浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第一項 敗戦後の市民生活 三 千円バラック・二千六百円住宅での生活 バラックでの生活
[バラックでの生活]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【防空壕千円バラック二千六百円住宅鈴木良バラック二千六百円住宅】浜松市は二十七回
にも及ぶ空襲と艦砲射撃により旧市街地の大...
第二章 復興への努力と民主主義 第六節 交通・通信 第一項 東海道本線と浜松駅 一 浜松駅の被害と復旧 バラック駅舎からの出発
[バラック駅舎からの出発]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
バラック駅舎乗車人数の急増】終戦直後の昭和二十年八月二十五日夜、雨の中を満員の
列車で復員した少年兵は、浜松駅...
まえがき・もくじ
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
強と金融機関の増加貿易の再開と生産の増加第二項中心街の復興二一三廃墟と化した中心
商業地とやみ市の発生バラックの商店とデパートの再開浜松商店界連盟の誕生浜松まつり
の開始浜松駅前繊維問屋街の誕生有楽街と浜松座通り...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第二項 中心街の復興 バラックの商店とデパートの再開
谷島屋書店 バラック建て
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
舗にしたが、これが街に営業再開の気運をもたらしたという。昭和二十一年三月には焼け
跡ばかりが目立つ街にバラックではない三角屋根の特色ある北欧風の書店が開店した。た
だ、これは例外で、ほとんどの商店は間口三間、奥行...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 鍋釜など日用品と千円バラックの生産開始
[鍋釜など日用品と千円バラックの生産開始]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【遠州織機東京セロファン紙】浜松の工業部門の再生の第一歩は、鍋・釜の生産やバラッ
の建築から始まった。遠州織機(昭和二十年十月までは遠州機械)は昭和二十年九月二
十五日に三百五十名の人...
あとがき・附録・索引・奥付
図・表一覧
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
1978年5月発行 (産業)2-31福徳定期預金の御案内上村家文書「重要通知書綴」2-3
2バラック商店街浜松商工会議所『目で観る産業浜松』1953年版昭和28年5月発行2-33浜名
用水の用排水系統図...
第二章 復興への努力と民主主義 第六節 交通・通信 第一項 東海道本線と浜松駅 二 駅舎の完成と電化 浜松駅移転構想と新駅舎
[浜松駅移転構想と新駅舎]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【運輸省構想電化優先新駅舎の落成】応急的なバラック駅舎の改築が急がれはしたが、こ
の問題は長年にわたって懸案となっていた高塚駅及び天竜川駅に向かって大き...
自然環境編 第三章 温暖な気候 第二節 適当な降水量 雨の多い夏
雪日数
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 一
ある。ただ浜松付近の沿岸平地では、季節風がとくに強く吹きすさむような場合に、時お
り風花(かざはな)がバラつくことがあるが、これとても積雪になるということはない。...
第五章 太平洋戦争と浜松 第一節 戦時体制下の浜松 第五項 東南海地震と浜松 被害状況
遠州灘海岸平野 天竜川平野 三方原台地
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 三
4,669.5坪,死亡2~3人鈴木織機KK全潰3,033.6坪高蔵寺全潰67.57坪工場被害の原因は
ラック造りのため,雀神社・春日神社拝殿各々半潰舞阪町116寺院全潰1棟,3分潰1棟,人
畜被害はない。橋はか...
第一章 現代総説(上)
[現代総説(上)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
焼失・破壊されたため、ふくれあがった一般乗客と復員・引揚者の受け入れと物流拠点と
しての役割を、応急のバラック駅舎で対応せざるを得なかった。浜松駅の戦後の本格的な
復興は、昭和二十三年十月、待望の新駅舎の完成と翌...
第二章 復興への努力と民主主義 第一節 政治・行政 第三項 坂田市政の展開 市役所の移転新築
[市役所の移転新築]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【浜松市役所】浜松市役所は終戦直後のバラック建築であったが、坂田市長は市役所の新
築よりは学校や図書館、消防署などの建築を優先させてきた。しかし、...
第二章 復興への努力と民主主義 第五節 産業・経済 第三項 工業等の復興 オートバイ工業の勃興とメーカーの乱立
オートバイ工業
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
究所を設立し原付自転車を製造・販売している。山下工場は、通称六間道路に面しており
、三十坪足らずの木造バラックの機械加工工場であった。昭和二十三年には、野口町の三
十坪足らずの織物関連工場の空き屋を買収改造した。...
第二章 復興への努力と民主主義 第六節 交通・通信 第六項 道路と交通 通行不能の道路
[通行不能の道路]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
、道路に散乱する瓦礫の撤去などの清掃作業に着手し、併せて弾痕の穴埋めを行い道路の
復旧に努めた。また、バラック家屋の建設に伴い、道路脇へ搬出・集積された瓦礫の処理
も行った。
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第一項 敗戦後の市民生活 一 茫然自失の日々と価値観の変貌、道義心の低下 茫然自失の日々からの脱出
[茫然自失の日々からの脱出]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
再建のために働き出している。疎開者は農山村に別れを告げ、焦土の浜松に帰り、防空壕
や廃材を組み合わせたバラック住宅であっても、一日も早い家屋の復興に向けて、家族総
出で取り組むことになった。北国民学校教員の鈴木良...
第二章 復興への努力と民主主義 第七節 社会 第一項 敗戦後の市民生活 六 やみ市の発生から衰退へ 何でも揃っているやみ屋
[何でも揃っているやみ屋]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
十円、ミット二百五十円、グローブ二百円などと書かれており、野球熱の復興が垣間見ら
れる。なお、やみ市のバラック造りの店は大通りの車道と歩道部分にまたがって並んでい
たことが当時の写真からうかがえる。図2-51浜松...
第二章 復興への努力と民主主義 第九節 文学・文化 第七項 映画・演劇・ラジオ 大衆娯楽の王様、映画
映画
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
として共同の広告掲載となった。この二十二年の時点で、浜松市内の映画館の数は十一館
、劇場は一つ。多くがバラックか焼けたビルを改造したものであった。競争が激しくなっ
たため、低俗な映画や演劇を上演するところも現れる...
第三章 発展への基礎づくり 第二節 自衛隊・警察・消防 第二項 消防の近代化と主な火災 一 浜松市消防署の発展 新庁舎の落成
[新庁舎の落成]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
【浜松市消防署】これまで浜松市消防署は浜松中央警察署の西に隣接し、戦後のバラック
建築であった。また、消防本部は転々と間借り生活を余儀なくされていた。浜松市はこれ
を解消すべく、市役所...
第三章 発展への基礎づくり 第二節 自衛隊・警察・消防 第二項 消防の近代化と主な火災 二 防火運動の取り組み 火災予防
[火災予防]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
、戦後も二俣や熱海で大きな火災が起きた。浜松では戦後九年を過ぎても都市計画が順調
に進まず、狭い道路にバラック建ての商店が密集するなど、大火が起きても不思議ではな
い状況下にあった。このような折、昭和二十九年十一...
第三章 発展への基礎づくり 第二節 自衛隊・警察・消防 第三項 警察予備隊・保安隊・自衛隊の発足 一 保安隊航空学校の開校 米陸軍顧問団と訓練の開始
[米陸軍顧問団と訓練の開始]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
種L21型との切り替えのため三十機に減少しているが、性能の点では数段の差が見られた
。施設面でも兵舎がバラック建てから鉄筋三階建てに替わった。そして特筆すべきは、こ
こ一年間に延べ一万数千時間という長時間の猛練習...
第三章 発展への基礎づくり 第五節 産業・経済 第二項 中心商店街の形成 中心商店街の繁栄
[中心商店街の繁栄]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 四
出した。そのほか、連尺や田町の商店街においてもネオン灯が設置され、「二千六百円」
と揶揄(やゆ)されたバラック商店街も新築の店舗に衣替えしていった。個人の商店で早
い時期に近代的建築に替わったのは昭和三十年十月一...