は当局のすばやい弾圧によって芽を出すにいたらなか
った。なお組合が解散となるのは翌年(昭和二年)の四月...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 日本楽器における労使関係の再編
[日本楽器における労使関係の再編]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
れにより、経営権の独立性が大幅に拡大したのに対し、労働権は一定の枠に制限されたの
である。このことは、労働組合運動の政治的性格を排除し、主として賃金を中心とする経
済的要求の枠内にとどめる意味を持っていた。このような...
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第二項 社会運動 四 労働運動の激化・弾圧・分裂 メーデーの復活と争議の激化
[メーデーの復活と争議の激化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
片山内閣の誕生につながった。労働組合戦線は三月に全国労働組合連絡協議会が結成され
た。一方で、これまで労働組合運動を指導してきた産別会議は衰退への転機ともなった。