浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第七章 文化の興隆 第二節 国学 賀茂真渕を育んだ浜松
真渕の父母
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
妻の墓教興寺】真渕の法名「梵行院浄阿光順居士」と連記した妻の墓は、もと伝馬町の教
興寺にあったが、近年中沢町の浜松市霊地(市営墓地)に移された。法名は「名声院超弌清
寿大姉(ちょういちせいじゅだいし)」といい、...
まえがき・目次
写真・図版目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
真淵筆臨江寺歌会詠草(浜松市元魚町三浦巌氏蔵)四九五内山真竜筆賀茂真淵像四九九賀
茂真淵夫妻墓(浜松市中沢町浜松市霊地)五〇一賀茂真淵筆植田喜右衛門・同七三郎宛書
簡(浜松市立図書館蔵)五〇五賀茂真淵著万葉集遠...
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 浜松の寺院
真宗
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
ら移って善正寺と称したのは元亀二年という。蓮華寺(紺屋町、前述第二章第六節参照)。
齢松寺(後道、現在中沢町)開創は明応九年という。
第七章 文化の興隆 第一節 寺院と神社 浜松の寺院
時宗
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 ニ
時宗教興寺(伝馬町、現在中沢町)開創は遊行僧教興。勘間道場と称した。初め勘間(今の
馬込という)にあったためという。朱印六十五石。塔...