NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 

 

 

[目録] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (0 件)

[目録] 2.紀行文・道中記、地誌 (0 件)

[目録] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[目録] 4.地域の記録 (0 件)

[目録] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[目録] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[目録] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[目録] 8.民話、俳諧、絵画等 (1 件)

[目録] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (4 件)

[本文テキスト] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (7 件)

[本文テキスト] 2.紀行文・道中記、地誌 (7 件)

[本文テキスト] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[本文テキスト] 4.地域の記録 (4 件)

[本文テキスト] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[本文テキスト] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[本文テキスト] 7.教育、人物・伝記 (1 件)

[本文テキスト] 8.民話、俳諧、絵画等 (2 件)

[本文テキスト] パスファインダー (1 件)

[本文テキスト] 9.長野県町村誌・村絵図、古跡名勝絵図等 (4 件)

[その他ページ] (0 件)

[索引語] 1.震災・火災・水害等災害の記録 (0 件)

[索引語] 2.紀行文・道中記、地誌 (0 件)

[索引語] 3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録 (0 件)

[索引語] 4.地域の記録 (0 件)

[索引語] 5.繁盛記、社史、産業の記録 (0 件)

[索引語] 6.行政、政治等の記録 (0 件)

[索引語] 7.教育、人物・伝記 (0 件)

[索引語] 8.民話、俳諧、絵画等 (1 件)

ソート機能:
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
此戸隠山九頭竜権現を念じ奉れバ、霊験非ずといふ事なし。誠に異霊の御神也。〇野尻の
里に湖水あり。其流れ越後国へながれ、今町の浜辺にて海に入れり。此川を関川といへり
。此湖水も当国諏訪湖と同じ、氷の張つめたる其上...
■むしくら日記 [翻刻] 3巻 利
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
府御用捨被成下候様仕度奉存候、以上、四月廿一日(改頁)○越後高田侯[榊原式部大輔]
御届初度二度私在所越後国高田、去月廿四日亥刻比より大地震ニ而、城内住居向門櫓囲塀
破損、家中屋敷城下町領分村々潰家破損所夥敷、...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
それから母に伴われて、同国水内郡駒沢に移住し、26歳で母も失ったので、貞親は出家し
たいと頻りに思い、越後国の五智の如来(越後国分寺)に参籠して、よい師にめぐり会う
ように祈った。満願の七日目の夜、夢ともなくう...
信越を結ぶ谷街道トピック(テーマ)信越を
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
になると、幕府は五街道をはじめとする全国の交通網を整備し た。北信濃には、千曲川
沿いの市川谷を通って越後国十日町へ抜ける 谷街道(北国脇街道)があった。谷街道は
千曲川沿いを通り、かつ豪雪 地帯であったから風...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
を亡失せは必天道の責あらん。おそるへし。○爰に賢く勇と仁慈を兼たるは、高井郡六川
よりの御出張なり。[越後国椎谷之御領主堀出雲守様、六川者是則出張陣屋ニシテ時之御
代官寺嶋善兵衛]二十四日の夜大災発し犀川の大河...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
○水内 善光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
なり、○六地蔵○大仏[山門下東側に並ぶ、]○釈迦堂[世尊院にあり、]本尊涅槃の釈迦如
来なり、天延年中越後国古多が浜より出現の像なり、○駒返り橋○寛慶寺[山門の東に有
、]この寺は慈覚大師の建立にて浄土宗也、時...
■信州飯田町家扣 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ついて北陸迄くだりました。義経は姿を替えて忍んでいました。御供が大勢ついていくわ
けにはいかないので、越後国で暇を賜り信州に入り、当郡の郷士を従えたということです
。一飯田町の初めは、松尾町1丁目に坂西公4代目...
■信州飯田町家扣 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
忍んで東国ニ下里給ふ、周家も供奉して北国迄下る、然るニ義経御姿を替て忍び給ふ躰故
、供人大勢ハ叶ハ須、越後国ニて暇を賜り信州ニ入当郡の郷士を従へ押領すと云う一飯田
町の家初ハ松尾町壱丁目ニ坂西公四代目の時兵庫頭...
■信州善光寺御堂額之写 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    8.民話、俳諧、絵画等
さに、そのままを絵馬にしてお礼参りをいたし、この額をお納めいたしました。(絵)「文
化九申年四月廿七日越後国魚沼郡十二木村庄兵衛」越後国魚沼郡十二木村の庄兵衛は、毎
年善光寺へ参詣しておりましたが、今年は病気に...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
ならず申し付けるように心得ること、以上のことについて御府内ならびに関八州・(改頁
)陸奥・出羽・信濃・越後国、御料については御代官・そこの奉行、私領は地頭、寺社領
とも洩れの内容に知らせること、書付をもって申し...
■松本藩庄内組大庄屋御用留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
おゐてハ、吟味之上急度可申付条、其旨可相心得候、右之趣御府内并関八州・(改頁)17
陸奥・出羽・信濃・越後国、御料者御代官・其所之奉行、私領者地頭、寺社領共不洩様、
可被相触候、以書付申遣候一別紙之通、従公儀被...
■むしくら日記 [翻刻] 4巻 貞
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
流失七軒、水押潰九軒、半分流失七軒也、○会津侯御届山抜崩川筋押埋水湛之儀ニ付先御
届書松平肥後守御預所越後国魚沼郡中津川之儀、御預所同郡芦ヶ崎村下ニ而千曲川江落合
申候処、右中津川水源川上金吾助様御支配所信州高...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
小諸大変次第書小諸城主が牧野内膳正様の時代のことです。越後国与板藩主であった大殿
様(祖父)の牧野周防守様が、元禄十六年九月に小諸藩主となってから四十二年目の寛保...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
2小諸大変次第書爾時城主牧野内膳正様御代也大殿様牧野周防守様越後国与板と申所より
元禄十六年午九月御拝領当所を被為遊、当城主内膳正様御代迄四拾弐年目寛保二壬戌年大
変有之...
■善光寺道名所図会 [現代訳] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
のなかで、真の知識があれば迷い夢をさますことができると思い続けていたとき、善因を
もたらすには、聖人の越後国に遷謫(せんたく、罪によって遠方に移されること)して、
他力易行(いぎょう、他力の念仏)を弘通(ぐつう...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之一
○筑摩 松本
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
哀れ真の智識あらバ聞法の益を蒙り、迷ひの夢をさまさんものをと思ひ続る折しも、善因
爰に招くにや、聖人の越後国に遷謫して、他力易行の法を弘通し給ふよしを聞、遙の野山
を分け、越乃国府にいたり、聖人に謁し、時機相応...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
隣宿への道法・駄賃銭は決められているが、御公儀様より町と定めるという仰せ渡しの証
拠書物はありません。越後国村上・長岡・柴田御城下より尾州・三州または当国上田・小
諸・松本・高遠・飯田御城下より、右の国々への脇...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
統申上候、継合候隣宿々江道法駄賃銭極有之候得共、御公儀様より町定被仰渡候と申証拠
書物ハ無御座候得共、越後国村上・長岡・柴田御城下より尾州・三州又者當国上田・小諸
・松本・高遠・飯田御城下より右国々江之脇往還御...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
の大きな岩を突き破り、(改頁)また、水内(みのち)の橋下を突き破り、千曲川(ちく
まがわ)を流れくだり越後国(えちごのくに、新潟県)の大海(日本)まで乗り込んでい
った、これによってその場所を「乗タリ」(のった...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
乗沢と称せり、三清地と云所乃大岩ヲ突破リ、(改頁)5又水内乃橋下の岩山をも破リ開
きて、千曲川ノ川筋ヲ越後国大海迄乗込しとナリ、是ニ依テ其所の名ヲ乗(ノツ)タリト
号ストカヤ、是ヨリ此所ニ於て犀乗沢ヨリ下千曲川...