NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
地震後世俗語之種 第1冊 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
今もなお御仏の御越年のお宮として、恐れ多くも公儀御普請の建物で師走の二の申の日の
夜、秘密のうちにこの行事が行われます。この夜、市中の人家は勿論のこと、鳥や獣さえ
も少しでも声を立てれば必ず神の祟りがあるとい...
地震後世俗語之種 第2冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
また久米路の橋ともいひて、流れハ犀川の水上にして、西より東に橋を渡る事五丈有余、
夫より南に向ひ大橋を行事十丈有余 (改頁)6 にして、橋と水との間十五丈
余あるとかや。高き橋よりみなきる...
地震後世俗語之種 第1冊 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
道具、古代の名噐微塵灰となりて一朝一夕に山をなす事可恪(をしむべし)、亦驚怖すべ
し。爰にまた市街年中行事・神社仏閣縁日・祭礼賑ふ事の数多しといヘとも、就中六月十
三四日の両日、先規の例として市町を東西に分ち...
■小諸繁昌記 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    5.繁盛記、社史、産業の記録
諸商工歌などが紹介され、雑報として十九ページにわたって商店の広告が載せられていま
す。第七章小諸の年中行事一月から十二月までの行事がとその内容が記されています。こ
れで『小諸繁昌記』は終わっていますが、印象に...
善光寺史の研究トピック(テーマ)ねらいキ
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
論題名 善光寺信仰と時衆著者名 金井清光雑誌名 長野巻号頁数 第29号2 論題名江戸時
代の善光寺の行事・・・安永五年「本堂日用行事控」の本文と解 説著者名 小林計一郎・
鬼頭康之雑誌名 長野巻号頁数 第3...
真田氏関係の城址、寺社、文化遺産トピック
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    パスファインダー
山蓮華定院 真田庵・真田昌幸墓 長谷寺 信綱寺 真田信之霊屋 松代長国寺 開善寺
 大林寺・大輪寺 願行事 大英寺 白鳥神社 真田幸隆平常服画像 黄八幡の指物 真田
家重宝・吉光の短刀 青江・ 三原の太刀、昌...
地震後世俗語之種 第2冊 [解説]
絵の解説
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
料理」「かん酒」「にしめ」「でんがく」などの文字があります。(2-63右)行列の先
頭は「御山内小屋店行事」の海老屋商兵衛ですが、描かれていません。現代の商工会議所
会頭のような立場の人です。続く4人の同心か...
■信州浅間焼之事 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
頭計りさしいだし、死なさるものもまれにはあれども、助ける事かなはず。水ならねバ舟
ゆかず。泥ふかけれバ行事かなはず、たま/\浅き所有りても、火石の煙やまざれば、あ
つくして足を入ることならず。しやうねつ大しや...
寛保二壬戌年金井村戌出水万覚留帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
行われている(現在は7月末の土曜日に実施)。この祭りは「戌の満水」の流死者の霊を
供養と無病息災を祈る行事と言われる。
千曲川の改修工事 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
れ共旅人は立寄、休息の所とす、此石地蔵は道の傍にあり、前に言如く妻女山を越土口坂
へかゝり雨宮、矢代と行事なり、今日の如く岩野を往来する事なし、今馬喰町裏崩れ〓《
ワク》辺より赤坂の渡頭までは一面の川なり某十...
■善光寺道名所図会 [解説]
『善光寺道名所図会』の構成
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
訪ねて善光寺に入ります。善光寺如来に関する伝承をはじめ縁起の詳細を記し、善光寺で
おこなわれて来た年中行事や関係の寺社その他の名所古蹟を見聞記録しています。善光寺
から飯縄原を経て戸隠山に入り、中院・宝光院・...
■善光寺道名所図会 [翻刻] 善光寺道名所図会 巻之三
目録
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    2.紀行文・道中記、地誌
伊奈郡ニ寺建立檀越略系堂内年賀式光明常燈戒檀廻法然上人旧跡親鸞聖人旧蹟笹字名号善
光寺四号鏡の御影年中行事寺領元録造営録善光寺紀行苅萱堂血脉頂戴ぶらんど薬師山吹の
瀬長原温泉善光寺七社同七橋同七清水同七井同七...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
うに申したところ、甚兵衛・弥右衛門が言うには、塩は伝馬町両町におろしてあったもの
です。私たちは今日月行事にあたり、詳しいことはわかりません。水頭へ相談し、こちら
から返答しますと言い帰ってしまいました。一右...
■御城下古法并市場古法書抜書集 [翻刻]
[[翻刻]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    3.一揆・騒動、藩史、民権運動の記録
…□候へ者、甚兵衛・弥右衛門申候ハ、塩之義者伝馬町両町(改頁)13□場ニおろし置申
候、我等共者今日月行事ニ当参り申候間、委細之義者不存候、水頭江相談致此方より返答
可申候由申候間、罷帰候御事一右之返答相待候...
■小県郡民謡集 [解説]
内容構成の特徴
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
謡を、まず児童謡と成人謡に大別し、その中を次のように分類している。児童謡……子守
謡・言草謡・遊戯謡・行事謡成人謡……郷土謡・風習謡・流行謡これに附録として、春駒
一首がつく。類似の謡も、煩をいとわず挙げてお...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
凡例
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
は此小県郡の民謡を蒐集したもので、分つて児童謡と成人謡との二類とする。前者を子守
謡、言草謡、遊戯謡、行事謡の四別とし、後者を郷土謡、風習謡、流行謡の三別とした。
更に其細目を数十目に分つて(改頁)8見た。○...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
目次
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
源平梶原一首今度見てきた一首大門口一首小夜の中山一首(改頁)紺こん緑一首感ぜや一
首今日は元日一首四、行事謡………………………(七一)毎月に関するもの三首定月に関
するもの八首成人謡一、郷土謡……………………...
■小県郡民謡集 [ルビ・注記]
児童謡
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    4.地域の記録
ば君は萬歳萬萬歳で日本の威光はとんとんとんと擧がる手毬(てまり)のさて面白や。(
改頁) 四行事謠但成人謠をも併せ收む毎月に關(かん)するもの三首○月の七日に
出て行く人は歸(かえ)るまいぞへ九日に...
■木曾山林学校要覧 [ルビ・注記]
11.実習
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
の組織等には深く注意を払へり。次に実習方法の大要を示せば、1、造林其他季節に関係
ある実習に付ては年中行事を編成し、毎学年の初めにて1学年中に於ける作業事項を予告
す2、実習は各種類毎に作業計画を定め予(あら...
■岐蘇林友 第十九號 [ルビ・注記]
[本文]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    7.教育、人物・伝記
林学、八戸林学士行政論、我校演習林の価値、我が故郷の森林状態、青年団体の植林を望
む、(抜萃)林業年中行事(続)、木材紙料製造業、(文苑)我徒の本領、権現滝の春、逝く春
、砂バク之夜、(学校便)伊藤先生の通信...