NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■上田郷友会月報 創刊号 [解説]
3 今日まで続く上田郷友会
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
方に縁故ある者」を会員にして発足しました。同様の目的をもった組織が、1883年から18
87年にかけて諏訪、松本、松代、伊那、木曽などの出身者によって東京にできましたが、
今日まで学習会と月刊誌発行の命脈を保...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
の峠が海ならよかろかはい主(ぬし注1)さんと船かせぎ。(往時夫の傅馬(てんま注2)
役を思ひ遣る謠)○諏訪の峠が海ならよかろかはい男と船で越す。○行(いべ)や(注3
)友達大門山(だいもんやま)へうどや蕨(わ...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
家康の関東移封と真田昌幸・信幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
された領主は、小諸の依田(芦田・松平)氏は上野藤岡(群馬県)へ、松本の小笠原氏は
下総古河(茨城)へ、諏訪諏訪氏は武蔵奈良梨(埼玉県)へ、というように在地性を奪
われて遠隔の地へ移っただけでなく、依田が三万...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
 上杉景勝への従属と証人信繁(弁丸)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
乙酉六月二十四日弁(花押)諏方久三殿この文書は真田弁丸(信繁)とみられる「弁」が
、「左衛門尉」の旧臣諏訪久三に、秀正の出していた証文の通り本領を安堵するなどとし
ているもの。この後の史料に諏訪久三が「屋代馬...
■松代イラストマップ
29祝神社
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ると、フルサイズの画像が表示されます。祝(ほうり)神社祝(ほうり)神社は町方の産
土神、総鎮守社。「お諏訪さん」と呼ばれ、祭神は生魂命、健御名方富命、八坂斗売命。
延喜式内社(平安時代編纂の『延喜式』に記され...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(しもだ、松本市島内)の奥にある尾入沢という所で母とあうことができた、母の犀竜が
話して言うには、私は諏訪大明神の武南方富の命(たけみなかたのかみ、建御名方神)の
変身である、氏子たちを繁昌させようとしてこの...
■安曇・筑摩両郡旧俗伝 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
入リ隠レぬ、小太郎母の行衛を尋ル所ニ、熊倉下田乃奥尾入沢と云所ニ至りて逢ふ事ヲ得
タリ、犀竜語テ、我ハ諏訪大明神武南方富の命の変身ナリ、氏子繁昌なさシメんと欲して
化現せり、汝我ニ乗へし、此湖ヲ突破り水ヲ落し...
■浅間山 [解説]
第三編 浅間山変異記
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
大に其趣を殊ににし、新しき石を・・・」と報告しています。このほか、大屋・上田・長
久保新町・長野市・上諏訪からの報告を載せています。十二月七日の噴火は上田での地震
からはじまったとあり、上州吾妻郡大笹・草津・...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
武田氏・織田氏の滅亡と真田昌幸
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、昌幸に「当知行」つまり現支配地安堵(確認・保証)のほか、上州の箕輪(みのわ)領
、甲州で二千貫、及び諏訪郡を給するとの証文を与えている。昌幸は早速、依田信蕃を助
けて、佐久の北条方に攻撃をしかけている。とこ...
■秀吉と真田 神川合戦(第一次上田合戦)と秀吉の動き
家康重臣石川数正の秀吉への寝返り
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
まった。これについて昌幸は、上杉景勝の重臣直江兼続に宛てた十一月十七日付けの書状
で、「甲州・佐久郡・諏訪郡主に指し置き候平岩七之助(親吉)・芝田七九(康忠)、大
久保七郎右衛門尉(忠世)、何れをも遠州に召し...
■秀吉と真田 秀吉政権下の真田氏
上田城の大改修
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
い石垣が築かれ、天守閣などの豪壮な城郭建築も建てられるようになる。松本城では五層
の大天守が築造され、諏訪高島城でも三層ながら天守が建てられた。また、小諸城にも天
守台の高い石垣が残り、かつては三層の天守があ...
■秀吉と真田 関ヶ原の役と第二次上田合戦
三成ほか西軍諸将よりの書状
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
(信繁)。まず、上杉景勝への飛脚の世話を依頼するとともに小室(小諸)・ふかせ(深
志、松本)・川中島・諏訪の仕置は任すので、早々の可能な限りの手立てを頼むとしてい
る。このほかには、伏見城を攻略した等の報告や...
■秀吉と真田 豊臣氏関係遺品
[[豊臣氏関係遺品]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
田宝物館長野県信濃美術館高津古文化会館蓮華定院赤羽愛沙子石合知子小山田恒雄岡部み
ゆき草間美保雀部晴宜諏訪慎次関愛美竹下悠柘植弌郎長井彦助原田和彦松下愛松田孝弘宮
沢常男横関昌子吉田里美主な参考文献大阪城天守...
■松代イラストマップ
39阿弥陀山東光寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
津城築城時の祈願寺だったとも言われている。慶長三年(一五九八)、海津城主田丸直昌
が城の鎮守として東条諏訪明神を城下へ勧請した際、練光寺も城下に移してその別当寺と
した。岩沢の練光寺跡地には、脇坊の等覚院が東...