浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第一項 高度成長と地域経済 雇用の拡大と集団就職
[雇用の拡大と集団就職]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
料の確保や失業対策の名目で農村部へ送り込まれたからである。しかし工業部門は昭和三
十年代の中頃を転機に労働力不足に苦しむことになっていった。重化学工業を中心にした
高度成長は農業から工業へ、地方から大都市圏へ大きな...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第二項 雇用と労働・社会運動 警職法・安保闘争と労働条件改善への取り組み
[警職法・安保闘争と労働条件改善への取り組み]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
から三十七年にかけて賃上げを要求して時限ストを何度か敢行している。【定年延長】高
度経済成長期、企業は労働力不足に悩み、打開策の一つとして、それまで五十五歳であっ
た定年の延長が模索されていた。この年齢は働き盛りで...
第五章 太平洋戦争と浜松 第一節 戦時体制下の浜松 第二項 全市をあげて戦力充実へ 統制経済の進行と産業の両編成
徴用令
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
四年七月公布)によって陸海軍工廠や軍需工場へ徴用されて、軍需物資の生産拡充に向け
られたのであった。【労働力不足】前頁②表は浜松市内徴用人員数であるが、それでも労
働力の不足は工業・交通方面に及び、十八年以降は一般...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第四項 農業・漁業の復興 一 農業の復興と農村の民主化 戦後の農村工業
[戦後の農村工業]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
ある。昭和十六年では茶畑二百六十三町歩で三十五万八千三百五十円の生産高を誇ってい
たものの、戦争による労働力不足や食糧増産のため整理・転換が行われ、戦後昭和二十一
年には四十町歩まで減少した。しかし、戦後の食糧輸入...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第四項 農林水産業の展開 一 農業の発展 温室園芸とビニールハウスの普及
[温室園芸とビニールハウスの普及]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
め生産性を上げる必要があり、その手段として商品作物である野菜などに取り組んだので
ある。戦時中は資材と労働力不足で自然休業状態になった。戦災による被害は約一千坪に
及び、戦後一時的に激減を余儀なくされた。昭和二十二...
第三章 発展への基礎づくり 第七節 社会 第一項 市民生活の向上 依然続く住宅難
[依然続く住宅難]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
口の増加】なお、住宅不足が続いた理由の一つに市外から転入する人口の増加があった。
商工業の発展によって労働力不足となり、多くの労働者が流入してきたのである。人口総
数から本籍人口を差し引いた人口は昭和三十二年四月で...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第一項 高度成長と地域経済 所得倍増政策と消費の拡大
[所得倍増政策と消費の拡大]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
現することによって国民所得の倍増を図ろうとするものであった。高度成長も後半(昭和
四十年以降)になると労働力不足から勤労者の賃金も上昇し、さらに労働生産性の上昇と
勤労者の賃金上昇がリンクするようになっていった。表...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第一項 高度成長と地域経済 集団就職の第一陣、遠州織物工業組合へ
[集団就職の第一陣、遠州織物工業組合へ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
十四人)で長い汽車の旅のつかれもみせず、希望にみちた表情で元気に浜松の第一歩を踏
んだ。特に繊維業界の労働力不足は深刻で昭和四十二年当時において、業界全体の新規中
卒者に対する求人数は五千七百九十五人であるのに対し...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 繊維産業の動向
繊維産業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
剰を招いていったのである。【構造改善事業】高度成長期の繊維業界は二つの大きな問題
を抱えていた。一つは労働力不足による賃金の上昇であった。もう一つは国際環境の変化
である。業界では慢性的な人手不足への対応として、普...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第五項 漁業の近代化 ウナギの養殖
ウナギ養殖
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
、稲作による収入より高い水田貸付料を得られるといったことがあった。水田を養鰻池と
して貸す農家にとって労働力不足や減反政策による稲作への不安があったため、水田を貸
し付け、貸付料として十アール当たり年間四万から四万...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第一項 市民生活の向上 所得の増加と豊かな消費生活・貯蓄・消費者教育
[所得の増加と豊かな消費生活・貯蓄・消費者教育]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
庫を介して企業の設備投資資金となっていった。また、勤労者の所得の上昇には、後述す
るように、この時期の労働力不足に対応しようとした企業側による待遇改善努力とともに
労働組合運動の高揚も大きな力となっていた。【移動消...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第一項 市民生活の向上 南米移民の奨励と終わり
南米移民
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
九月五日号)。浜松市では昭和二十七年から同三十七年度までに七十八人が移住した。し
かし、高度経済成長で労働力不足が言われ出した昭和三十六年度を境に移住希望者は急速
に減少している。昭和三十八年度に浜松市は国の集団移...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第七節 社会 第二項 低成長期の労働運動と高齢者・婦人の就労 定年制の延長と高齢者無料職業紹介所
[定年制の延長と高齢者無料職業紹介所]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
人口が総人口に占める割合が七%以上)に近づき、同六十年には約九・三%になった。昭
和四十八年、好景気で労働力不足が深刻化する中、「老年層や身障者の働く場所を、これ
から考えていかなければ」と鈴木自動車の鈴木實治郎社...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 産業の空洞化と外国人労働者の増加
[産業の空洞化と外国人労働者の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
げられる。同六年以降の円安傾向の下でもブラジル人が増えていったのは、自動車産業を
中心に輸出が好調で、労働力不足を補うため雇用を拡大したためである。今後、地域社会
にとって、外国人との言語や生活文化の違いを、どう乗...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第一項 バブル崩壊と長い不景気下の生活 入管法の改正と日系ブラジル人の増加
[入管法の改正と日系ブラジル人の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
】これらの自治体は、製造業の盛んな地域であり、昭和五十年代後半から六十年代にかけ
て好景気の中で、単純労働力不足が深刻化していた。この頃、ブラジルでは極度のインフ
レと通貨の不安定化が進行し、経済状況が悪化していた...