NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 青柳
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
31左5町ほど相対して宿場をなしています。麻績宿へ1里10町です。東方の山に青柳氏の城
趾があります。城主は青柳近江守清長・同伊勢守頼長です。はじめは信濃衆の一味だった
ともいい、伊勢...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 青柳
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
31左五丁程相対して巷を成す、麻績宿へ壱里十丁なり、卯の方の、山に青柳氏の城趾あり
、城主青柳近江守清長・同伊勢守頼長なり、始は信濃衆一味なりしかとも、伊勢守代に甲
州の武田...
■善光寺道名所図会 [解説]
善光寺道(北国脇往還)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
)宿で分かれて北に向かい、郷原(ごうばら)・村井・松本・岡田・刈谷原(かりやはら
)・会田(あいだ)・青柳(おおやぎ)・麻績(おみ)宿を経て、猿ケ馬場(さるがばん
ば)峠を越えて更級(さらしな)郡の稲荷山(い...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
光寺より犀川を渡り、芝村の阿弥陀堂を拝し、千曲川を越えて松代の城下に出、ここから
塩崎、稲荷山、麻績、青柳、会田、刈谷原、岡田を経て松本の城下に至り、再び越後の高
田へ戻る方法がある。続いて関東を巡るには、木...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ハ善光寺より犀川を渡り、芝村の阿弥陀堂を拝し、千隈川を越へ松代の城下に出、是より
塩崎、稲荷山、をみ、青柳、会田、かいやハら、岡田を経て松本の城下に至り、再び越後
の高田へもとるもあり。直に関東を巡るには、木...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 法橋
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
28左間の宿です。法橋は西条村の小名で、長さは4町ほどです。青柳宿へ30町で、南西の
方角の山に古城地があります。鬼熊左衛門尉という人の居城といいます。西条から左へ脇...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 法橋
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
28左間の宿なり、法橋は西条村の小名にて、四丁程相対す、青柳宿へ三十町なり、未申の
山に古城地あり、鬼熊左衛門尉といひし人の居城なりしと云、西条より左へ脇道に入て...
■おらが春 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
)57はつ午の海はしつかな入日かな吾山しら梅に烏芋商ふ戸口かな蠖堂なかゝりし春の名
残をけふやしる一朗青柳や空をはなるゝ空のいろ顧三たまに来してふ追なくすすゝめ哉蒿
斎一すちの綱に老けりさるまハし籟士めき/\...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
梅の香りを慕って鶯が初音をさえずりながら軒を巡り、桃や桜が咲き海棠(かいどう)の
花に露が置く頃には、青柳が糸を垂れ、山雀(やまがら)・瑠璃鳥もこれを慕って訪れ、
緑を添える呉竹や常盤の松の枝にさえずり、毛氈...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
る)春は梅か香を慕ひて初音哢(さへづる)鶯軒を歴廻(へめぐり)、桃桜笑を含み、海
棠露を含の時に臨て、青柳糸を垂れ、山雀(やまがら)・瑠璃鳥(るりてう)も是を慕ひ
て、緑を添ふる呉竹、常盤なる松が枝に哢り、毛...
■犀川を下る記 [解説] ~犀川通船・天竜川通船・千曲川通船の盛衰~
1.犀川通船の盛衰
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
反発松本から北国脇往還(善光寺街道)を経由して善光寺まで荷物を運ぶには、「岡田村
・刈谷原村・会田村・青柳村・麻績村・稲荷山村・丹波島村の七か村が中馬稼ぎの村であ
った。…そうしたなかで、犀川を利用しての通船...
■善光寺道名所図会 [解説]
『善光寺道名所図会』の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
・佐野の里まで行きます。松本にもどって、善光寺道を岡田・苅谷原・会田、立峠を越え
て乱橋・法橋を過ぎ、青柳宿・麻績宿から猿が馬場峠を下って更級郡に入り稲荷山宿に至
ります。さらに、稲荷山宿から八幡宮・銕捨山を...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 郷原
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
四(一七七五)未十月十二日連中五尺庵露白」とあり、当地の江戸時代の俳人で菅江真澄
とも親交のあった俳人青柳露白の建立したもので、当地方の芭蕉の句碑としては古いもの
です。
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
拝するでしょうから、このあたり有名な場所をいくつかあげます。(注)善光寺道は松本
から岡田宿・会田宿・青柳宿をへて麻績宿へと向かいますが、「図会」では、まつもとか
ら脇にそれて安曇郡へと向かいます。この道は糸...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 会田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
武田家の鋒先が強勢だったので、甲州へくだって10騎の軍役になりました。小笠原氏が帰
国のあとは、会田・青柳・麻績3家とも滅ぼされました。福寿山広田寺(こうでんじ)は
、宿のはずれの右側にあり、この寺に会田小次...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之二
○筑摩 会田
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、小笠原の籏下なりしが、武田家の鋒先強勢なるに依て、甲州へ降て十騎の軍役たり、小
笠原帰国の後、会田・青柳・麻績三家とも亡されたり、○福寿山広田寺[宿はづれ右側に
有、]此寺に会田小次部の位牌を納む、同石碑有...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
戦死後家臣ノモノ幸村ノ馬具ヲ持来リ、鷹匠町ノ小庵へ納メ菩提ヲ弔フト云フ[此馬具後
ニ亡タリ、]此家来ハ青柳清庵林庄右衛門ト云フモノニ命シテ、形見ノ品々ヲ月窓寺ニ送
リ納メシタリト云フ、月窓寺ノ号ハ幸村ノ法号ノ...
長野師範学校は初めて学年・学期を定め、開業式・卒業式を挙行 [ルビ・注記]
長野師範学校卒業証書授与式
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ス。第七奏楽〔見渡セハ〕〔我日本〕長野小学生徒之ヲ奏ス。第八卒業生田村豊穂、脩身
ヲ教授ス。第九卒業生青柳由平、読方ヲ教授ス。第十一卒業生永井総吉、唱歌ヲ教授ス。
第十二卒業生山本繁治、小林辰之助、体操ヲ教授...
善光寺の物語・紀行文・文学トピック(テー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
記事信州名作の舞台発行機関 信濃毎日新聞社(データベース)年月日 2004.8.313 記事
会田宿 青柳宿2/3 善光寺の物語・紀行文・文学 発行機関 信濃毎日新聞社(データベ
ース) 年月日 1995.9...