NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
)なき程なりしとか。栗ケ原にて御小休あり。此処より御昼行在所(あんざいしょ行幸の
際の仮のすまい)たる軽井沢迄はまだ余程遠ければとて、此処の茶屋にては握り飯を多く
拵(あつら)へて売りに出だしたるを、或方へ買ひ...
■諸国道中商人鑑 [解説]
3 松井田から追分まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
上部余白には「左に麻布の瀧見ゆ碓氷御関所」と記され、関所の絵が小さく描かれている
。・「さ中山道坂本宿軽井沢え二里半十六丁是より碓氷峠」六軒の宿と八軒の店が掲載さ
れている。碓氷峠には5軒の「御小休所」が載って...
■戸隠善光寺往来 [解説]
『戸隠善光寺往来』の内容
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
江戸から善光寺への道中江戸から追分(軽井沢町)までは中山道、追分から善光寺までは
北国街道です。その間を主に宿場をたどりながら簡潔に述べています...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
桔梗が原、塩尻、下諏訪、和田峠を越して、芦田、望月、塩名田、さらにどんどん行って
、浅間山の麓、沓掛、軽井沢、碓氷峠などは信州と上野(こうずけ)の国境である。その
間の名所は別に記す。越後より北陸道を経て関東に...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
曽路にかゝり、桔梗が原、塩尻、下すハ、和田峠を越て、芦田、望月、塩名田、尚行/\
て浅間岳の麓、沓掛、軽井沢、笛吹峠など、信州上野の国界也。其間の名所ハ別に記す。
〇越後より北陸道を経て関東に至るハ、善光寺より...
■戸隠善光寺往来 [解説]
十返舎一九と信濃
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
十返舎一九が初めて信濃を訪れたのは、文化8年(1811)で、中山道を軽井沢から木曽路
へ抜けています。これをもとに、『木曽街道続膝栗毛』第3編(文化9年)、第4編(文化1
0年)...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之五
○佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
あります。関東から来て中山道と北陸道が分れるところの手引石です。また、石像の仏が
多く、小諸あたりから軽井沢宿までは浅間山のふもとを通ります。ここは、日本一高い地
の往還だといいます。駿州の芙蓉峯と追分宿の人家...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之五
○佐久郡小諸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の入口に石標有、関東より来りて中山道北陸道へわかるゝ手引石なり、又石像の仏躰を数
々たてり、小諸辺より軽井沢宿迄ハ浅間の麓を行るなり、本朝第一の地高き往還なるよし
、駿州芙蓉峯と追分駅人家の軒と高低なしといへり...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
たと思われる。(注2)長野停車場信越線は、明治21年8月15日に長野-上田間、同年12月
1日に上田-軽井沢間が開通した。明治26年には碓氷峠があき、高崎-直江津間が全通し
た。(注3)当時の長野県尋常師範学校...
■善光寺案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
行が容易になったことが考えられます。長野駅は明治21年の御開帳中に開業し、明治26年
には最後に残った軽井沢・横川間が開通して、東京と長野は鉄道で直結されました。善光
寺参りは、鉄道により容易に行える時代になっ...
■戸隠善光寺往来 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
義への道が左に分かれ、松井田宿、坂本宿は碓氷峠の麓、峠の熊野権現の社は信州と上州
の境に鎮座している。軽井沢宿、平葉の原、沓掛宿、追分宿は「信濃なる浅間の山」と歌
に詠まれた浅間山の麓の宿場で、まっすぐに行けば...
■戸隠善光寺往来 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
板鼻、安中駅ニは妙義道右之方ニ而、松井田、坂本ハ臼井峠之(改頁)麓、熊野権現の社
は信上之境ニ鎮座有。軽井沢、平葉之原、沓掛、追分は、信濃なる浅間山与詠し裾野之駅
ニ而、(改頁)8直に行は京街道木曽道、左之方小...