NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■上田案内 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
、上田小県地域には蚕糸業の金融機関として誕生した会社が多い。〇工場常田館、信陽館
、常磐館と三つの器械製糸場が挙げられている。これらは、大規模経営の器械製糸場であ
る、しかし、中小の座繰製糸場が多かったことが上...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
明九日臨幸の御日定左の如く仰出だされたるにより各部に通逹せらる。19第一県庁、第二
博物場御通覽、第三製糸場御通覽、第四師範学校、第五松本裁判所長野支庁、午后二時城
山公園第四日九月九日(午前)本県庁に臨御在ら...
■諏訪の製糸業 附 金融機関 [ルビ・注記]
[[ルビ注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
嬢の副業たるに過ぎざりき。降りて明治六年東京の豪商小野善助、範を伊太利(いたりー
)式に取り百釜の器械製糸場を上諏訪に建設す。之を本県に於ける器械製糸の嚆矢(こう
し)とす。八年武居代次郎の中山社工場を平野村に...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
と旧城の鎮守である天神と火魂の二神を祀ってあると述べています。三、「工場」では「
純水館碓氷社」「小諸製糸場」の二つの製糸場が紹介されています。純水館については詳
しく書いてあり、第五章の「商家案内」へも再び載...
■株式会社第十九銀行ト製糸業 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
地位ニ移リツヽアルコトヲ示スヘシ(一)原料仕入ノ区域ヲ拡大シタル事事業ノ未タ進マ
サル時代ニ在テハ一ノ製糸場ハ僅カニ二三十釡乃至五六十釡ノ規摸ニシテ一ケ年ノ所要繭
二三(改頁)十石乃至五六十石ニ過キス加フルニ運...
『説諭要略』巻一 [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
)(注4)テ。此ノ畔ヲ余サス。栽培シテ養蚕巨益ヲ取ルヘキナリ。何卒(なにとぞ)勧業社ノ
法ヲ以。所々ニ製糸塲ヲ設ケ。紡車器械ヲ始ムヘシトナリ注(1)利益となること。(2)図書
を出版すること。(3)みつもる。(...