浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 平成不況の長期化と景気回復の遅れ
[平成不況の長期化と景気回復の遅れ]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【平成不況の長期化】九〇年代の平成不況の特徴は不況の長期化と回復の不明確さにあっ
た。表4―15において各需要項...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
期は平成三年から同十六年までの十四年間で平均してほぼゼロ成長に近い年率〇・九%を
推移し、いわゆる平成不況の時代である。経済成長率のこのような変化の背景には体制、
枠組みの揺らぎや構造的変化といった質的問題が...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第一項 バブル崩壊と長い不景気下の生活 平成不況と市民生活
[平成不況と市民生活]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
水準より、まだ二割強高い』として、引き続き土地取引の適正化を指導する方針」である
と伝えていた。【平成不況】平成四年八月、ハローワーク浜松(浜松職安)は、中学生と高
校生(平成五年三月卒業予定の新規学卒者)へ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 繊維産業の消長と構造的問題
繊維業界
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
繊維業界は過剰設備を抱え、さらに中国からの追い上げにより構造不況業種と呼ばれた。
構造不況から脱け出し、生き残る手段として織機の共同廃棄が行われた。共同廃棄とは日
本綿...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 平成不況下の地域産業(自動車産業へ特化)
輸送機械工業へ特化
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
バブル崩壊以降、日本経済は長い不況のトンネルから抜け出すことが出来ず、〝失われた
十年〟とも言われた。この時期、浜松の地域産業は、ますま...
第三章 発展への基礎づくり 第七節 社会 第二項 展開する社会運動 一 転機に立つ労働運動 神武景気と雇用、集団就職
[神武景気と雇用、集団就職]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【神武景気】朝鮮戦争の休戦以来、不況風が吹き始めた。遠州地方も例外ではなく、これ
により繊維だけでなく、多くの産業の中小企業は操短、工員の...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
教育タガログ語・英語によるミサ『浜松教会百年史』の完成教会堂にあふれる音楽第五節
産業・経済第一項平成不況下の地域経済九九八バブル経済の崩壊と不良債権問題超低金利
政策とその問題点金融機関の破綻と金融再生法金...
浜松市 合併町村史 引佐町史 下巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
の編さん■■549  ■■第五章昭和恐慌と戦時体制■■■■■■■■■■第一
節農村不況下の引佐地域■■555■■■■■■(一)緊縮財政下の引佐地域■■555■■■■
■■■■1公私経済緊縮...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第一項 低成長下の地域経済 変動相場制への移行と経済界
[変動相場制への移行と経済界]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
い浜松の三大産業は、大きな影響を受けることになった。なかでも繊維業界はオイルショ
ックによる打撃と円高不況が重なり不況が構造化していった。この時期の不況の原因は、
円高のなかで東南アジア、韓国、中国産の安い輸...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第四節 宗教・倫理 第一項 バブル経済期の伽藍構築 経年老朽化寺院の再建
[経年老朽化寺院の再建]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
平成三年から顕著になった平成不況は、バブル経済の後遺症として金融機関は多額の不良
債権を抱え、金融逼迫(ひっぱく)が実体経済の不況に波...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 消費税引き上げとデフレ不況
[消費税引き上げとデフレ不況]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
は、①十分に景気が回復しない段階で導入されたこと、②逆進的性格を持つ増税であった
ことなどにより、平成不況の性格をデフレ不況といったものに変質させていった。
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 不況と地域振興券
[不況と地域振興券]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【地域振興券】バブル崩壊以降、不況の長期化と消費税引き上げによって個人消費は落ち
込み、消費不況といった状況を生み出した。そこで政府は直...
第四章 市制の施行と進む近代化 第二節 近代産業の発達 第二項 工業 昭和期の工業
昭和不況
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
大正九年の株式大暴落、十二年の震災恐慌、昭和二年の金融恐慌、四年からの世界恐慌と
あいつぐ不況の中にあって一時は中間景気で生産を続けた浜松地方産業界も、昭和に入っ
てその生産高において停滞を続けた...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 好景気と不景気下の遠州織物
[好景気と不景気下の遠州織物]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
かし、昭和二十六年になると休戦会談が始まり、朝鮮戦争は小康状態になった。その結果
、繊維業界はたちまち不況に陥り、二十七年三月から紡績業は四割の操業短縮を実施せざ
るを得なくなった。これに対し、繊維業界は原料...
第三章 発展への基礎づくり 第七節 社会 第二項 展開する社会運動 一 転機に立つ労働運動 朝鮮特需と不況期の雇用
[朝鮮特需と不況期の雇用]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
り、二十七年三月には紡績会社の四割操業短縮が行われ、多くの関連産業で人員整理が行
われるなど、一転して不況となった。その結果、浜松職業安定所管内では、同年五月の失
業者は四月より六十四%増加し、前年同期より約...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第七節 社会 第二項 低成長期の労働運動と高齢者・婦人の就労 週休二日制の実施
週休二日制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
っていた(『静岡新聞』昭和四十八年十二月十二日付)。この週休二日制は、昭和四十八年
末の石油危機による不況が深刻になってきた翌年二月の段階でも「県内企業でも普及急ピ
ッチ」と報じられていた(『静岡新聞』昭和四...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 超低金利政策とその問題点
超低金利政策
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
)急激な円高によって、平成七年以降は金融機関の破綻が相次いだ。金融システム崩壊を
懸念した日本銀行は、不況による民間資金需要の減退と円高対策として超低金利政策に踏
み切った。バブル時の平成二年八月に六%だった...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 浜松地域テクノポリスの完成と先端産業
浜松地域テクノポリス
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
』五産業史料82参照)。しかし、企業の進出は、必ずしも順調に進んだわけではなかった
。バブル崩壊以降の不況の長期化に伴い業績が悪化したため、新たな設備投資を控える企
業も出てきた。平成五年二月段階で未着工企業...
浜松市 合併町村史 浜北市史 通史 下巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
■■■■■赤佐村の民力涵養実行要目■■637■■■■■■小野口村自治会の構成■■640
■■■■3農業不況と村民の負担■■644■■■■■■五ヵ村の負担の比較■■644■■■
■■■選挙権の拡大と郡制廃止■■...
浜松市 合併町村史 三ヶ日町史 下巻
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    合併旧町村史
■■第一節世界大戦とその時代■■二一三■■■■一、日本の参戦と大陸政策■■二一三
■■■■二、好況から不況へ■■二二〇■■■■三、東浜名・西浜名の動き■■二二二■
■第二節産業の発達■■二二五■■■■一、伸び...