浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第一項 低成長下の地域経済 低成長時代と地域間格差の拡大
[低成長時代と地域間格差の拡大]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
済計算年報』平成3年版より作成注:純輸出は、輸出一輸入図3-25県民所得の伸び率の推移
(対前年比)【加工組立工業輸出主導型成長】しかし成長率が大きく後退したにもかかわら
ず三~五%の成長率を維持できたのはなぜか。表...
第一章 現代総説(上)
[現代総説(上)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
域の産業構造は一部の完成品メーカーと多数の中小零細部品メーカーに再編され、組織化
されていった。浜松は加工組立工業都市として成長していったのである。この低価格量産
化は、固定相場制や変動相場制での円安傾向の下、地域産...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 オートバイ工業の勃興とメーカーの乱立
オートバイ工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
し得たのは二輪車工業の勃興に負うところが大きかった。第二に、二輪車工業の成長は戦
後の浜松の産業構造を加工組立工業として特徴付けるものになった。特に、地域の三大メ
ーカーであるホンダ・スズキ・ヤマハが、いずれも二輪車...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
成長率は低かったものの、他の先進国に比べると高い水準にあった。それは自動車・家電
製品・事務機器などの加工組立工業が主導産業になり、それらの製品の輸出による輸出主
導型成長によってもたらされた。しかし、この成長は日米...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 浜松地域テクノポリスの完成と先端産業
浜松地域テクノポリス
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
に中小企業の先端産業化には人材確保(マンパワー)が重要な意味を持つ。産業都市浜松が
もともと抱えている加工組立工業中心、垂直分業型、低価格量産技術中心といった構造的
制約を乗り越えて、多様性に富んだ集積構造、高度かつ...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 オートメーション化による大量生産方式の導入
[オートメーション化による大量生産方式の導入]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
戦後の産業都市浜松は加工組立工業(楽器、輸送機械など)を中心に発展してきた。この
発展は大量生産方式の導入によってもたらされたと言える...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
の破産中心商店街活性化とザザシティの建設大店立地法への移行と郊外型大規模店の急増
浜松商圏の縮小第三項加工組立工業から先端産業へ一〇二〇浜松地域テクノポリスの完成
と先端産業浜名湖国際頭脳センターの設立平成不況下の地...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 地域工業の成長と構造変化
[地域工業の成長と構造変化]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
、「その他の工業」は二十・七%を占めるまでになった。地域産業をリードしたオートバ
イと楽器は、いずれも加工組立工業としての特徴を持っており、多くの中小零細企業を下
請け企業として組織化し、下請け、再下請けを通じて地域...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 中小企業の工場団地と工場アパートの立地
[中小企業の工場団地と工場アパートの立地]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
大産業と呼ばれた繊維、楽器、オートバイの各産業が成長し、さらに高度成長後も、わが
国の主導産業になった加工組立工業が多く集積していたためである。第二に、政府が行う
中小企業への産業政策が積極的に導入された。高度成長期...