浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
中世編 第二章 鎌倉時代 第一節 鎌倉幕府の成立 源氏と平氏
保元の乱と遠江の武士
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
一一五六)がおこる。このときに遠江国の横地太郎長重・勝間田平三成長・井伊八郎は、
源義朝に味方した(『保元物語』)。井伊八郎の武士団の規模は不明だが、当市にあたる地
区の人びとも従軍したと考えられる。また「遠江国...
中世編 第二章 鎌倉時代 第六節 宗教と文化 文化
文学
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
に物語を語りあるく琵琶法師は、身分の低い盲目の賎民たちであった。このような語(か
た)りをもとにして『保元物語』・『平治物語』から『平家物語』が完成した。内乱でゆ
れ動き、保守と革新が争いながらもしだいに武士の世...
中世編 第二章 鎌倉時代 第六節 宗教と文化 文化
芸能
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
たちにより語り伝えられた。これが平曲(へいきょく)である。鎌倉時代になると『平家物
語』だけでなく、『保元物語』・『平治物語』などを語る琵琶法師の存在が記録にみえて
くる。鎌倉時代には武士・僧など、ひろい階層の人...