NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
大原伊右衛門様此書状4日ニ着一筆啓上いたします。寒気の節いよいよご健勝のことと思
います。その御地より高遠町や松本までの間の町在の送り状で来た荷物の分は、中馬荷で
はなく継立をするべきと思いますが、あなたや松本...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
問屋大原伊右衛門様此書状四日ニ着一筆致啓上候、寒気之節愈御堅勝可被成御座、珍重奉
存候、然ハ其御地より高遠町并松本迄之間之町在之送り状ニ而参候荷物之分者、中馬荷ニ
者無之誠ニ相見江申し候間継立可申奉存候得共、貴...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
名茂吉老年剃髪緑毛亭亀春ト号ス七十三歳卒ス天保五甲午六月十二日法名緑毛亀春居士同
人妻幼名ふみ後ニたみ高遠町人近江屋四郎五郎娘天保八丁酉十二月十日卒ス行年六拾七才
法名緑巌智春大姉男子早世女子幼名梶後ニかね病身...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
さることにこそ。永藤村より雨降出ぬ。此村に沿ひて流るゝ水を、藤沢川と云ひ、所々の
渓流を合せて南下し、高遠町を東西に両分し、三峯川(みぶがわと相会して、始めて大な
り。三峯川に橋あり。天女橋と云ふ。長さ凡六十間...
「内藤家十五世紀」(十一)(藩校進徳館設置のこと) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
らも寝食を忘れて読みふけったといいます。(※これらの蔵書の一部は、信州大学から寄
託され、現在伊那市立高遠町図書館に収蔵されています。)進徳館で学んだ多くの藩士の
子弟の中でも、随一の秀才といわれたのが伊澤修二...