NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■善光寺独案内 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
という。葛山の落合備中守は、その子孫であるという。不動瀑布同じく2里12丁。入山村
にある。小鍋村より裾花川を隔てて見る。常に虹がかかっている。そのため虹が滝とも称
される。鬼女紅葉窟柵村にある。謡曲紅葉狩を見...
■善光寺独案内 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
の北、山の峯にあり。村上義清の臣落合備中守の居城なり。不動瀑布仝二リ十二丁、入山
村にあり。小鍋村より裾花川をへたてゝ見る。常に虹あり。故に虹がたきの称あり。鬼女
紅葉窟柵村にあり。謡曲紅葉狩を見るべし。(不動...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
その概要は次の通りです。(大地震発生)大地震によって虚空蔵山が崩落し、犀川をせき
止めたこと、澣花川(裾花川)などの支流も同様であったこと、善光寺・新町等で火災が
発生したことなどを記しています。ここに記された...
弘化丁未夏四月十三日信州犀川崩激六郡漂蕩之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れにより五十里・一ノ瀬・中条(いずれも長野市中条)の家が浸水し、田が水没しました
]。同じく山陰にある裾花川の川上もすべて崩れ、どちらも水が流れません。その他鹿谷
川・猿倉川・境川・聖川・八蛇川・鳥居川等すべて...
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
で、舟着き場が変わるため渡船の便をはかってこの場所を決めたものです。舟着き場は最
も川上にあった時は、裾花川の合流点を過ぎてそこから南下して、丹波島宿本陣の真北に
当たる場所で、最も川下にあった時は綱島の裏にか...
地震後世俗語之種 第2冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
馴れない仕事ということで番頭任せの、したみの喜源です。水内橋の事千曲川・犀川の大
河は言うまでもなく、裾花川も加えて、いずれ劣らぬ荒波の流れに囲まれた里々を更級郡
と言いますが、世間で川中島と称するのももっとも...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
しものにして、船場口の変更より渡船の便利をはかりてこゝに位置を定めしなり。渡船口
は、最も上なるときは裾花川を渡りそれより南して丹波島駅本陣の真北にあたり、最下な
るときは綱島うらにかゝるなり。其頃俗諺にいふ、...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
のこぎり状の山は、安茂里小市の白土を採掘する山で、現在もこの光景を見ることができ
ます。右側の青い川は裾花川です。2-58「犀川洪水一時ニ押出シ、三災ノ苦難ニ逼(せ
ま)リ、コヽニ命ヲ失フノ図」原本は「犀川洪水...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
頭《したみ》の喜源書 (改頁) 水内の曲橋の事千曲・犀川の大河ハいふもさ
らなり、裾花川の流れいつれ劣らぬ荒浪に取囲みたる中の里々を更級郡といひ、世に川中
島と唱ふるも理りなり。千曲・犀の両...
弘化丁未春三月二十四日信州大地震山頽川塞堪水之図 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
これはそのなごりでしょう。この地は北に戸隠の険しい山々があり、南には犀川が流れ、
西に境川があり、東に裾花川があって、いわば島のようになっています。水内橋の技巧が
なければ、知られていないでしょう。思うに、水内...
■犀川を下る記 [ルビ・注記]
犀川を下る記[全文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
ぎはじめつぎ/\に早さをまして、とき風の枯野をわたるがごとく忽(たちま)ちにして
犀川、たちまちにして裾花川の鉄橋も過ぎて、汽笛の音一こゑ高くひゞけば、はや長野停
車場に来つきぬ。はかとらぬ山路にかへてまかねし...
■松代イラストマップ
31送経山西念寺
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
興開基となって寂れた同寺を再建。寺号を西念寺と改めた。吉成は、北国街道の改修、伝
馬宿の設置をはじめ、裾花川の瀬直し、川中島平に犀川から用水路を引くなど水田の開発
にも尽くし名君として慕われた人物。その墓は長野...
『長野史料』索引 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
内郡水難仝六二松城四郡水害荒廃高調仝首巻ヨリ同水難諸届書仝六五寛保以来松城数次ノ
水難人四、六七元禄七裾花川満水(改頁)7天明元湯福金鋳両川満水人四、三八高土手ハ
湯福川ノ為メニ成ル(改頁)地編一、地震地震記事...