浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 鈴木自動車工業とヤマハ発動機の誕生
ヤマハ発動機
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【ボート船外機】ヤマハ発動機株式会社が設立されたのは、「赤とんぼ」の生産が軌道に
乗った昭和三十年七月一日のことで、日本楽器からの...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 オートバイ工業の勃興とメーカーの乱立
オートバイ工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
郎本田技術研究所カブ号本田技研工業鈴木式織機パワーフリー号コレダ号日本楽器YAMAHA
125赤とんぼヤマハ発動機丸正自動車製造伊藤正ライラック号溝淵定北川自動車工業ライ
ナー号北川広司三協機械製作所SANKYO号ヤ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 企業の海外生産と販売会社設立
海外生産
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
い裾野を広げる関連中小企業や下請企業などの取引にも大きな影響を与え始めた。地域の
大手企業であるであるヤマハ発動機、日本楽器製造、河合楽器製作所、鈴木自動車工業が
海外に設置した生産、販売ネットワークは昭和五十六年時...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 輪送機械工業の躍進と汎用製品
FA化 ロボット化 汎用製品
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ヤマハ発動機】大手三大メーカーは円高による経済環境の変化とオートバイ市場の成熟
化に対応してFA化(生産工程の自動...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 輪送機械工業の躍進
オートバイ産業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
が最も成長した時期で、世界の三大メーカーの本田技研工業(以下、本田)、鈴木自動車工
業(以下、鈴木)、ヤマハ発動機(以下、ヤマハ)がその地位を確立していった時期でもあっ
た。昭和二十年代の後半から同三十年代の前半にか...
あとがき・附録・索引・奥付
主な参考文献
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
歩み』本田技研工業株式会社浜松製作所『社史』日本楽器製造株式会社『ヤマハ100年史
』ヤマハ株式会社『ヤマハ発動機50周年記念誌』ヤマハ発動機株式会社『楽器産業と地域
経済』静岡県立大学短期大学部経済学研究室『40年...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
バイの街・浜松〟になった。しかし、その後多くの中小メーカーは自然淘汰され、最終的
にはホンダ、スズキ、ヤマハ発動機が残ることになった。三大メーカーの生産拡大と海外
への輸出の伸長は常に新しい製品を生み出す技術開発力と...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第三節 教育 第六項 社会教育の進展 企業のスポーツ活動
[企業のスポーツ活動]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【河合楽器体操部日本楽器黒獅子旗日本楽器卓球部鈴木自動車工業陸上競技部ホンダサッ
カー部ヤマハ発動機サッカー部ジュビロ磐田】企業のスポーツ活動は親睦や福利厚生のた
めの小さなクラブ活動から、全国大会やオ...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 輪送機械工業の躍進と汎用製品
輸送機械工業の躍進
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
年代に入って幾つかの変化が表れてきた。第一に、変動相場制移行に伴う円高傾向のなか
で、ホンダ、スズキ、ヤマハ発動機といった三大メーカーと下請企業との利害が必ずしも
一致しなくなってきた。第二に、オートバイ産業は昭和五...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 各産業の変化と新動向
[各産業の変化と新動向]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
が急増した。これは中国や東南アジアなどの新興工業国においてオートバイの需要が拡大
しているからである。ヤマハ発動機では完成車生産が七十一万台(平成八年段階)であるの
に対し、KDセット生産は二百八十万セットに上り、一...
まえがき・もくじ
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
木式織機・日本楽器製造のオートバイ生産開始好景気と不景気下の遠州織物急増する楽器
生産鈴木自動車工業とヤマハ発動機の誕生本田の葵町移転と高台地区の工業化第四項農林
水産業の展開一農業の発展六七八揚水による米作の開始開...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第三項 三大工業の成長 鈴木自動車工業とヤマハ発動機の誕生
鈴木自動車工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【コレダ号】鈴木式織機株式会社は、昭和二十九年六月、ダイヤモンド・フリー号やコレ
ダ号の好成績を背景に...
あとがき・附録・索引・奥付
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
3-17鈴木自動車工業株式会社の協力工場自治タイムス社『静岡展望』第24号昭和30年1月
発行3-18ヤマハ発動機株式会社の協力・下請工場『遠州新聞』昭和32年8月23日付3-19温
室栽培の生産状況浜松市役所『続浜...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第五節 産業・経済 第三項 三大産業の成長 大手楽器メーカーの量産化と事業多角化
楽器産業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
に開発に着手、昭和三十年二月に「YAMAHA125」を発売した。同年七月にはオートバイ部
門を独立させヤマハ発動機株式会社を設立、本格的にオートバイ市場に参入した。さらに
、昭和三十三年のFRP材(ガラス繊維強化プラ...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第二項 雇用と労働・社会運動 警職法・安保闘争と労働条件改善への取り組み
[警職法・安保闘争と労働条件改善への取り組み]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
高度経済成長期は、浜松地区では多くの楽器メーカーやオートバイメーカーが日本楽器製
造、河合楽器製作所、ヤマハ発動機といった巨大メーカーに統合されていく時期でもあっ
た。昭和三十年には、東洋ピアノ、タイガー楽器、三和楽...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第一項 低成長下の地域経済 変動相場制への移行と経済界
[変動相場制への移行と経済界]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
は、円が一円上がれば数億円の被害が出ると言われており、事実、三大メーカー(本田技
研工業・鈴木自動車・ヤマハ発動機)とも円高によって利益を減少させた。さらに強い影
響を受けたのは、大手メーカーの下請企業で円高に伴って...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第三項 地域工業の変容と先端技術化 エレクトロニクス化が進む木工・工作機械工業
エレクトロニクス メカトロニクス
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
社名を遠州製作(株)とし、NCフライス盤の生産を開始するなど工作機械分野へ進出した。
昭和五十一年にはヤマハ発動機の受託生産を開始し、輸送機械分野の事業も取り入れた。
同五十九年頃からはライン型マシニングセンタや汎用...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第七節 社会 第二項 低成長期の労働運動と高齢者・婦人の就労 週休二日制の実施
週休二日制
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
浜松地方では昭和四十六年、安藤電気鷲津工場が最初であった。翌年、本田技研工業浜松
製作所、ヤマハ車体、ヤマハ発動機、三信工業、日本楽器製造などが採用し、同四十八年
三月までに十二社が完全実施に踏み切った。労働者の健康...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第三節 教育 第三項 大学教育 静岡県立大学短期大学部と静岡文化芸術大学の開学
[静岡県立大学短期大学部と静岡文化芸術大学の開学]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
学部長になったのは日本の工業デザイナーの第一人者の栄久庵憲司、彼は日本楽器製造の
ピアノやオーディオ、ヤマハ発動機のオートバイのデザインを手掛け、浜松とゆかりのあ
る人物であった。【浜松学院大学】ところで、静岡県立大...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 平成不況下の地域産業(自動車産業へ特化)
輸送機械工業へ特化
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
変更)は売り上げの五割を工作機械が占めていたが、国内企業の設備投資が低調であるた
め、比較的好調であるヤマハ発動機関連のバイクや船外機部品の製造にシフトしていった
。桜井製作所は売り上げの約三割が工作機械で、その六割...