NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [ルビ・注記]
龍駕(りょうが 天子の車)の跡(注一)
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
て靜まり、只管(しかん)敬意を表し、臣民の至誠を盡(つく)して、奉迎送を為し奉れ
り。十時五分、板橋の行在所飯田春教の方に著御なる。伊藤内務卿予てより此処に待ち受
けられ、御先に立ち玉座に導き参らす。正午十二時、同所...
「上田郷友会月報」記念号中「既往八十年」  [ルビ・注記]
[[ルビ・注記]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
町・横町・鍛治町・田町・柳町・紺屋町の子を入学させた庶民の学校。明治十一年、明治
天皇北陸御巡幸の際、行在所となったが、明治三十一年火災で焼失した。(注2)「疥癬
」(かいせん)はダニの一種である「ヒゼンダニ」がヒト...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] Ⅱ明治11年北陸・東海道巡行
2地方官心得書-形容虚飾の禁止
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
官宿舎の準備であった。また、明治9年に追加された条文は、管内巡査による行列警護、
休泊所への官員派遣、行在所あんざいしょ)に用意する品々を規定、孝子義僕節婦其他
奇特者の調査、80歳以上の者の調査、管内地図と一覧表...
■龍駕の跡 (明治11年の天皇北陸・東海道巡行) [解説] おわりに-近代天皇制国家への道
[[おわりに-近代天皇制国家への道]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
い国旗・提灯や小学生の集団奉迎を準備させたことに呼応し、人々も小学生の洋服や袴を
新調し、地域の意思で行在所として小学校の洋風校舎建設や、花火打ち上げ、国旗購入な
どに積極的に動く姿が「龍駕の跡」の随所に見られる。人...