NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[目録] 2.紀行文・道中記、地誌 (0 件)

[目録] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[目録] 4.地域の記録 (0 件)

[目録] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[目録] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[目録] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[目録] 8.民話、俳諧、絵画等 (1 件)

[目録] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (0 件)

[本文テキスト] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (12 件)

[本文テキスト] 2.紀行文・道中記、地誌 (6 件)

[本文テキスト] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[本文テキスト] 4.地域の記録 (0 件)

[本文テキスト] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[本文テキスト] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[本文テキスト] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[本文テキスト] 8.民話、俳諧、絵画等 (2 件)

[本文テキスト] パスファインダー (0 件)

[本文テキスト] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (0 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (1 件)

[索引語] 2.紀行文・道中記、地誌 (0 件)

[索引語] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[索引語] 4.地域の記録 (0 件)

[索引語] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[索引語] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[索引語] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[索引語] 8.民話、俳諧、絵画等 (1 件)

ソート機能:
浅間焼覚帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
降った。湯の平まで石が降った。大石がおびただしく降った様子が、小諸からも見えた。
七月七日・八日には、追分宿では宿場中が家を閉め、みな縁故者を頼って逃げ出した。当
町宗兵衛殿方へは相聟の関係で、追分宿の孫右衛門...
浅間焼覚帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
中ニ大石もヲヒタヽシクフリ、一湯平ノ方迄石落候事、大石おびたゝしき小諸江見へ申候
事、七月七日・八日、追分宿ニ而は宿不残家内仕舞、所々江にけ、縁こ/\にけ申候&nbs
p;(改頁)3 当町宗兵衛殿合聟...
■浅間山噴火の被害記 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
。沓掛宿はじめ、信州の木曽街道(軽井沢宿は除いて)では、鳴り音が強いだけで、被害
はそれほどなかった。追分宿へ西風が強く吹きかけた。沓掛宿では猪・狼が多く出て、人
馬が怪我をしたので、近辺の人々が鉄砲で大半を撃...
天明3年7月14日 御役所より被仰渡御書付之写并請印 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
村田宿は、中山道の宿場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場が
軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢町)・小田井宿(御代田町)を
へて岩村田宿にいたる。次の宿場は千曲川に面した...
天明3年8月23日 浅間山大焼け以来難儀につき見分願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
村田宿は、中山道の宿場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場が
軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢町)・小田井宿(御代田町)を
へて岩村田宿にいたる。次の宿場は千曲川に面した...
天明3年12月10日 浅間山焼けにより小物成免除願い [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
村田宿は、中山道の宿場の一つで、江戸から碓氷峠を越えて信州に入ると、最初の宿場が
軽井沢宿で、沓掛宿・追分宿(以上の軽井沢三宿は軽井沢町)・小田井宿(御代田町)を
へて岩村田宿にいたる。次の宿場は千曲川に面した...
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)であ
る。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿と
も呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)であ
る。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿と
も呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)であ
る。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿と
も呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)であ
る。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿と
も呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
受けたのは、小諸藩の城下町であり、北国街道の宿場でもあった小諸町(現小諸市)であ
る。小諸町は、中山道追分宿(現軽井沢町)から分かれた北国街道最初の宿場で小諸宿と
も呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
でした。十二日に西の桜井村へ移られる予定でしたが、江戸より村上茂左衛門様という御
勘定方が、十一日の晩追分宿へ泊り、十二日に塩名田宿へ来られるというので、桜井文八
郎様は十二日に市町の宿(やど)から塩名田宿へ帰...