浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
浜松市立県居公民館『学びの里 祈りの丘』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
2000年⇒ 小見出しを表示しない目次ページ画像【昭和22年撮影航空写真】【平成7年
撮影航空写真】【伊場遺跡出土木簡】はじめに第一章浜松のあけぼの1一浜松が形成され
るまで2(一)伊場遺跡と伊場遺跡群2【栗...
第四章 市制の施行と進む近代化 第一節 市政の動き 第二項 市政の展開 地籍整理と新生の町々
大字制度 新町名
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
改称)・元目町(げんもくちょう)(大字元城の内の元目)・中山町(なかやまちょう)(中山は
小字名)・東伊場町(ひがしいばちょう)(大字伊場の改称)・西伊場町(にしいばちょう)(通
伊場西)・森田町(もりたち...
第三章 発展への基礎づくり 第九節 文学・文化 第六項 郷土研究 『伊場遺跡』の刊行
[『伊場遺跡』の刊行]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
國學院大學伊場遺跡調査隊の編集による『伊場遺跡―西遠地方に於ける低地性遺跡の研究
―』が、浜松市文化財調査報告書とし...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第九項 文化一般 伊場遺跡
伊場遺跡
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【高柳智】伊場遺跡が、一世紀後半から二世紀代の弥生時代集落の在り方を伝える遺跡と
して、また律令制度の下での地方官衙...
第三章 発展への基礎づくり 第六節 交通・通信 第七項 道路と橋梁 道路延長の急伸と街路計画の進展
[道路延長の急伸と街路計画の進展]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
町25Ⅱ. 1. 6浅田明神野線浅田・可美20Ⅱ. 2. 1旭中田島線砂山・中田島16Ⅱ. 1. 7伊場
可美線西伊場・可美20Ⅰ. 3. 4伝馬雄踏線伝馬・入野25Ⅱ. 1. 8広沢入野線広沢・入野20
Ⅰ...
原始編 第四章 弥生時代 第三節 伊場遺跡 発見と調査
[発見と調査]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
伊場遺跡については、以下、国学院大学伊場遺跡調査隊編の学術調査報告書『伊場遺跡』
にもとづいて記述を進める...
原始編 第四章 弥生時代 第三節 伊場遺跡 遺跡の構造
遺跡の範囲
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
調査の行なわれた範囲が、約二三〇平方メートルで、その中に狭義の伊場遺跡が大体収ま
っていたらしい。したがって遺跡の規模としてはきわめて小さいものであったことが知ら
れる。...
原始編 第四章 弥生時代 第三節 伊場遺跡 伊場式土器
伊場遺跡出土の土器の特徴
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
伊場遺跡出土の土器群(第20図)を、全体として他の地域の土器と比較すると、愛知県下の
ものにきわめてよく類...
原始編 第四章 弥生時代 第三節 伊場遺跡 伊場式土器
愛知県とのつながり
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
、縄文土器との大きな相違点のひとつに数えられている。①は、その源流が近畿地方に求
められるのであって、伊場遺跡の土器が大きく櫛描文土器群の仲間にはいる証拠とされる
のであるが、この時期には近畿地方ではすでに櫛...
原始編 第四章 弥生時代 第三節 伊場遺跡 伊場式土器の年代と分布
伊場式土器の分布
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
このような伊場式土器の特徴は、そのまま年代を示す特徴でもあって、東海地方の後期前
半の時期を代表するものである。それ...
第五章 太平洋戦争と浜松 第二節 焦土と化した浜松 第一項 空襲下の浜松 連日連夜の空襲
一月の空襲
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
人,軽傷者3人,全壊4戸半壊6戸,小破27戸,全焼35戸,半焼10戸1120.3.4250キロ爆弾東
伊場町 泉町 高林町曳馬町(B29)2機,爆弾13箇7.30死者8人,重傷者14人,軽傷者33人
全壊4戸...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 荘園
木寺宮領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
・息神社所蔵棟札にもある(浜名郡雄踏町宇布見)岡部郷同上同上賀茂別雷神社文書・岡部
文書等にもある(東伊場町)寺島同上同上永禄12家康安堵状には寺島郷(寺島町)大窪郷同上
大福寺文書阿多古郷のうち,大窪寺(鴨...
第五章 交通・産業経済の発展と町や村の生活 第二節 交通の発達 浜松宿の助郷
助郷村の負担
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
では助郷村には年間を通じてどのくらいの人馬割当の負担がかかっていたのであろうか。
伊場村】一つのケースとして伊場村の場合を挙げてみよう。この村は浜松宿からわずか
二回の近距離にあって元禄十...
あとがき・附録・索引・奥付
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
山内泉昭和25年7月発行2-77『ユネスコ月報』No.6浜松ユネスコ協力会1949年5月発行2-78
伊場遺跡東側入口浜松市立中央図書館所蔵 第二章表(政治)2-1街路計画財団法人
都市計画協会建設...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第一節 政治・行政 第二項 市民本位の政治 住居表示の実施
[住居表示の実施]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
と第一次計画(昭和三十九~四十一年度)では浜松城を中心に、北は和地山、中沢、船越
、西は広沢、鴨江、西伊場、南は国道一号線(駅前付近を含む)、東は馬込川で囲まれた
地域の四十八町、第二次計画(同四十二年度以降...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第三節 教育 第五項 各種学校と専門学校 各種学校の発展
各種学校
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
年)表2-12昭和45年度の浜松市の各種学校部門校名所在地部門校名所在地洋・和裁○笹田
文化服装学院東伊場一丁目珠算浜松山下珠算学校山下町○サイトウ洋裁学院高町○浜松渥
美珠算学校寺島町○浜松文化服装学院松城...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第六節 交通・通信 第一項 国鉄・JR東海 一 東海道本線の高架化 高架化工事の開始
東海道本線高架化事業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
伊場遺跡】昭和四十七年二月八日に市民の宿願であった東海道本線高架化事業が、同年
二月十日には高架化に伴う浜...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 浜松市博物館の開館
[浜松市博物館の開館]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
こうして、蜆塚に出来た出土品収蔵庫と陳列館の二つは浜松城の市立郷土博物館の蜆塚分
館とされた。【浜松市伊場遺跡資料館】太平洋戦争の末期、名古屋鉄道局浜松工機部付近
はアメリカ艦隊の激しい艦砲射撃にさらされたが...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第九節 文学・文化 第七項 文化一般 鳥居松遺跡からの家形土器の出土
[鳥居松遺跡からの家形土器の出土]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
社員寮の建設に伴う事前の試掘調査で発見された。その立地から、三重の環濠を持つこの
地域の中核集落である伊場遺跡の周辺集落の一つとして位置付けられた。【家形土器】家
形土器は、その鳥居松遺跡から平成十四年一月、...
目次
原始編
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
農業のはじまり第二節弥生文化の成立一五一前期弥生文化の波及低湿地の形成中期弥生文
化の波及と定着第三節伊場遺跡一六〇自然環境発見と調査遺跡の構造出土遺物伊場式土器
伊場式土器の年代と分布第四節後期弥生文化の展...