浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第一項 低成長下の地域経済 金融緩和とバブル経済
[金融緩和とバブル経済]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
バブル経済】昭和六十年代に起きたバブル経済、すなわち資産インフレ現象は、その背
景に過剰資金の存在があった。カネ...
まえがき
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
油危機と省エネ・省資源へ金融機関店舗数の急増と個人向け商品の開発プラザ合意の衝撃
消費税導入金融緩和とバブル経済駅前再開発と地価の高騰株式の高騰と財テクブーム民活
導入第二項大型店の進出と地域商業の変化五七一スーパ...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第一項 平成不況下の地域経済 バブル経済の崩壊と不良債権問題
[バブル経済の崩壊と不良債権問題]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
うな地価の高騰のあおりを受けてビルのテナント料が上がり、中心商業地を敬遠する動き
も出てきた。ところがバブル経済が崩壊すると、一転して地価が下落し始め、平成五年の
基準地価では商業地の平均が前年(平成四年)比十五・...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第一項 バブル崩壊と長い不景気下の生活 平成不況と市民生活
[平成不況と市民生活]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
地が四・九%とそれぞれ下がり、調査を開始した昭和五十年以来初めての下落に転じたこ
とを九月に発表した。バブル経済の崩壊で始まった地価の下落傾向は、平成四年春の地価
公示でも確認されていたが、七月の調査でもその定着が...
第一章 現代総説(下)
[現代総説(下)]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
をもたらした。さらに円高対策として採られた金融緩和と海外からの資金流入は、国内に
過剰流動性を生み出しバブル経済の発生と崩壊をもたらした。第三期の平成不況が長期化
した背景には、バブル崩壊に伴う大量の不良債権処理の...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第四節 宗教・倫理 第一項 バブル経済期の伽藍構築 寺院の郊外移転
寺院の郊外移転
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
合意で是正され、円高が急速に進んだ。超低金利と金余りのために、地価と株価の異常高
騰でふくらんだ経済(バブル経済)が進行したが、平成二年の公定歩合の引き上げと不動産
融資に対する総量規制を契機に崩壊していった(『新...
第二章 高度経済成長と市民の生活 第七節 社会 第三項 社会福祉の充実 経済の高度成長と社会福祉
[経済の高度成長と社会福祉]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
人となり、同五十年代末までほぼ同様な人数が続いた。なお、景気が回復した昭和六十年
以降から再び減少し、バブル経済期の平成元年度頃は千三百人台となった。図2-45浜松
市の保護世帯数・人員の推移
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第四節 宗教・倫理 第一項 宗教教団の新築・増築・再建 施設の刷新
[施設の刷新]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
結果が超低金利と金余りのために巨額の資金が土地と株売買に流れ、地価と株価の異常高
騰を招いて、いわゆるバブル経済が到来した。この状況下で各教団は大小様々な建築事業
を起こしている。先には日本経済の右肩上がりに向かう...
第三章 産業と文化の調和した都市へ 第五節 産業・経済 第一項 低成長下の地域経済 駅前再開発と地価の高騰
[駅前再開発と地価の高騰]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
【地価高騰】バブル経済の下での低金利とカネ余りは、過剰資金を土地資産や金融資産へ
向かわせた。平成二年当初、バブルのピーク時...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第一節 政治・行政 第一項 二十一世紀に向けて アクトシティ浜松
アクトシティ浜松
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
った。その起工式は平成三年八月二十六日に行われた。その後、敷地内から不発弾(艦砲
弾)が発見されたり、バブル経済の崩壊などに見舞われたが、予定より約半年遅い平成六
年十月七日に落成、アクトシティの象徴の一つとなるシ...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第一節 政治・行政 第七項 新しいまちづくり 佐鳴湖西岸土地区画整理事業
[佐鳴湖西岸土地区画整理事業]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
八日、景観形成のシンボルとなるアーチ型の橋であった。住宅の建設は平成六年度頃から
始まったが、この頃はバブル経済の崩壊が始まり、高層の集合住宅地の土地が売れなくな
り、苦境に立たされた。平成七年になってこの土地が新...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第三節 教育 第五項 専門学校 専門学校と各種学校
[専門学校と各種学校]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
六丁目に浜松情報専門学校を設立し、共に新しい情報技術の専門家の養成に当たった。日
本情報技術専門学校はバブル経済崩壊後に定員割れを起こすようになり、平成六年に常葉
学園が経営を引き継ぎ、同七年四月に常葉情報専門学校...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第四節 宗教・倫理 第一項 バブル経済期の伽藍構築 戦後復興の終盤
[戦後復興の終盤]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
戦後復興の計画実現がバブル経済の崩壊後にずれ込んで、復興を果たした寺院の例として
二つ挙げる。【蔵興寺】・蔵興寺蔵興寺(臨済宗方広寺...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第四節 宗教・倫理 第一項 バブル経済期の伽藍構築 経年老朽化寺院の再建
[経年老朽化寺院の再建]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
平成三年から顕著になった平成不況は、バブル経済の後遺症として金融機関は多額の不良
債権を抱え、金融逼迫(ひっぱく)が実体経済の不況に波及した複合不況...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第五節 産業・経済 第三項 加工組立工業から先端産業へ 浜松地域テクノポリスの完成と先端産業
浜松地域テクノポリス
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
企業用地六十八区画が全て完売し、全国的にも珍しいケースとなった。全国のテクノポリ
ス(二十六地域)は、バブル経済崩壊以降の平成不況下で厳しい状況に置かれている地域が
多く、企業用分譲地も六割程度しか埋まっていないと...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第一項 バブル崩壊と長い不景気下の生活 入管法の改正と日系ブラジル人の増加
[入管法の改正と日系ブラジル人の増加]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
ニューカマーと呼ばれていた)の中でも圧倒的にブラジル人の増加が顕著であった。しか
し、平成五年・六年はバブル経済崩壊後の不況の影響を受け、平成十一年は金融不安の影
響もあって、ブラジル人は、それぞれ増加数の足踏みや...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第二項 雇用と労働・労働運動 非正規雇用の急拡大とその問題点
[非正規雇用の急拡大とその問題点]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
働者となっていった。中には、高卒者が企業の正社員でなく、派遣会社に採用されるとい
うケースも出てきた。バブル経済の崩壊後の平成不況においてはコスト削減が大きな課題
となり、非正規の労働者の雇用が多くなった。この中に...
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第四項 社会福祉の充実 福祉と地域社会の多様性
[福祉と地域社会の多様性]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
人口規模に対して、地域社会の交流は比較的盛んであった(『浜松市地域福祉計画』平成
十六年三月)。なお、バブル経済の崩壊後、生活保護を受ける世帯と人数が激増したが、
この問題は第一項で触れた。
第四章 国際化の進展と新たな課題 第七節 社会 第五項 行事・風俗・観光・娯楽 浜名湖パルパルのリニューアルと観光地の新たな取り組み
[浜名湖パルパルのリニューアルと観光地の新たな取り組み]
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    浜松市史 五
はもちろん、大都市近郊の遊園地の入園客数が大幅に減る冬の時代に入っていた。平成二
年の後半から始まったバブル経済の崩壊による長引く不況は各地の遊園地を廃園に追い込
んでいった。戦前、静岡鉄道が開発した清水の狐ヶ崎ヤ...
浜松市立中部公民館『浜松中心街の今昔』
目次
浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ    わが町文化誌
9(六)日本経済の高度成長時代100(七)高度経済成長の終焉いざなぎ景気からドルショ
ック101(八)バブル経済の崩壊と失われた十年の時代102(九)市中心部の金融機関など
の現況103四交通105(一)東海道と浜...