NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■違作書留帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
、年取り、(改頁)天明三卯年(一七八三)の飢饉のときの書留をここに記す、覚百姓た
ち大勢が徒党を組み、諏訪から塩尻へ押し寄せてきたといい、村々の役人は、人足を召し
連れ、、人々は棒やそのほか得意とするような者...
■違作書留帳 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
の事ニ候〇十二月小廿九日せつふん年取候(改頁)〇天明三卯年きゝん之節書留爰に記覚
百姓大勢徒党之者共、諏訪より塩尻へ押寄候趣相聞へ、依之村々役人人足召連、人々棒其
外得手成物所持致、此書付届次第塩尻宿へ可罷出...
■違作書留帳 [解説]
4、『松本市史』記述の天保の飢饉
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
きたため、村の入口に番人をたてる村もあちこちにみられるようになった。農民が甲州あ
たりで騒動をおこし、諏訪まで押し寄せたとの風聞がたち、小俣村では小作人があつまっ
て火を焚き騒いだり、「十月二十日晩、神戸原に...