NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
諏訪の製糸業1附金融機関(改頁)3山嶽四周を囲み交通不便を極めたる諏訪の地何に因り
てか製糸業は勃興したる...
諏訪蠶絲業紀要<昭和5年> [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
諏訪蚕糸業紀要2一、本編ハ昭和四年以前ニ於ケル蚕糸業ニ関スル調査統計類ノ一班ニシ
テ参考ニ資スルモノナリ一...
上田の早苗 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
太郎忠光同小太郎氏光ナト見ユ、其シタシキ系ニ夏目松本手 (改頁)4 塚二柳
依田泉諏訪諏訪林飯沼室賀ナト、此近郷ノ名ヲ冒セシ人アレハ、実ニ古記モ拠アルニア
ラスヤ、按ニ夏目ハ今ノ夏目田ナ...
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
一茶たて一木綿一継荷73か村左の通水野隼人正領分2か村千村平右衛門御代官1か村内藤駿
河守領分14か村諏訪安房守領分4か村金丸又左衛門領分5か村太田隠岐守領分6か村高谷太
兵衛領分10か村堀大和守領分8か村松...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
綿一継荷(改頁)6七拾三ケ村左之通水野隼人正領分二ケ村千村平右衛門御代官壱ケ村内
藤駿河守領分拾四ケ村諏訪安房守領分四ケ村金丸又左衛門領分五ケ村太田隠岐守領分六ケ
村(改頁)高谷太兵衛領分拾ケ村堀大和守領分八...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の水は越後の国へ流れ出て、今町(上越市直江津)の浜辺で海に入る。この川を関川とい
う。この湖水も当国の諏訪湖と同じように、氷の張ったその上を、馬も車も楽々と往来す
る。諏訪の湖は寒中に凍るが、この湖水はそれと...
[解説]
3点史料の概要
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
株式会社第十九銀行ト製糸業諏訪の製糸業附金融機関諏訪蠶絲業紀要<昭和5年>株式会
社第十九銀行ト製糸業[目録]諏訪の製糸業附金融機関...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
野尻の里に湖水あり。其流れ越後国へながれ、今町の浜辺にて海に入れり。此川を関川と
いへり。此湖水も当国諏訪湖と同じ、氷の張つめたる其上を馬車も心よく往来せり。諏訪
の湖ハ寒中に氷れども、此湖水ハそれには異変り...
[解説]
諏訪地域への進出
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
本店を上田に置いた第十九銀行が諏訪地域に進出したのは、1881・明治14年8月28日のこと
である。諏訪郡下諏訪村348番地に出張員を派...
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
……一六(改頁)4第七表長野県郡別器械製糸産出表………………………………………一
七第八表最近五箇年間諏訪郡生糸産額表…………………………………一八第九表主トシテ
第十九銀行卜取引製糸家一覧表……………………...
■諸国道中商人鑑 [解説]
4 小田井から本山まで
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
、死を覚悟して書かれたものであり「娘のことをよろしく」と愛情のあふれた内容になっ
ている。・「わ和田宿諏訪へ五里半九丁」旅籠屋六軒中山道一の長丁場で難所であった和
田峠を控えているため、本陣1、脇本陣2、問屋...
寺子屋師匠の日記 [翻刻・注記]
寺子屋師匠の日記「当家初代好古堂芝産(注1)一代記 全 小沢和徳誌焉」
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
町大工善五郎殿へ寛政十年春売払候所右家塩尻宿荒井富田やへ善五郎殿より売遣シ申候也
一芝産様御在世之砌下諏訪宿亀屋ノ弟松島へ来り(改頁)11泊り居候而紫檀棹之歌三味せん
盗み取夜逃いたし候処茂吉様朋友之若手日野...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
に任命。明治維新後筑摩県が設置されると庶務課に勤務した。明治七年権令永山盛輝の教
育事情視察に随行して諏訪・伊那の両郡を巡回し、『説諭要略』にまとめた。(改頁)説
諭要略3第一回今般権令ノ巡廻イタスモ。余ノ義...
■長野県師範学校生徒修学旅行概況 [ルビ・注記]
長野県師範学校生徒修学旅行概況[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
も悪しく、且初日には旅程少し強けれは、皆疲労を覚えたり。七月三十日(土曜日)朝風
雨、后晴、和田発、上諏訪泊、道程凡七里。午前五時和田を発す。天曇りて風烈しく、雨
の至らんとする気色なれは、五里余りの峠を雨に...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
ふが、ハシカが流行して、学校が休みになったので、私は中村彌重氏と、南信旅行を思い
立って、先づ(まず)諏訪に向っだ。長程十六里で、和田嶺を越へねばならぬので、途中
一目散に急いだ、長窪の川添への景色のよい処に...
三沢勝衛トピック(テーマ) ねらい キー
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
ツール資料リスト三沢勝衛教育の荒廃が叫ばれる現在、科学的する心、考える姿勢を教育
の先覚 者から学ぶ。諏訪清陵高校 藤森栄一 風土産業 郷土教育 三沢勝衛先生記念
文 庫 自然征服から自然順応へ 地域力 自分...
■上田郷友会月報 創刊号 [解説]
3 今日まで続く上田郷友会
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
方に縁故ある者」を会員にして発足しました。同様の目的をもった組織が、1883年から18
87年にかけて諏訪、松本、松代、伊那、木曽などの出身者によって東京にできましたが、
今日まで学習会と月刊誌発行の命脈を保...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
成人謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
の峠が海ならよかろかはい主(ぬし注1)さんと船かせぎ。(往時夫の傅馬(てんま注2)
役を思ひ遣る謠)○諏訪の峠が海ならよかろかはい男と船で越す。○行(いべ)や(注3
)友達大門山(だいもんやま)へうどや蕨(わ...
[解説]
新たな産業を産んだ製糸金融
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
県における最初の倉庫業となった。繭担保の貸出が急増したことと、いままで上田倉庫(
株)に持ち込んでいた諏訪繭の入庫は、1906年6月の中央東線全通により諏訪地域に倉庫業
の必要性が求められた。1909年1月2...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
我が故郷の森林状態
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
に農業行はれ山地に林業の起るは之れ必然の状態にして、殊に四面山もて囲れたる我信州
、就中(なかんずく)諏訪は其地勢恰(あたか)も慴鉢(すりばち)形にして底とも云ふ可(べ)
き処(ところ)に彼(か)の清き諏訪湖...