NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
例年之通御城内稲荷様拝礼、我等鍛之助罷出ル同役藤森・等々力・中沢・中田・小栗林、
廿二日雨廿三日一桐原平八後家方ニ捨有之候脇差差出候処、六ヶ月建札被仰付、此段申
遣ス、廿四日明廿五日朝六ツ時御出立、尼子右...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
○東京御発輦(ごはつれん)2明治十一年八月三十日、午前七時三十、奉送(ほうそう
)の皇族大臣参議並に各省の勅奏任官(ちょくそうにんかん注二)を始め、有位華族(か
ぞく...
■むしくら日記 [翻刻] 2巻 亨
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
、(改頁)3此畑中に一抱ほとの大木あるを昼見て置けるまゝに、此木に取付ゐたりける
が、何やらん麻畑を押て這来る物あり、こハ猛き獣にもあるかと又更ニ驚かされて、星
明りニ透しみてあれは、此寺の庫裡ばゝが赤裸...
■むしくら日記 [翻刻] 1巻 元
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
けれと、校合も加へすそかまゝになし置る也、○むし倉日記と名付たるハ、こたひの地震
、虫倉山の回り村々取て大荒にて、別に御届出たる程の事也、思ひ合すれハ、地震の来
る方角例も此方に当ると誰もいふ也、しかれは...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
長国寺よりハよほと多かりし、式書一覧せよとこされし也、此時も在町御預所へ触示した
る上に、日柄といひ取群集して、長国寺の施餓鬼の時よりよほと人多く出しと思はれぬ
、大塔婆ハ市村河原へ建られぬ、(改頁)扨ま...
■むしくら日記 [現代訳] 1巻 元
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ました。百間堀の南から中の水の手の下まで、泥が揺れて持ち上がっているところが2、3
尺あり、水は左右にかれて流れています。文政の時に新しく築いた水よけの土手は60間
ほど崩れ、土手の上には7、8寸の割れ目...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
乱妨する事甚しと聞へける故、横田甚五左衛門取次・袮津刑左衛門・小野喜平太・矢野茂
・斎藤友衛目付等を手してこしぬ、彼狼藉を制し或こらし或諭し、且荒たる様子も見と
ゝけよと云含こしたり、一両日或両三日三四日...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
様に拝礼、我らは鍛之助が出た。ほかに同役の藤森・等々力・中沢・中田・小栗林。22日
、雨。23日、桐原に住む平八後家の家に捨てられていた脇差を差し出したところ、6か
月間の建札を仰せ付けられたことを申し遣...
■諸国道中商人鑑 [解説]
3 松井田からまで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
のページは「中山道松井田酢屋徳左衛門」である。「板橋」から「上州妙義山」までと「
松井田」のはじめの部は載せてない。・「酢屋」から二つめの「鳫金屋與市」には「松
井田宿より二里上横川御関所前立場」とある。...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
も辺りに轟きました。しかしそこにあった樹木の枝は、少しも動きません。このことをよ
く考えてみますと、自の額にかかる髪の毛やほころびた着物の袖は、動く気配がないと
、眉をひそめ不思議に思って、凡人はその日を...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
。先の領主の御役人様より新法において、横町の商売を停止するように申付けられた。双
方を召し出して、言いを聞き書き取った。一横町は竪町角屋の端までで、他の家はない
。役儀等も借家人がいる時は勤め、店を明けた...
■むしくら日記 [現代訳] 3巻 利
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ん多いと聞きましたので、取次の横田甚五右衛門、目付の祢津刑左衛門・小野喜平太・矢
野茂・斎藤友衛らを手けして遣わしました。その略奪する者たちを止め、懲らし、ある
いは諭すなどし、また荒廃の様子も見届けるよ...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
29右宿へは3里半、牧野侯の居城です。(乙女が城ともいいます)城下の町は、25、6
丁ほどが、がにぎやかな...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
手前拵も宜候へども、薪面倒、いれもの道具なく、やはりちん料出し豆腐やにあつらへ候
か利うん成り一豆を多喰すハ宜しくなきといふものあり、さだかならず(改頁)4一さ
いかちの葉よし一白豆ハ性おとれり、黒豆ハ水...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
に従事することを義務付けられた課役。3.「いべや」……行きましょう。〔方〕4.土地
を使いみちによってけた呼び名。5.じんく……民謡の一つ。七七七五調、二十六音の
歌詞を持つ。6.「ゆうびんしゃ」の転。7...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「年内諸事控日記 小沢和徳(注1) 慶応四戊辰年正月吉日」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
清兵衛殿息岩次郎殿正月中一養生弁後編三巻かし同三郎兵衛殿旧冬より一諸先生詩集壱巻
かし竹や慶之助殿去夏一道歌集壱巻かし祭林寺和尚様達仙主東都江持参り候由二月十二
日一金百疋山口謡連四人礼山長持参酒出ス十六...
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
降った。湯の平まで石が降った。大石がおびただしく降った様子が、小諸からも見えた。
七月七日・八日には、宿では宿場中が家を閉め、みな縁故者を頼って逃げ出した。当
町宗兵衛殿方へは相聟の関係で、宿の孫右...
浅間焼覚帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
中ニ大石もヲヒタヽシクフリ、一湯平ノ方迄石落候事、大石おびたゝしき小諸江見へ申候
事、七月七日・八日、宿ニ而は宿不残家内仕舞、所々江にけ、縁こ/\にけ申候&nbs
p;(改頁)3 当町宗兵衛殿...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
29右宿へ三里半、牧野候居城、[乙女が城といふ、]城下の町凡弐十五六丁相対して巷
をなし、猶小路多く、家数...
地震後世俗語之種 第1冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
の中央通りです。左から流れてくる川は古川で、この川から北側は家々が建ち並び、市街
地になっていることがかります。現在ここは北石堂町と南石堂町の境になっていて、右
手から二線路通りが合流している交差点です。...