NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
被下我等幼年之頃[右之老人方より]御咄承り申候寛政三丁(ママ)亥四月廿八日卒ス同廿
九日葬送松島北村明寺門内ニ而葬礼小野村同姓親類高遠松島三ケ所木下長岡大出門人衆
[雨沢いゝ沼]中条大泉統而弔ニ御尋被下天...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
。受持は溝口篤太郎先生で、同級には勝俣英吉郎(注6)、三宅喜三郎、土橋安蔵、臼井
信太郎、佐治恰、福田吉、山浦橘馬、石川四郎、石谷四郎、林喜真多、川上數馬、鈴木
堅蔵、鈴木鐵雄の諸氏であった。尚(なお)今...
「内藤家十五世紀」(十一)(藩校進徳館設置のこと) [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
でも、随一の秀才といわれたのが伊澤修二です。修二は文部省の官僚となり近代教育の礎
を築いた人物で、西洋楽を教育科目に取り入れ、東京楽学校(現:東京藝術大学
学部)の初代校長を務めたほか、教科書の編さ...
寺子屋入門記録「壱番入門記録」 [翻刻・注記]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
箋)記載なし】同断同久米屋佐助殿懸り息子一当亥九歳矢沢金松爪印同断同岡田や金之助
殿息子一当亥七歳岡田吉爪印(改頁)同二十一日桐林村西小右衛門殿息子一当亥算術中田
兼助【(付箋)「現戸主中田大三郎三十五年...
「長野県下ノ小学教員二告ル文」 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
戊辰戦争に参加した経験をもち、維新後渡米して苦学のすえパシフィック大学を卒業した
。理学を修め、絵画・楽・体操にも通じていた。九年に帰国し岡山県師範学校・岡山中
学校に勤務している。能勢は師範教育制度が大...
「長野県下ノ小学教員二告ル文」 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
時、児童ノ年齢五六歳ヨリ十四歳マテハ神伝(注3)ノ説話 体操 読方 習字 ヲ教ヘ、十四
歳ヨリ詩 歌 楽 数字 ヲ教へ二十歳ヨリ高尚ノ学科ヲ研究セシメ論弁学ヲ教ヘ智力ヲ研
(みが)クコトヲ勧メタリシ。叉手...
長野師範学校は初めて学年・学期を定め、開業式・卒業式を挙行 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
戊辰戦争に参加した経験をもち、維新後渡米して苦学のすえパシフィック大学を卒業した
。理学を修め、絵画・楽・体操にも通じていた。九年に帰国し岡山県師範学校・岡山中
学校に勤務している。能勢は師範教育制度が大...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ノ地未詳、或考ニ跡部ハ当郷ナリ、とトたト仮名違へトモ、跡(アト)ノあヲ省キとトイフ
、即チとノ郷ナルヲ便ニたう郷トヨビ (改頁) 来リシナルヘシ、其証ハ今当
郷ト境ヲ接スル室賀ノ山辺ニ...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
1.木曽ノ天然
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
谷幽に水深く清秀深穏宛(えん:さながら)として仙郷を見るが如し。小野瀑布、風越の晴
嵐、与川の秋月、徳寺の晩鐘、之を加へて木曽八景の目あり。其他氷ヶ瀬、鞍馬橋、常
盤橋等も亦遊子(ゆうし:旅人)の激賞する...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
16.舎生心得
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
図書類にして無用有害と認むる時は之れを没収することあるべし一、寄宿舎所定の日課・
起臥・人員検査等の号は振鈴を以てす第四外出及帰省一、外出は大祭日、日曜日及毎日
放課後に於て之れを許す但し門限は時々之れを...
■木曾山林学校々友會報 第一號 [ルビ・注記]
◎林業の方面より観察したる森林教育
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
のであるが、実業学校に於ては実業家所謂(いわゆる)実地家を養成せざる可(べ)からずと
云ふことは異口同に唱ふる処なり。此れ所謂実業家・実地家なるものは如何(いか)なる
人物なるべきやは、余輩は甚だ迷ふので...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
権現滝の春
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
改頁)6 り。飽かぬ眺めに心残しつゝ帰途につく。去年のまゝなる落葉、靴を埋むる
所カサカサとして歩みの数を知らしめつ。と見る、1個のリンゴ食ひさしのまゝ捨てら
れたるを『オゝ、余等の先に昨日か今...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
小品逝く春
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
れ行く彼れの後姿、折から岸行寺の暮の鐘ゴォーンと余韻長く、老僧の胸へ如何に悲しと
響くだろう。2片3片もなく散る桜、彼れが肩へはらはらとかゝつた。
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
寄宿寮より
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
したのが6時であった。図書室兼娯楽室には毎日大入にて、殊(こと)にクロツクや囲碁な
どでいつもパチパチがする。近来はまた大分(だいぶ)金魚が流行し出した。又芳香を放
つ奇麗な草花などの机上に飾られてある室...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
福島通信
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
食場にて中食(ちゅうじき:昼食)を了(りょう:おえる)し後、長野より遠征し来れる芸者
の美篶(みすず)頭及福島芸者の木曽踊を見物仕(つかまつ)り候。此等は御客様の気に入
りたる哉(や)否やは、知るに由なき...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
[注記]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
者をあざけっていう語。道学先生。(注44)潺々(せんせん):浅い水がよどみなく流れるさ
ま。また、その。(注45)撲吶:朴訥(ぼくとつ)の誤りか。朴訥は、質朴で無口なこと。
無骨で飾りけのないこと。&nb...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
卒業生に望む
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
されば金風菊香を送りて衣袂(いべい:着物のたもと)に薫じ、梧葉(ごよう:あおぎりの
葉)徒らに散りて愁を弄(ろう)す、秋光清景正に酣(かん:たけなわ)なる10月16日を卜(
ぼく:うらなって選び定める)し...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
過去20年より将来の20年へ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
と)したいと思ふ。顧みれば明治34年福島の地にて乙種山林学校が出来たと云ふ声は洵(ま
こと)に空谷の鞏(くうこくのきょうおん:人けのない谷にひびく足)で、当時木曽に
在住した私等は当時町民歓喜の声を聞か...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
短歌
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
p;(改頁)20 欠伸(あくび)の湧きつ夏の日暮るゝ。▲山に居てたまに海辺の宿に寝し
我浪のに眠る術(すべ)なく。▲眠られねば起きて側(かたわ)らの煙管(キセル)取りサツ
キの煙様々に吐く。▲地...
■岐蘇林友 廿周年記念號(第百四十四號) [ルビ・注記]
寂の姿
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
アオギリ)の一片にも、友に離れた孤雁(こがん)の悲しげなるにも、夜毎の草叢(くさむら
)に細り行く虫の色にも、秋来てふ思ひの露はに感ぜらるゝ様になった。満目(まんもく
:見渡すかぎり)蕭条(しょうじょう:...