浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
展27(八)戦後の浜松の発展30第二章文化人35一文学36【鷹野つぎ藤枝静男埴谷雄高田紳
有楽】36【井上中島敦浜松中学校浜松西尋常小学校】39【百合山羽公海坂相生垣瓜人浜
松工業学校木下恵介藤沢周平】40...
第四章 市制の施行と進む近代化 第七節 文化 第六項 詩 大正時代
中道朔爾異礼
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
り『日本詩人』に作品を発表している。また永田武之(三木露風門下)・後藤國道なども詩
作をしている。なお井上の詩集『北園』には、少年時代をすごした浜松の思い出が詩と
してのせられている。...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第四節 宗教・倫理 第二項 教団・宗派の教化活動 教化活動の現れ
[教化活動の現れ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
れて帰郷、そのまま病の床に就いた。十一月三日、病床で手帳に「雨ニモマケズ」で始ま
る独白を書き残した(井上ひさし著『宮澤賢治に聞く』)。この詩は宗教的理想と実践活動
とによって育まれた精神が言語化されたもので...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第九節 文学・文化 第一項 文芸界の動き 文学散歩と文学碑
[文学散歩と文学碑]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
。当書はB6判、百八十頁。目次を見ると、まず「序文」とあるが実際には載せられていな
い。「カマイタチ 井上 詩集〈北国〉」以下六十四項目が並べられていて最後に「あと
がき」とある。その「あとがき」によれば、...