NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ

本文テキスト検索結果
 
ソート機能:
小諸洪水流失改帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている
。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三
町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と本...
寛保二年大洪水余禄 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている
。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三
町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と本...
寛保二年大洪水余禄 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
た。浅間山方面の法印坊沢というところから「蛇水」(土石流)が発生したらしく、みな
驚き騒ぎはじめた。(蛇堀川、別名にごり沢で発生したこの)土石流の水煙は天に達する
ほど高く、段々屏風をたてたような形になり、沢や...
小諸大変書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている
。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三
町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と本...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている
。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三
町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と本...
寛保二年 小諸大洪水変地絵図(2)の裏書 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
かれた北国街道最初の宿場で小諸宿とも呼ばれるが、三つないし四つの町から成っている
。追分側からいうと、蛇堀川を渡った最初の町が与良町、次が本町、次が市町で(この三
町は、小諸三町とも呼ばれる)、これに与良町と本...
浅間焼覚帳 [解説]
[[解説]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
が記されているが、天明五年に「八満宿七兵衛」が願い出たと記されていることから、こ
の川は濁り川ではなく蛇堀川で、橋は蛇堀橋(与良大橋・与良町橋とも呼ばれる)ではな
いかと考えられる。というのは、『小諸市誌歴史篇...
小諸洪水流失改帳 [現代訳]
[[現代訳]]
NPO長野県図書館等協働機構/信州地域史料アーカイブ    1.震災・火災・水害等災害の記録
)一寛保2年7月28日は大雨、29日は夜9時すぎから雨が降りだし、法圓房沢の所どころが
崩れ、濁り川(蛇堀川)が氾濫し、与良町大橋が流失した。水の高さは約10メートル、川
幅は11メートルほどになった。一8月1...