浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
77一工業78(一)遠州織物の芽生え78(二)染色の沿革78【岡染硫化染料西遠染色常盤町
竜西色染整理中沢町日本織物整理】78(三)織物機械は手織機から足踏機へ79(四)力織
機(動力織機)の試験的導入80【...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第一項 敗戦前後の医療・厚生体制 病院再興と新設
浜松診療所
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
他方、紛らわしい名称であるが、市内中沢町に「浜松診療所」があったことが、『浜松市
戦災史資料』四に記載されている。すなわち、「衛生・医療関係...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第一節 政治・行政 第二項 市政と市民生活 墓園と斎場会館
墓地
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【住吉墓園中沢墓園三方原墓園】市内の墓地には宗教法人の所有する墓地、公有・共同墓
地、市営墓地、個人の墓地などがある...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第一節 政治・行政 第二項 市民本位の政治 住居表示の実施
[住居表示の実施]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
た。市の住居表示実施計画によると第一次計画(昭和三十九~四十一年度)では浜松城を
中心に、北は和地山、中沢、船越、西は広沢、鴨江、西伊場、南は国道一号線(駅前付近
を含む)、東は馬込川で囲まれた地域の四十八町...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第六節 交通・通信 第五項 道路 道路の改良・舗装と国道昇格
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
線のそれを上回り、日常的な交通渋滞に見舞われていた。【バイパス】このため市では、
①助信三方原線のうち中沢町─幸町間(二・五キロメートル、通称住吉バイパス)を開通さ
せ、恵那浜松線と飯田浜松線を結んで住吉町以...
第三章 町制の施行と浜松町の発展 第一節 浜松町の誕生と町政の展開 第一項 浜松町の誕生 町制の施行
町制施行 敷知郡浜松町 大字制度
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
村名大字名役場位置敷知郡(26か町村)浜松町(大字名省略)浜松紺屋曳馬下村上池川下
池川野口八幡一本杉中沢助信新津茄子一色高林島ノ郷早出十軒新田細島新田船越一色上島
(明24.6.11曳馬村と改称)中沢三方原...
第四章 市制の施行と進む近代化 第一節 市政の動き 第二項 市政の展開 地籍整理と新生の町々
大字制度 新町名
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
各一部一部を東田・田・早馬・八幡の各町へ編入野口町のぐちまち〃野口船越一色・八幡
の各一部一部を山下・中沢・船越・八幡・元浜の各町へ編入八幡町はちまんちょう〃八幡
田・常盤・早馬・野口の各一部一部を常盤・野口...
第二章 復興への努力と民主主義 第一節 政治・行政 第一項 戦災と復興、藤岡市政の展開 戦災都市の指定と復興計画
土地利用計画
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
さるⅠ15高林和田線高林町和田村大字永田細島町上西町36〃(変更) 昭和29年に街路番
号Ⅱ.2.6号中沢和田線、起点中沢町80番地先、終点和田町永田1,174番地先、幅員16メー
トルとしたⅠ16龍禅寺中ノ...
第二章 復興への努力と民主主義 第八節 医療・厚生 第一項 敗戦前後の医療・厚生体制 病院再興と新設
病院・診療所の再開
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
史』の冒頭の年表および巻末のコラム欄(七五九頁)には、浜松市綜合診療所が新設され
た記事がある。場所は中沢町で、医師は浜松市医師会からの派遣によるものという。この
コラム欄(横書)には次のように書かれている(...
中世編 第二章 鎌倉時代 第五節 社会と経済 荘園
木寺宮領
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
内加保村建武3山内首藤文書地頭職『あづまの道の記』に見える山内刑部少輔はこの子孫
であろう(1336)中沢天正18.12.26常楽寺文書(中沢町)(1590)(浜松市史史料編二)鴨江・山
田・助信村慶長8.9...
第七章 文化の興隆 第二節 国学 賀茂真渕を育んだ浜松
真渕の父母
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
妻の墓教興寺】真渕の法名「梵行院浄阿光順居士」と連記した妻の墓は、もと伝馬町の教
興寺にあったが、近年中沢町の浜松市霊地(市営墓地)に移された。法名は「名声院超弌清
寿大姉(ちょういちせいじゅだいし)」といい...
第四章 市制の施行と進む近代化 第一節 市政の動き 第二項 市政の展開 合併五町村の概要
曳馬町
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
早出・細島新田・十軒新田・島之郷・高林・助信・新津・茄子一色・船越一色・野口・八
幡・下池川・上池川・中沢の十六か村を大字として自治村となり曳馬下村と称したが、明
治二十四年六月十一日曳馬村と改称した。大正五...
第四章 市制の施行と進む近代化 第一節 市政の動き 第二項 市政の展開 都市計画と耕地整理
耕地整理
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
果したのであった。(表)耕地整理組合1浜松北部耕地整理組合①大正11.6②野口・八幡・
元浜・上池川・中沢③80町歩④22万円⑤274人⑥3か年2浜松東部耕地整理組合①大正12.6
②相生・佐藤・天神・中島・...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第三項 社会施設 市営市場と市営住宅
浜松市営住宅
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
鴨江(鴨江町)に三十五戸が建設された。これが市営住宅の最初で、十五年鴨江町二十四戸
、佐藤町二十四戸、中沢町二十六戸、昭和三年上池川町に三十戸と計百五十四戸が建設さ
れたが、昭和二十年の戦災で中沢町・上池川町...
第四章 市制の施行と進む近代化 第六節 市民生活の向上 第三項 社会施設 塵芥場
火葬場
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
火葬場従来私設で、下池川字天林寺山と福地字西方の二か所に分散していたが、大正十三
年四月市内大字中沢(中沢町)に片山式火葬竈という最新式の設備を以て設置され、従来の
ものは十四年六月限りで廃止された。こ...
第五章 太平洋戦争と浜松 第一節 戦時体制下の浜松 第三項 決戦体制下の教育 学徒動員
学校工場 勤労令 授業停止
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
木工KK浜名郡舞阪町浜松市立市立浜松高女530豊川海軍工廠豊川市死亡14180日本楽器浜松
工場浜松市中沢町4100富士紡績(後豊川工廠に合併)浜名郡湖西町鷲津3100日本無線浜松
市伊場町350東京無線〃〃...
第五章 太平洋戦争と浜松 第二節 焦土と化した浜松 第一項 空襲下の浜松 連日連夜の空襲
一月の空襲
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
箇2.35死者2人,重傷者1,軽傷者3人全焼243戸,半焼9戸1620.5.25〃広沢町 上池川町
町(B29)2機,焼夷弾668箇,重傷者1人11.53〃軽傷者7人,全焼72戸,半焼2戸1720.5...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 オートバイ工業の勃興とメーカーの乱立
オートバイ工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
品〃北寺島町(株)桜井製作所桜井定芳軽オートバイ部分品〃新津町タツミ製作所市野巽
軽オートバイ部分品〃中沢町藤田鉄工所藤田明軽オートバイ部分品〃中沢町和多田幸一軽
オートバイ部分品〃西伊場町菱田鉄工所菱田悌軽...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 化学、ゴム工業の勃興
化学工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
などがある。東京セロファン紙株式会社は、その前身を日本ビスコースといい、昭和六年
(一九三一)に浜松市中沢町に設立された。同九年には曳馬町にも工場を建設し、同十一
年には東京セロファン紙と合併し、中沢工場は閉...
第三章 発展への基礎づくり 第六節 交通・通信 第七項 道路と橋梁 道路延長の急伸と街路計画の進展
[道路延長の急伸と街路計画の進展]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
口20Ⅰ. 3.22八幡植松線八幡・植松25Ⅱ. 2. 5海老塚白羽線海老塚・白羽16Ⅱ. 2. 6中沢
和田線中沢・和田16Ⅱ. 1. 3鍛冶元浜線鍛冶・元浜20Ⅰ. 1. 6龍禅寺中ノ町線龍禅寺・中
野町...