NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
付けさせないようにした。ところが松本町の者は今もって中馬に荷物を付けているので、
今後そうしないように連判の訴状を出した。その上松本町の者は、中売所と言って売った
荷物を押えたというので、16か宿問屋が答えた...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
故、伊那海道筋御領私領七色之荷物中馬ニ不為付候所、松本町之者今以中馬ニ荷物売出シ
候間、向後無用之由ニ連判之訴状差出候、其上松本町者中売所与申立売遣し荷物押候由申
之、拾六ケ宿問屋答候ハ、中馬之者申通先年証文...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
もので、最初に岩村田藩役所からの申し渡しが記され、その後に申し渡しを承知したと記
され、岩村田宿商人が連判している。つまりこの史料は、藩の申し渡しを承知したとする
請書になる。では、藩から何を申し渡されたか。...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
もので、最初に岩村田藩役所からの申し渡しが記され、その後に申し渡しを承知したと記
され、岩村田宿商人が連判している。つまりこの史料は、藩の申し渡しを承知したとする
請書になる。では、藩から何を申し渡されたか。...
天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
もので、最初に岩村田藩役所からの申し渡しが記され、その後に申し渡しを承知したと記
され、岩村田宿商人が連判している。つまりこの史料は、藩の申し渡しを承知したとする
請書になる。では、藩から何を申し渡されたか。...
寛保二年十月上畑村総百姓往還道・屋敷移転取極証文 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
より本間村境まで誰の田畑を新たな往還道にしようと互いに文句は言いません。その証拠
として村中大小百姓が連判します。
寛保二年十月上畑村総百姓往還道・屋敷移転取極証文 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
より本間村境迄右御見分被遊候地所、誰田畑江往還道相かゝり候とも相互ニ違乱申間敷候
、為後証村中大小百姓連判手形仍而如件、佐久郡上畑村寛保弐年戌十月名主孫之丞組頭太
四郎(印)(改頁)年寄半左衛門(印)同断八三...
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
持ち送ることは(改頁)できない、御上様に御慈悲をもって御用を勤めたいので。村々一
同願い上げる、私ども連判をして差し上げる、八か村の連印、天明辰年(四年)閏正月、
覚その村々の夫食の願いについて伺ったところ、...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
も、御荷物持送り候義(改頁)相成間敷与奉存候、御上様以御慈悲御用相勤り申度村々一
統奉願上候、依之私共連判仕奉差上候、以上八ケ村連印天明辰年閏正月覚其村々夫喰願ニ
付相伺候処、此度御下知被仰渡、依之右代金相渡...