NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■信州善光寺御堂額之写 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
たし、そのまゝきえうせにけり。ふしぎにもありがたく、現当二世のためにとてゑまを納
申候。(中段)中仙道宿甲州屋次郎右衛門、かん病長くわつらひ目つふれしかハ、同国
にまします善光寺如来さまへ心願いたし、せ...
■信州善光寺御堂額之写 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
前長い間の眼病で、いつしか盲目になりましたが、如来のご利益で両目が明き、嬉しく、
余りのありがたさに自の姿を描いて奉納し、世の人々にお知らせ致します。中仙道
宿甲州屋次郎右衛門」中仙道宿の甲州屋次...
■おらが春 [解説]
『おらが春』の構造
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
文政2年(1819)1年間の句文集の体裁をとっていますが、単に日をって俳句や文章を並べ
たものではなく、出版を念頭に、一貫したテーマのもとで構成されています。そのため文...
■おらが春 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
優れた俳道人と言おうか。この度同国(信濃)の白井一之が、家に伝わった一茶坊の遺稿を
そのまま板行して、慕の志を尽くした。私もまた昔の友人を忘れておらず、一茶坊の亡
くなった年、柏原の郷里を訪ねて昔話をする...
■おらが春 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
失はす、実に近世独歩の俳道人とせむ歟。こたひ(改頁)同国の一之、家に伝へし坊が遺稿
をその儘上木して、慕のこゝろさしを尽す。予も亦旧知己をわすれす、坊か命終の年、
柏原の旧里を訪ひて往事をかたるに、あるひ...