NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
て、松川へ人足を出していました。この割付は松尾町2丁目・池田町・本町2丁目の3町を
本役と定め、小間5間口1軒より人足24人、但し1ケ月に付き2人の積り、ほかの10町は半役
と定めて、5間口1軒より12人ずつ...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(榑)狩人足町役ニ被仰付松川江人足出し候、此割付松尾町二丁目池田町本町二丁目此三
町ハ本役と定、小間五間口より人足弐拾四人、但し一ケ月二人積り、外拾町ハ半役と定め
間口一軒より拾弐人宛ノ出之相勤候、惣而町屋...
■信州飯田町家扣 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
です。この中で今まであまり知られてきていない内容として、飯田町町人の役負担や職人
の役負担があります。間口に応じて上納する「地子米」についてはよく知られていますが
、辻番・井普請人足・松川や野底川の橋掛け人足...
■松代イラストマップ
6旧白井家表門
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
した。この門は、江戸時代末期の弘化三年(一八四六)、表柴町に建てられたもので、全
長二十メートルの広い間口を持つ三間一戸形式の長屋門。出窓、見張り窓などがあり、藩
の御金奉行、御普請奉行、医師などを輩出した白...
■松代イラストマップ
9山寺常山邸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
示されます。松代藩の中級武士の代表的な家構えとセギが残る。江戸末期~明治初期建立
の表門は長屋門形式、間口約二十二mで、現在松代城下に残る最大の門。渡り廊下でつな
がる書院は大正~昭和初期のもの。近代和風建築...