NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
止商売物の事【(朱書)四】一同3戌年4月在方塩・魚直買御差し止めの事【(朱書)五】
一同5庚子年7月伝町塩・魚出入ならびに裁許写の事【(朱書)六】一正徳年中市運上の
始末ならびに町割合の事【(朱書)七】一...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
下茶屋町御停止之事【(朱書)四】一同三戌年四月在方塩肴直買御差止之事【(朱書)五
】一同五庚子年七月傳町塩肴出入并御裁許写之事【(朱書)六】一正徳年中市運上之始
末并町割合之事【(朱書)七】一慶安三庚寅年...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
知久町といいました。この時城外曲輪に惣堀を作り、所々に木戸塀の番屋を建てました。
町家が段々出来て、伝町もこの時に建てられました。その時は名残町といっていました
。これより御囲の内にある田畑を出来分という...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
目を建知久町と号す、此時城外曲輪ニ(改頁)惣堀を構へら連、所々ニ木戸塀之番屋を建
ら連、町家段々出来伝町も此時建、其時名残町と号し惣堀ヲ御構之時の御奉行奥の山浪
人衆京極家へ在付、役儀を勤ら連、普請之義御...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
けられ、同じく八時、鹵簿(ろぼ天子の行列)整ひたる旨の奏上(そじょう)によりて、
赤坂皇居御車寄より御車を奉(たてまつ)る。御陪従(ばいじゅう身分の高い人のお伴
をする)佐々木一等侍補被仰付(おうせつけら...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乗り越え玄関に走り出ると、勘定吟味の片岡此面(このも)が参りました。外の方はどん
な様子かと尋ねると、場町からここまではたいしたことはない、先ほどの物音からする
と町の方では多くの家が潰れたであろう、との...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
戸障子皆外れけるを(改頁)5踏越飛越玄関に走り出けるに、片岡此面勘定吟味来れり、
外向いかにと尋しニ、場丁より是迄ハ子細なし、先の物音にてハ町方ハ多分の潰ならん
かと答たりし、扨ハ御城もいかにあらんかと、...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
ペテロ大帝と脱走兵
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
受ける。スタンおれはお前を疑はない、と云ふのは、お前も同じ様な困窮者ぢやないかと
思ふ。ペテロおれが?鹿な。スタン兎に角(とにかく)お前には全く不思議な事がある。
然(しかし)ながら、まあおれの秘密は守る...
■浅間山 [解説]
第八編 浅間登山
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
はじめに、浅間山麓のことわざには「二度行く鹿に行かぬ鹿」とある、浅間山に行か
ないのはその通りだが、二度行くのも鹿というが、これは浅間山を知...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
衛殿息子一当酉七歳安藤金三郎知久町三丁目十二月二十九日黒田屋庄左衛門殿息子一当酉
九歳松下熊三郎爪印伝町二丁目同断喜太郎殿息子一当酉九歳野口銀蔵爪印(改頁)島田村
名文政八酉正月ヨリ塩沢美之吉殿息子一当酉...
「信濃博物学雑誌」(第3号雷鳥特集) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
八月、大町の仁科学校教員であった渡辺敏(はやし)は、窪田畔夫(くろお)(十二年北安曇
郡長就任)らと白岳へ登頂した。この登山は「自然の偉観に接せんとするのと、剛健心
の満足を求むるにあった」とされ、近世ま...
■信州善光寺御堂額之写 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
[目録]長野郷土史研究会小林一郎善光寺に奉納された絵を解説した木版刷りの小冊子で
す。善光寺の境内や門前で、参拝土産として販売されたものです。売られた店や...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
あったということです。舟を操って川の中央まで来た時、突然山が震え、川が沸き立って
、大縄が一斉に切れ、を渡すための大舟が同時に砕けて、川上に1里(4キロメートル)
も離れた瀬脇(長野市七二会瀬脇)の丘に飛...
■信州浅間焼之事 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
天明三年(一七八三)の浅間山噴火に関する史料を集成した、萩原進編『浅間山天明噴火
史料集成』全五巻(群県文化事業振興会)には、Ⅱ巻に「文月浅間記」、Ⅲ巻に「文つ
きの記」、Ⅴ巻に「信州浅間焼」「文月浅間記...
■浅間山噴火の被害記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
山噴火の被害記」という題がつけられているが、本書に収録されている記事は、これのみ
ではない。「下総国相郡早(アヤ)尾村百姓親の敵討之事」という題とその記事、「信
州水谷百姓徳左衛門長命并ニ子三人産ム事」と...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
恐れながら書付をもって願い上げ奉る口上の覚え一、望月宿は去年戌八月の大満水によっ
て伝役屋敷二十軒ならびに裏家・土蔵・木小屋などまで流失しました。このたび見分し
ていただいたとおりです。そ...
寛保三年二月宿の堤防工事嘆願書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
1乍恐以書付奉願上候口上之覚一望月宿去ル戌之八月大満水ニ而、当宿御伝役屋敷弐拾
軒並裏家・土蔵・木小屋等迄流失仕、此度御見分被成下置候通ニ御座候、其上田地夥敷流
失仕、御伝...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
8日市田問屋この書付は元禄年間の訴訟の時、御公儀様へ取り上げられた。一元禄7(1694
)甲戌年8月中追いたちと、伊奈街道の16宿と争論となった。その時江戸の評定所にお
いて仰せ付けられた裁許状の写は左の...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
正保三年三月十八日(改頁)3市田問屋此書付ハ元禄公事之節御公儀様江御取上ニ相成候
一元禄七甲戌年八月中追共、伊奈街道十六ケ宿及論事ニ、其節江戸於評定所被仰付、御
裁許状之写左之通中方宮木村へ壱通宿方飯田...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
児童謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
にやーんにやーん。(猫の鳴声)○がんががんが。がんがん。わんわん。(犬の鳴声)○
ひんひん。ひひん。(の鳴声)○ひんひんどうどひんどうど。(改頁)○腹太鼓(
ばこ)はたーけはたけ。○のねんぼーぐーつ...