NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■宿継要書留 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
州馬継場村々と中馬渡世をしている村々と出入がありました。出入はそれまでも何回かあ
ったので、7年以前御見分の御役人様方も同様にされ、段々お調べの上信州一国の中馬御
定法を建ててくださいました。中馬村々で平日に...
■宿継要書留 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
州馬継場村々中馬渡世仕候村々と出入有之、(改頁)59尤右出入之義ハ先年も数度及出入
候事故、七年以前御見分之御役人様方も御尤被遊、猶又段々御吟味之上信州一国之中馬御
定法御立被成下、中馬村々にて平日付送り候荷...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
れると、黄金はそのまま一光三尊の仏体となり、極楽から出現された三尊と左右に立ち並
び、どちらがどちらと見分けがつかないほどであった。しばらくして一仏が、他の一仏に
声をかけられた。「そなたはこの世に留まって、...
■二十四輩順拝図会 巻之五 信濃之部・上野之部 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
色に光を放ちて彼金を照し給へハ、黄金其儘一光三尊の仏躰を現じ、影向の三尊と左右に
立並び、何れをこれと見分難く拝れ給ふ。漸有て一仏梵音を発し、一仏に告て曰く、「汝
ハ此(改頁)(改頁)(改頁)(改頁)(改頁)...